/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックマーケットC86情報 

 どうも。少し前の記事にもあります夏のコミックマーケットですが、当選したようですのでお報せしておきます。1日目(金)、ジャンルは電源不要、場所は東コ-57b、サークル名は「遠すぎる未来団」となっております。

 → 地図(twitcmap)

twitcmapカット


(上のカットは、C81や82の時にマサシ本を作った際、ブートさんに描いてもらったのを使い回させてもらったものです。ちなみにブートさんは、サークル名になっている「遠すぎる未来団」のそもそもの創造者だったりします。 *キャンペーン上の設定)


■予定頒布物

●RPG創成期史本

 一応これを出すためにコミケ参加応募したということになっておりまして、先の記事でも述べたように、togetterに以下のようにまとめたような話をちゃんとした形にしたいという話です。

 RPG創成期小史:D&D、(T)RPG、トールキン
   → http://togetter.com/li/623998

RPGの創成期の歴史叙述を、特にトールキン的文化との関わりをフィーチャーしつつレポートしたいなと思っているわけですが、Dragon誌など当時の雑誌なりの関連資料・記事を訳してきちんとした資料に触れられるようにしたいなとは考えています。

●電柱アンソロジー

 別の記事で書いた電柱アンソロジーです。これが告知ページ → http://deadendpole.wordpress.com。さりげなくここで頒布する手筈になっています。わたしも原稿を寄せましたが、既に原稿も締め切られまして作業が進んでいるところ。良作多数で安心しています。

 昨年末のコミケ終了後に「夏コミでブート=サン編著の電柱SFアンソロジーが?」とか既成事実を作ろうとしていた頃にはまったく思いもよらないことに、きわめて多数の参加者が集まってしまったため、分厚くちょっとした値段になりますが、電源不要スペースに置くことのハンディが大きくならないか心配しています。ところで当時のログを見ると「とりあえず@bootdale、@stdaux、@bad_bladeのお三方は電柱アンソロジーに参加するという認識でいいようですね。 #既成事実の積み重ね」とありますが、あろうことか@bad_bladeは参加していないですね。どうしてくれましょうか。
#そういうこというのはやめよう

●その他

 RPG創成期史本を書いた上で仮に余裕が残っていれば、書きたいと思っているネタは色々あります。トールキンの中つ国世界に関する歴史地理本。某アニメ作品と某時代のフランス神秘主義を絡めて語る『叛逆の神学』。マサシ本第三版。中近世西洋貴婦人の財務情勢を取材する『貴婦人のワードローブ』。まあ色々ありますが、とりあえずはRPG創成期史本を完成させます。

 あと多分、これまで『マサシが忠告する』や『ネットユーザーになろう!』を置いてきたボドゲサークル「自由楽暇」のボードゲームを置くと思います。新作があるかについては、今は分かりません。



とりあえずこんなところで。また何かお報せすることがあれば稿を改めて記事を書きます。

エベロンガイド:エルフの信仰文化 

 エベロンのキャンペーンを遊ぶ上で、あるエルフの敵に関連して様々なエベロン的タームが出てきたので、参考資料にと思って少し書いたもの。エベロンにおけるエルフの信仰文化を窓口に、ちょっとエルフやヴォル回りについて解説しますよ的な記事です。
全文を表示

ガイギャックス墓参2014、とアーンソン碑に関する事実 

 というわけで今年も、世界最初の(T)RPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の共同創造者であるゲイリー・ガイギャックスの昇階記念日(命日)を偲んで、DDO(Dungeons & Dragons Online、MMORPG)内ストームリーチ市にあるガイギャックス記念碑に参詣に行ってまいりました。

ガイギャックス碑来訪2014

 これを書いている時点で、上のトップ記事一覧の中ほどに昨年の同記事が表示されていてHAHAHAという感じですが、まあ、時折何か書いていけたらいいなとは思います。昔から「色々資料から忖度してはみているけれど、ガイギャックスとかにとりあえずメールして聞いてみちゃえばなー」とか思うことがたまにあったのですが(このブログ上で言えば海エルフの記事の時とかですね)、まあ、こうして亡くなっていってしまうわけですね。

 なんでもかんでも突撃してみる取材心に欠けたチキンといった要素もあるわけですが、それとは別にこの手の話は研究界隈では一般に難しいところがありまして、「まだ(失礼!)生きている人は研究の対象にならない」といった観念もあったりします。当該人物が残している資料が多い場合はまだいいのですが、もちろんそうでない場合は多々あるわけで、リアルタイムに情報を引き出していくべきことというのは実際あるわけです(というか、関連資料が豊富な存在を扱ってきた伝統の長い学問領域でこそ上の傾向が強い。資料を残さないような層の研究に新たな分野が広がってきたとも言える)。

 あーロビラー卿(ロブ・クンツ)とか当時の状況の回顧録書いたり記録まとめたりしてくれないかしら。向こうの研究家がガイギャックスの資料を使って色々調べたりはしているみたいですが(例えばジョン・ピーターソンさん。リンク先は、今年D&Dの四十周年だけどその「誕生日」はいつか?という話を模索した記事)。




 さて、ガイギャックス碑の参詣とは別に、同じくDDO内のスレナル(ゼンドリックの古代文明とされる)にデイヴ・アーンソンの記念碑も建っていると聞きましたので行ってみました。

アーンソン碑初来訪

スレナル遺跡入って左側にあります(自分がやっていた頃にはこんなものはなかった)。デレーラ墓苑にあるガイギャックス碑より明るいロケーションです。アーンソンはガイギャックスと唯一並び立つD&Dの共同創造者。「なんでこちらだけ課金コンテンツに……」とか思っていたら、調べたらなんと、スレナルのDMナレーションをアーンソンがやっていたと……


えっ


なにそれまったく知らなかったんですけど。この記事によると、どうも初回のアップデート、つまりVoNの追加時に導入されてるっぽいんですけどなに、日本サーバーでもボイスは既にあったの!?能動的に英語で聞いたことなかったんですけど。あ〜あ〜……(ウカツ!) DDO WIKI - Eberron Unlimited Release Notes(DDOがDDO: Eberron Unlimited、つまり今の米鯖での運営体制になる時のリリースノート。2009年8月末発行)にアーンソン碑設置の話が出ているので、まあ日本鯖はそれを見ることなく死んだということになります(南無)。

 米鯖にまでわざわざ行こうという時に、スレナルとか課金コンテンツとして行く気力は最早ないので触りもしなかったという……うーんこれはスレナルもちゃんと米鯖でやった方がいいかしら。現状でスレナルソロは……コイル……

 ともあれ今年からはアーンソン参りもしようと思います。(まあそこまでやる気出さずとも、「ガイギャックスの時に一緒に行っておく」くらいでもいいだろうとは思いますが、とりあえず自分としては来月も)

 しかしターバインさんもスレナルを無課金コンテンツにしたりはしてくれませんかね、追悼記念としてw せめて遺跡内キャンペーンだけを課金クエストにするとか。




 なお本記事は15:00に予約投稿してありますが、ガイギャックスが住みD&Dが生み出されたウィスコンシン州レイクジェニヴァは日本と15時間の時差があります。つまり、登校時間から24時間の間はまあ命日の内と思っても問題ない範囲ということになります。皆さまも是非、DDOでのガイギャックス参詣をお試し下さいませ(自分の中でDDOは最早墓参りツールになっている)。助けなりが入り用ならtwitter辺りで仰っていただければ。

【来たる】電柱アンソロジー告知【報道な】 

 畏友のブート=サンが編著する「人は死んだら電柱になる」アンソロジーの告知ページができましたので、本ブログでも紹介させていただきます。




管理人の申込が受かればゴニョゴニョすることになる筈ですが、それはそうと大変な反響のようで関係者一同驚いております(執筆現在1893RTですって……!?)

ともあれよいものができればいいですね。告知ページも一応再掲しておきます。

 → http://deadendpole.wordpress.com

コミックマーケットC86申込 

 というわけで、ふと思い立って夏のコミックマーケットに応募しました。下のがサークルカットです。絵はC81や82の時にマサシ本を作った際、ブート=サンに描いてもらったのを使い回させてもらいました。アリガト!


C86サークルカット


 ブログはここしばらく放置気味ですが、twitterで始終色々垂れ流しているので書くネタ自体は色々ありまして、上のカットにある「RPG創成期史な本」というのは要は、togetterに以下のようにまとめたような話をちゃんとした形にしたいと。

 ▶RPG創成期小史:D&D、(T)RPG、トールキン
   → http://togetter.com/li/623998

カットには『RPG史手稿』とか書いてありますが、実際そのようなタイトルになるかは分かりません。ともあれ、RPGの創成期の歴史叙述、トールキン的文化との関わりを、関連資料・記事を訳しつつある程度実証的にまとめたいなという話ですね。特にトールキン財団云々の話は、隣接文化としてちょっと離れているだけあって都市伝説レベルの話ばかりな気がしますし……


■その他の想定頒布物

●自分に関して

 上記のを書いた上で、わたし個人に仮に余裕が残っていれば、トールキンの中つ国世界に関する本も書きたいと思っています。平たく言いますと、例えば以下のtogetterまとめでしたような話を書きたい。

 ▶『指輪物語』英語の訳語と、北王国のあり方やその残滓
   → http://togetter.com/li/623091

中つ国の話も散発的にして、ときたま思い出したように(上のまとめで言えば丁度一年ほど前の流れを)togeるわけですが、やはりちゃんとした〆切を使ってちゃんとした物理体に仕立て上げるということでもないと、なかなか、散発的に流れていくので……RPG初期史本がちゃんと進んだなら、『指輪物語RPG(MERP)』の設定の位置づけが多少明瞭になるでしょうので、そちらの渉猟もやっていきたいところですね。

 あとは、先の冬コミの時に余裕があれば突貫的に作っていたであろうネタとして、某作品と某時代の某仏神秘主義を絡めて語る『叛逆の神学』とか……あとマサシ本の第三版とか……(この辺は卓ゲに実際関係ない)

 とか色々あるのですが、〆切の神通力というのはなかなか広範囲には使い回せないものですから、とりあえず最初に書いたRPG史本に注力していきます。

●その他

 その他、仲間内(卓ゲ関係)に色々せっついて、彼らの創作物を頒布する場にもできればとは思っています。詳細についてはまたいずれ。

『トーキョーN◎VA−X』シート類の公開と雑惑 

 十年の時を経て出たトーキョーN◎VAの新作、『トーキョーN◎VA THE AXLERATION』。そのブランクシートがJGCに当たって先行公開されました。

 → トーキョーN◎VA THE AXLERATION

これを見た雑惑を色々メモしておきます。


■プロファイルシート(→シート

●「ライフパス」の欄を見て「ゑっ」てなった。N◎VAで、特には「邂逅」かぁ……N◎VAも十年間のDを過ぎて一層「スタンダードなゲーム」になっていくのかとか感じたりしてみました。
●CSについては別記。
●一般技能。種類としては、〈売買〉がなくなって、おそらく〈信用〉になった。調達一般が信用(クレジット)で包括されるというのは、いいのでは。あと個別専門技術技能以外にデフォルトスートが足された、という感じでしょうか。自我の標準スートは生命から感情に。
●特技が「スタイル技能」になっているように見える。特技自体「特殊技能」で「技能」概念の一部だったわけだけど、そこが分かりにくい場合があったので変更ということでしょうか。分かりやすいですね。スタイル技能の「上限」は、個別に定まってるからには、特技ごとにレベル上限がつく?
●防御値、爆と殴が統合された?(Slash/Pierce/Impactとか?)
●住居は隠匿値が登場判定目標値になったという感じでしょうか。
●装備エリア、全般的に行数が縮小されましたね。


■レコードシート(→シート

●ルーラーの英名がDATEになってる。これは単純なミスですね。
●CS(コンバットスピード)なるものが搭載されましたが、AR(アクションランク)の健在が確認されましたね。
●シナリオ目的指定(PS)がデフォルト搭載に。
(経験点関係)
●「依頼のリプレイやイラストを描いた」が「ルーラーの依頼を果たした」と一般化しました。「キャライラスト欄埋めてね」とかでもOKということですね。
●「素晴しい活躍をした」は「よいロールプレイを行なった」になった、ということでいいのでしょうか。ある意味ゲーム世界に関わらないセッションの盛り上げ方をしたとかが排除される方向になったのかもしれません。
●「他のプレイヤーを助けた」が「他のプレイヤーを助ける言動を行なった」になりました。「プレイ世界内だけでなくプレイヤーレベルでの助言とかでもOK」と明確化した、ということでしょうか。
●「ルーラーのストーリー進行を助けた」は「アクトの進行を助けた」に。「『アクトは大盛り上がりしたけどルーラーのストーリー進行はまったく助けてないね』と全会一致でこの項目を辞退した」という現象は発生しなくなりそうです。
●「うまい神業の使用」。何か言おうとするなら、「回数」でなくなったことで、神業ごとの点数格差とか、上手さの序列とかを設定できるようになっているかもしれません。
●「シーンに登場した」が「□□□□□(最大5)」に! これ普通に1シーン登場でチェック一つでいいんでしょうか。他の経験点が旧来の1点から5点に上昇しているため、相対的にプレイ評価(経験点)におけるシーン登場の価値が低下しています。まあもともと地蔵とか非協力プレイを防ぐ飾りのようなものだったという話はありそうですが、他の項目でそういった役割は果たせてそうですね。


■アクトシート(→シート

●さてCS(コンバットスピード)の件。場共通のイニシアティブ管理システムが載ったということでよさそうです。プロレスだったN◎VA界に多少一般的戦術性が加わるという感じになりそうなところでしょうか?シャドウランの2ndから3rdにかけて、イニシアティブが上から下へと単純遷移していたのが、まず一人一回ずつ順番に動いて、複数回行動できる者は追加の周回で追加のターンをもらう仕組みになったのが思い起こされます。


 とりあえずこんなところで。実際にプレイした人の報告が楽しみですね。

ガイギャックス墓参2013 

 というわけでゲイリー・ガイギャックスの命日(3月4日)でしたので、DDO次元界ストームリーチ市ハウス・ジョラスコ地区デレーラ墓地まで小巡礼に行ってきました。

ゲイリー・ガイギャックス・メモリアル2013

他にも参詣者はいて、bow(おじぎ)コマンドを打ったりしていたようです。

(なお米国時間では、本記事投稿時点でもまだ4日です)

トールキン財団、知的財産権に関する最近の活動 

 D&D者は「D&Dでいわゆる小人が『ハーフリング』という名前なのは、権利上の問題から『ホビット』という言葉が使えなかった(使えなくなった)ため」という逸話を聞いたことがあるかと思いますが、トールキンの遺産管財団であるトールキン・エステート(以下トールキン財団)の実際の活動事例について、「ハーフリング」の件にも通じる最近の話として面白い記事を見かけたので紹介してみます。三カ月ほど前のブルームバーグの記事、短い二次報なので該当部分を引用します。


→ Apple, Inditex, Tolkien Estate: Intellectual Property - Bloomberg

Tolkien Estate Tells Academic to Stop Using 'Hobbit' Description
The estate of the late author JRR Tolkien has told a New Zealand academic he can't use the word "hobbit" to describe ancient miniature humanoids, 3News New Zealand reported.
Brent Alloway, a volcanologist from Victoria University, was told he couldn't title his lecture about the ancient humans of Indonesia's Flores Island "The Other Hobbit," according to 3News.
He told 3News his fellow scientists had used the term since the Homo florensiensis species was discovered in 2003, at about the same time that Peter Jackson's "Lord of the Rings" film was released.
By coincidence, the average height of the Homo florensiensis is 3 feet, 6 inches high, the same height as Tolkien's Hobbit people, 3News New Zealand reported.

●トールキン財団、大学教員に「ホビット」という説明書きを中止するよう告げる
 著作家である故JRR・トールキンの管財団が、ニュージーランドの大学教員に、古人類の小型模型を説明するのに「ホビット」という単語を使用してはならぬ旨告げたと、ニュージーランドの3Newsが報じた。
 3Newsによれば、ヴィクトリア大学の火山学者ブレント・オロウェイは、自身の講義中にインドネシアのフローレス島の古人類を「もう一種のホビット」と称してはならぬようにと、財団から告げられた。
 彼は3Newsに、ホモ・フローレンシエンシス種が2003年、ピーター・ジャクソンの映画『ロード・オブ・ザ・リング』が航海されたのと同じ頃に発見されて以来、研究者仲間でこの表現を使ってきたと述べた。
 偶然の一致であるがホモ・フローレンシエンシスの平均身長は3フィート6インチ(1.07メートル)、トールキンのホビットらの身長と同じであるとニュージーランドの3Newsは報じている。


 映画ファンなら、権利料についてニューラインシネマとかを訴える記事とかを目にしたことがあるのかもしれません。ともあれ、非営利の学術・公益目的でも禁じるとした態度が報じられています。「ホビット」等のトールキンが創作した単語についての使用を統制するトールキン財団ですが、財団のトップは束教授の子息クリストファー氏。権利料とかの話題で名前を見てしまって残念感を抱いたりする方もいるかもしれませんね。まあ、それはそれ、これはこれ、ではありますが……
 
全文を表示

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。