/*//blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dragon誌上のローグ+#389のクラスアクトよりデータ訳出 

 先日、ふと DnD Insider の「クラスアクト」カテゴリの記事の集計をしてみたんですが、薄々思っていた通り、ローグがほとんどサポートされていませんでしたね。カテゴリ58記事中2記事だけ、また「エッセンシャル」という言葉を冠される大きめのサポート記事がない。

 もちろん、このカテゴリにあるものだけがサポート記事ではありません。そもそも漏らしがありますし……例えば「フィーチャー」カテゴリというのがあって、雑多に様々な記事が放り込まれているのですが、ファイターとアベンジャーのエッセンシャルをここで見つけました。ファイター・エッセンシャルズはクラスアクトカテゴリの方にもあったので計二記事ですね、流石。また、特に信仰系のクラスは、クラスアクト外の記事で頻繁にサポートされていて、一般に優遇されていると言えます。

 まあそのような模様全般を考えても、PHB1クラスの中で、Dragon誌上で最も放置されているクラスと言っていいかと思います。今回はそのようなローグ二記事の中から、ごく最近追加された方の記事より追加データを紹介してみたいと思います(もう1つの方は、以前掲載特技を紹介しました「デュエリスト・ローグ」という記事。あれ以外にも結構パワーが追加されています)。
全文を表示

D&D4版の「役」紹介トーク 

 別所に書いたD&D4thの「役」概説等をほぼそのまま転載。携帯で書いたしちゃんと推敲とかはしてないので、通りがかった人はあまり見ないでね!

※)防衛役のところを少し改変。「来やがれ、足払いするぜ」って、「そりゃあ来なくなるだろ」ってカンジですな。「自分の背後にいる仲間でなく『自分に』来させる」のが仕事ですからね。
全文を表示

クトゥルフにおける、BRPとD20の能力値対照 

 過日のゴールデンウィークに、仲間内でいわゆるゲーム合宿をした。1人が途中で離脱するので、それに合わせて皆でファミレスに行って食事をしながらクトゥルフセッションの感想戦の続きなどしたわけだが、その中で、まあ「まあそこはクトゥルフのシステム上しょうがないよね」とかそんなトークになった。

 その流れ上、1人からこんな台詞が飛び出した。「クトゥルフD20とか使ってみればいいんじゃないか」、と。まったく思考の死角を突かれた思いをし、なるほど、その手があったか!と感銘を受けたものである。で、その場での話の一角に、「でもやっぱ、POWがないのはなーw」「入れちゃおうぜ」「CHAを分解するのがD&D的っぽいかな」みたいなものがあった。

 クトゥルフのロマンとして確かにPOWが欲しいとは私も思う。ここは一つ「クトゥルフのためのD20カスタム」を考えてみようとしばらく前に思い、とりあえず両システムにおける精神系能力値について行なってみた整理が以下である。
全文を表示

D&D4th キャラクター共通成長表 

 D&D4thのキャラクター成長表を以前に作ったのですが、若干修正を加えてこっちにもアップしておきます。

 → 共通成長表
 → 共通成長表(無彩色版)

 まあルルブの2章にあるやつと似たようなものですが、特技数・パワー数が、数が増えた時だけボールドで表し、前レベルと同じ場合にはグレイで表しているのが特徴らしい特徴でしょうか。

他所で例のドワーフネームを解説してるところ 

 おー……何て言うか、昔英語サイトで探し回ってなかったもの(表)が、まさか日本のブログで書かれていたとは……w

今回はRoSからの直訳ではないですが、内容はRoSからの引用です。ドワーフの名前というのは一般的に接頭辞+接尾辞の組み合わせから出来ています。そのそれぞれに意味があって、二つ組み合わさった時点で名前の意味が決まるという具合です。ちょっと長くなるので、わけましょうか。...

 最近はブログから離れてらっしゃるみたいですが、Manboさんという方が『Races of Dwarf』の例の表を表のまま紹介なさっていましたので紹介してみました。まあ、ここでも同じノリで表を載せておいてもいいんですけどね(しようかとも思ってましたし)。

Skype Script : Random Dwarf Name Generator 1.0 

(*最新版はこちらをどうぞ)


 『Races of Stone』のランダムドワーフネームジェネレーターのスクリプトを、色々修正したのと(五十通りしか名前が生成されないようになっていた……)、あと女性名にも対応。

 → suit100118.zip

いつもの使い方:初回だけ4COMregist.batを使って(DLLを登録)、RUN.batを起動。その後skypeで行の頭に、

 男名の場合:
  dmname、dwarfname、ドワーフマン、ドワーフ男名、ドワーフ男表
 女名の場合:
  dfname、dwarffemale、dwarfwoman、
  ドワーフウーマン、ドワーフ女名、ドワーフ女表
(この他、dwarfname、ドワーフネーム、ドワーフ名、で男名前)

と書き込むと名前とその意味をアルファベットで返してくれると。

『Races of Stone』ランダムドワーフネームジェネレーター 

 簡単な筈とか言っておいて、実は真っ当にjavascript書いてhtmlに組み込んだという経験がなかったので、どうせだしやってみました。『Races of Stone(石の種族)』から、ドワーフ名前表(男)を振ってくれます。※何の工夫もないやり方で女ネーム用ボタンも用意しました。



 頭の単語と後ろの単語の関係はある程度任意に決めて下さい。againstでもforでもofでも割と自由です。響きが気にくわなかったら、頭の単語と後ろの単語の間に a,b,d,f,g,i,k,m,t,v,z などを挿入して調整して下さい。

『Races of Stone』ランダム名前表、のスクリプト 

(*最新版はこちらをどうぞ)


 そういえばブログにもUPしておこうかな。『Races of Stone(石の種族)』に載っているドワーフのランダム名前表を振ってくれるスクリプトをなんとなく書いてみました。まあ前のスカイプ用ダイススクリプトと使い方は同じなわけですが……これはスカイプで行頭に「dwarfname」「ドワーフネーム」「ドワーフ名」などと書くと返事してくれます(それ自体は単なる2引数関数だから、WEBページに載せるのは簡単だろうけど……)。

 Skype4COMも新しくなってるので、どうせだし現時点での最新版含めまとめてZIPにしました。

 → suit100114.zip
( → ミスがありましたので最新版をどうぞ

 初回使用時にはまず入ってる「4COM.bat」をダブルクリックしてDLLを登録して、その後はスカイプ使用中に「RUN.bat」を起動しておけば反応してくれます。一応解説まで。

 しかし、この名前表、あんまりドワーフらしく(当社比)ないですよね。「Gloriel(グローリエル)」とかできるんですけど(銀の戦士、輝き放つ戦士とかそんな意味合い)、これどっちかっつうとエルフの名前じゃね、みたいな。こう、ギムリとかグンドラブルとかグンバルとかボインディルとかバーリンとか、ゴツゴツした感じにしてほしいものです。ファルとかヌルとかエルとかやってる場合じゃないですよ。

 ああ、なお、まだ男性名にしか対応していません。

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。