/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EM;Erl Meister 

 こんな夜更けに、闇と宝の下に足を進めるのは誰だろう。
 それはローグと彼の仲間だ。ローグはおびえる仲間をなぁなぁとなだめている。

ローグ 「仲間たちよ、なぜ身を隠すのだ」
仲間  「ローグにはDMの笑顔が見えないの。
     罠の難易度を確認して、ダメージダイスを用意している……」
ローグ 「あれはランダム財宝表の準備だ……」(〈捜索〉出目2)
DM  「かわいいPCたち、一緒においで。面白い遊びをしよう。
     今から起こる遭遇では多足の腐肉喰らいが這いずっているし、
     火の玉を私の魔術師がたくさん用意して待っているよ」
仲間  「ローグ、ローグ!聞こえないの。DMがぼくらになにかいうよ」
ローグ 「落ち着きなさい、ラットが我々に
     おびえざわめいているだけだよ」(〈聞き耳〉出目5)
DM  「いい子だ、ローグと一緒に行こう。
     ランダムエンカウンターがもてなすよ。
     お前たちをここちよくゆさぶり、
     戦の舞いをし、凱歌を上げるのだ」
仲間  「ローグ、ローグ!見えないの、
     さっき通りすぎた扉の方にDMがフィギュアを!」
ローグ 「見えるよ。だが、あれは
     滑りやすいマップシートの重しだよ」(〈聞き耳〉出目3)
DM  「愛しているよ、PCたち。お前たちのあがく姿がたまらない。
     力づくでもこの好機を生かす!」
仲間  「ローグ、ローグ!DMがぼくらを捕まえる!
     DMがぼくらをひどい目にあわせる!」

 ローグはぎょっとして、大音を響かせて発動する罠を見つめた。
 あえぐ仲間たちに両腕を抱えられ、やっとの思いで後退を始めた……

 パーティーはすでに挟撃されていた。
関連記事

コメント

普通の場合だったら、罠〈捜索〉を何回も試みられたり、
出目20ができるたりするはず。多分。
なお、全てはフィクションであって実在の卓には一切関係ございません。
……いや、本当にないですよ?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/58-c4e67c27

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。