スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[W杯] "赤"く塗られた英雄 

 なんだあのラフプレー。こんな最終節で、晩節を汚すなよ………

 というか大会中見てると、唾を吐きすぎですね。
 引退するのに今更ですが、印象悪いです。
(まあ、悪いタイミングに映ってばっかりだったのかもしれませんが)

 フランスの「英雄」とは、古も今も芸術に描かれるようには装わないものだ(昔の方の英雄に「フランス人」と言ったら機嫌を損ねるかもしれませんけれど)───まあ勝手に品行を期待するのも、品のない行為だが。

関連記事

コメント

てっきり、共産主義の英雄のことかと思ったぜ。

はっはっは。
ゲバラTシャツって何処に行けば買えるんでしょうね?
まあそれはそれとして、マジレスすると、前世紀は「善にして混沌」のテンプレート的英雄(倫理的意味合いよりも、RPGで冒険者がヒーローと呼ばれるくらいのノリで「英雄」という単語を使ってますが)は容易に赤く塗られる(共産勢力に与せざるを得ない)時代でしたね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/94-ad5c997d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。