スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Expedition to Castle Ravenloft" キャンペーンキャラ設定(開始時) 

種族:イルーミアン
クラス:ウィザード2/ドルイド(Variant)2
属性:中立にして善
信仰:自然崇拝、マイリーキー
出身:高森北部(トリル次元界、フェイルーン地方)

STR:8 DEX:8 CON:12 INT:18 WIS:16(15+1) CHA:12
HP:8+d4+2d8
頑健ST:+4 反応ST:-1 意思ST:+9
BAB:2

特技1LV:Greenbound Summoning→早咲きの弟子(6LV成長時に再訓練取得)
特技3LV:宿敵
特技6LV:Greenbound Summoning

PC設定:
フェイルーンの古代帝国に関心を持つイルーミアン学者を親に、高森北部に誕生。親からウィザードとしての手ほどきを受けるも、同時に周辺の森の民、エルフやトレントの文化に影響を受け、ドルイドとしての道も歩み始める。

時がたち、トリルにある結社からも離れて活動していた親は、子の精神面における現地の影響の強さ(現地神でも、魔法神どころか自然神を崇め出したり)を見て「この子はしばらくエリアホンダスで育てるかな」と判断、一時帰国を決めたのだが、この時の次元移動で事故が起きた。子、つまりPCはエベロンは、ほとんど知られていない、彼方なるエベロンに遭難・漂着してしまったのだ。

PCはエベロンのコーヴェア大陸エルデン・リーチに出現し、現地のドルイド達に保護され、しばらく「大ドルイド」の庇護の元にエベロンについて学んだりしていた。
しかしゲートキーパーを始めとするドルイド達はポータルを閉じることはできても外次元に行く術は無論知らない。ゲートキーパー内にはPCを次元侵略の先ぶれではなどと危ぶむ風がないではなく、アッシュバウンドはその魔法に関する見方からPCと衝突する。
PCは、「大ドルイド」との相談の末、森にいるよりも外に出た方がよかろうということで、エルデン・リーチから旅立ったのであった。

PCの行動原理:ホームシックと知識収集

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/75-aac188c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。