/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャドウランにおける日本セッティングその3;中書き(旧原稿) 

 2050年以前に関する「歴史」は実際の話、「その2」に書いたことまでくらいです。あの後は「日本におけるメタヒューマンの扱い」の解説があって、その後一気に2059年まで話が飛びます。

 間のことはぽちぽち年表に書かれていますが、まあぶっちゃけ、昔の版の時のスカスカな時代をこれ以上補強したり、わざわざ埋めたりしても、4thの時代のゲームの役には立たない、とスルーされたのでしょう。

 とりあえずその辺のことを要約しておきます。
・日本におけるメタヒューマン


 第六世界、少なくともその前半における日本には、一般的にメタヒューマンに対して大きな差別があり、身内にゴブリン化があるとそれを恥じて隠そうとするような社会状況であった。2027年には隔離政策が実施され、フィリピン沖の火山活動によって新たに隆起した島(当初ラグラグ島と呼ばれた)に、フィリピンと日本のメタヒューマンが移送された。

 強制的に移送されたのは犯罪者に貧困層、家族に見放され難民化した層などであるが、それ以外の層からも自主的に捕囚に加わった者もいた(生き恥を感じるなどしたのであろう)。また、島は捕囚の折に「黄泉」と改めて名付けられた。


 他の差別事例としては、2056年に東京で開かれたオリンピックが挙げられる。この際にも、メタヒューマンはヒューマンと同じ競技に入ることを許されず、隔離されることとなったのである。同オリンピックにはIOC参加国の60%が参加を拒否し、この余波で2060年オリンピックは中止される事態になった。


 「黄泉島強制移動」の記述に注意。つまり、「この時代に日本に居続けたメタヒューマン」を出しても何の問題もない、ということです。無論、一般的には大きな差別に晒されているでしょうが。



 さて、2059年以降ですが、ここからがシャドウラン3rd以降の近年に設定されていった時代であり、それまでと違ってかなり勉強の結果が見えます。とりあえず後の方にある社会記述で、萌えの分類だとか人型ロボットが一般化していて、メイドロボが流行ってますだとか書かれていると言えば、どのくらい日本の理解が進んだか分かるかと思います。

(注:情報に誇張がある場合があります)

 まあ出した例示はアレですが、実際のところそれなりの勉強の跡が見えますので、「その1」で書いた『「アメリカ人が想像するところのダークな色調の世界における日本」が我々の世界観と近しいわけもなく、違和感がないわけがない』などという語りをしないでもいいくらいです。

 ……というか、実のところ「その1」は例の「自重」のところでリアルに笑ったヴィヴィッドな記憶が念頭にあって書いたので、今は大分反省しています。てーかあの「自重」の記述、どう見てもむしろ「俺自重」ですね。もそっと沈めておこう。今見たら恥ずかしすぎる。


 とりあえず次には、「その2」詳説よりも、その先のことを優先して書くことにします。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/43-582ab87c

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。