/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シャドウランにおける日本史】第二章;経済大国日本(旧原稿) 

 しかし日本は、その適応力によって新たな世界に再び立ち上がった。侍が戦場を征したが如く実業家が市場を征し――"泥棒男爵"の精神をもって日本は経済界に確固たる地位を築いていく。

 かくて現出した「経済帝国主義日本」は順調に成長を続け、日系企業の影響力は世界を縦横に広がった。日本企業はまさに国家のシンボルであった。アメリカがひとたび破壊し、そして蘇った財閥による系列支配。外国企業の買収を受け付けぬ気風――これらの体制が貫かれた。

 そして経済のみではない。第二の憲法の戒めにも関わらず、世紀の変わり目になる頃には日本はイスラエルよりも大きな陸軍を持つような世界第二の軍事大国になっていたのだ。国連主導の下、平和維持活動のため日本自衛隊は盛んに海外出動を行った。


第一章 ← → 第三章


(以下コメント。大いに読み飛ばして結構)



・想像しよう


 この辺りはまだ、パラレルワールドとしてイメージしやすい像を維持していると言えるではないでしょうか。概ね「バブルが起きなかった、イケイケな日本」として頑張って想像すればよかろうと思います。あとライブドアとかカルロス・ゴーンのような現代的表象をすっぱり捨て去りましょう。



・泥棒男爵


 泥棒男爵の原語は「Robber Baron」、他に強盗貴族とかとも訳されます。「民衆から盗んだ金で莫大な財産をため込んだ」「卑怯な手口で資本と権力を築き上げた」という意味合いが込められているのですが、つまりは大成功した企業家や銀行家を呼んで使われた言葉です。

 我々が親しんでいる語彙だと、「エコノミック・アニマル」と対応させるくらいでいいんじゃないでしょうかね。



・軍事大国?


 軍事大国、の話題の辺りは、おそらく「日本軍国主義の復活」といった言説の常套句を引っ張ってきているのではないかと思ったりしますが。


 さておき「イスラエルより」という形容には、「あの世界的最精鋭集団であるイスラエルよりも」というイメージが意図されているのでしょうね。ちなみに現実世界を見ると次のような状況です。

 まず自衛隊の兵力は24万(陸自15万)、イスラエル国防軍は17万(陸軍12万5千)。イスラエル以上というのは一応その通りですね。とは言え、予備役を入れるとイスラエル軍がダブルスコアで自衛隊を上回りますし、その上イスラエルは国民皆兵な国。自衛隊(ないし架空の日本軍)がイスラエル軍を上回るためには「総力戦に突入/長期化/泥沼化した戦争」などの前提条件(によって大規模な徴兵を行う)が必要になるでしょうね。


 というか人口・面積双方において、日本と約18倍の開きがあるイスラエルを引き合いに出すのは、冷静に考えて「イスラエルに匹敵されるほど軍事力が小さい」と驚くべきところではないでしょうかw。外国人に見てもらったら

「あれ、イスラエルも最先端の兵器使ってるよね。海軍への投資が違うとは言え、なんで4、5倍も軍事費離れてるの?」「日本ってイスラエルの何倍も核兵器を維持したりしてるのかひょっとして」

みたいな反応を返されたりして。まあ、イスラエルの特異性・置かれた環境の厳しさを表すのには効果的な比較でしょうが……

 ちなみにイスラエルの国力は第六世界でも大して変わらない数値になっているようです。というか、イスラエルの現代史はこちらの史実とほぼ同じであって、流石2005年5月発売と言うべきでしょうか。2004年11月のアラファト暗殺までリアルタイムにサポートしていますw。


 まあ、そんな感じで、イスラエルと比較している記述から、「実はシャドウラン世界の日本は実際に世界第二の軍事力を保持するようになっていた」という仮定は概ね封じられます。この時点での日本の軍事力は、多分現実と同じくらいじゃないでしょうか。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/44-90eba65d

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。