/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トールキン財団、知的財産権に関する最近の活動 

 D&D者は「D&Dでいわゆる小人が『ハーフリング』という名前なのは、権利上の問題から『ホビット』という言葉が使えなかった(使えなくなった)ため」という逸話を聞いたことがあるかと思いますが、トールキンの遺産管財団であるトールキン・エステート(以下トールキン財団)の実際の活動事例について、「ハーフリング」の件にも通じる最近の話として面白い記事を見かけたので紹介してみます。三カ月ほど前のブルームバーグの記事、短い二次報なので該当部分を引用します。


→ Apple, Inditex, Tolkien Estate: Intellectual Property - Bloomberg

Tolkien Estate Tells Academic to Stop Using 'Hobbit' Description
The estate of the late author JRR Tolkien has told a New Zealand academic he can't use the word "hobbit" to describe ancient miniature humanoids, 3News New Zealand reported.
Brent Alloway, a volcanologist from Victoria University, was told he couldn't title his lecture about the ancient humans of Indonesia's Flores Island "The Other Hobbit," according to 3News.
He told 3News his fellow scientists had used the term since the Homo florensiensis species was discovered in 2003, at about the same time that Peter Jackson's "Lord of the Rings" film was released.
By coincidence, the average height of the Homo florensiensis is 3 feet, 6 inches high, the same height as Tolkien's Hobbit people, 3News New Zealand reported.

●トールキン財団、大学教員に「ホビット」という説明書きを中止するよう告げる
 著作家である故JRR・トールキンの管財団が、ニュージーランドの大学教員に、古人類の小型模型を説明するのに「ホビット」という単語を使用してはならぬ旨告げたと、ニュージーランドの3Newsが報じた。
 3Newsによれば、ヴィクトリア大学の火山学者ブレント・オロウェイは、自身の講義中にインドネシアのフローレス島の古人類を「もう一種のホビット」と称してはならぬようにと、財団から告げられた。
 彼は3Newsに、ホモ・フローレンシエンシス種が2003年、ピーター・ジャクソンの映画『ロード・オブ・ザ・リング』が航海されたのと同じ頃に発見されて以来、研究者仲間でこの表現を使ってきたと述べた。
 偶然の一致であるがホモ・フローレンシエンシスの平均身長は3フィート6インチ(1.07メートル)、トールキンのホビットらの身長と同じであるとニュージーランドの3Newsは報じている。


 映画ファンなら、権利料についてニューラインシネマとかを訴える記事とかを目にしたことがあるのかもしれません。ともあれ、非営利の学術・公益目的でも禁じるとした態度が報じられています。「ホビット」等のトールキンが創作した単語についての使用を統制するトールキン財団ですが、財団のトップは束教授の子息クリストファー氏。権利料とかの話題で名前を見てしまって残念感を抱いたりする方もいるかもしれませんね。まあ、それはそれ、これはこれ、ではありますが……
 



 この「ホビット」ことフローレス人についてはナショジオの記事が参考になります。上の研究者がそう考えているように、件の名前で呼ばれる新種であるかは議論が分かれるところな模様。


→ パラオ古代人ホビットやドワーフではなかった - ナショナルジオグラフィック

……フローレス島で見つかった遺骨は、完全に成長した大人の特徴を示しながら身長は約1メートルで、パラオの遺骨よりも低いため、ホモ・フローレシエンシス(Homo floresiensis)という別の種ととらえる研究者が多かった。この遺骨は架空のこびと族“ホビット”の愛称で呼ばれている。……


 フローレス島なのにと思ったら、ブルームバーグの記事が「flore"s"iensis」と誤植していました。まあいいのですが、ブルームバーグの記述の元記事に当たるらしいのが以下です。長いので訳文だけ。


→ Hobbit makers ban uni from using 'hobbit' - Story - NZ News - 3 News

ホビットの製造元、大学の「ホビット」使用にご禁制
By ジュリアン・リー

 「ホ」の付く言葉は使用にご注意——英語圏での昨今最大のタブーである。

 あるニュージーランドの研究者が、何万年も前にインドネシアの島々に住んでいたヒト類の模型の一群を解説するのに「ホビット」という言葉を使っていたことを、法的に禁じられたのだ。
 ヴィクトリア大学のブレント・オロウェイは、人間に近しい縁戚でありフローレス島に住んでいたホモ・フローレシエンシスについて、無料の公開講座を開設していたが、彼がこの無料公開講座を「もう一種のホビット」と題することは許可されることではないと告げられた。
 この火山学者は『ホビットの冒険』の著者であるJRR・トールキンの管財団に対して、12月1日に行われる同企画について丁重に書き送ったのだが、財団の代理人であるウェリントンのAJパーク弁護士事務所から、彼が件の単語を使用することは許可されることのない旨伝えられた。

 オロウェイ氏は、研究者らは2003年のこの種の発見以来、呼び表すのにずっとこの表現を使ってきたと語る。
「考古学者が非公式にこいつをホビットと名付け出したのと、ピーター・ジャクソンの『ロード・オブ・ザ・リング』が出たのは大体同じような時期だった」
「それからというもの、科学コミュニティではホモ・フローレシエンシスを言い表すのに広く使われるようになっていったんだ」

ビデオ:「もう一種のホビット」についてのさらなる情報はこちら

 「ホビット」の骨格のレプリカ、それにこの種がかつて使った道具類もいくつかが、講座で展示されることになる。
 オロウェイ氏は、人類について我々が理解していることに対し、これらの発見に多大な重要性があると語る。
「我々が我々自身についてより多く知るほどに、知っていると思えることが少なくなっていくんだ」
「科学コミュニティがこの新しい系統の人間を発見したのは本当に面白く惹き付けられることだし、我々が今なお解明しようと試み続けてるこの世にある複雑性ってものを示してくれてるね。我々の起源と我々がどこから来たのかという観点から見てだよ」
 歴史的な偶然の一致であるが、折りしも、トールキンによって描かれたホビットという民は身長3フィート6インチ(1.07メートル)ほど——ホモ・フローレシエンシスの平均身長とまったく同じなのだ。
 インドネシアのアントニウス・アグス・スリヨノ在ニュージーランド大使は、この展示会は映画のプレミアに時宜を得ていると語る。またさらに、インドネシア人は件の種についてホビットとして言及することはしない——科学的な名前を用いる、と語っている。

 オロウェイ氏が「ホ」の字を使って問題を抱えた唯一の人物というわけではない。カリフォルニアの映画会社アサイラムは最近、『モックバスター』のパクリ映画を『エイジ・オブ・ホビット』と称して公開しようとする企てについて、映画と関連書籍についての権利を有するニューラインシネマとソール・ゼーンツ社から提訴を受けた。
 アサイラムは、過去に他のハリウッドヒット作についてもしてきたのと同じように、同映画を『ホビット 思い掛けない冒険』プレミアの数日前に公開しようとしている。

それまでの「非営利で公益的な用途にも使用を禁ずるタブー!」みたいな文脈が、最後のパクリ映画会社の話題によってぶち壊しになっている酷い記事ですねw よく知りませんが、いわゆる?B級メディアなのでしょうか。

 パクリ映画については以下の記事を参照。

 → 米連邦裁判所、「ホビット」パクリ映画の発売を差し止め : 映画ニュース - 映画.com
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/426-84c968c2

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。