スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[D&D4th] クリティカル時のダメージ挙動 

 D&D4thにおいておそらくよく「?」となるだろう話題として、「クリティカルヒット時のダメージ最大化」の話が挙げられます。ダメージ最大化とか言いながら実際には最大化されずロールする要素があるため、「結局、何が最大化されるの?」という混乱が起きるわけです。結論から言えば

「クリティカルを条件に発生するダメージボーナス(魔法の武器・装具のクリティカル欄に書いてある+1[W]とか、高クリティカル武器の特性によるダメージ)以外は、とりあえず最大化しておきましょう」

 という話になるのですが、一応どんな仕組みになっているのか多少まとめてみます。

(どこに不明瞭さがあるの?という方には無駄で恥ずかしき文書かもしれません)




1.攻撃と攻撃ロール関連

●攻撃
目標に攻撃を試みること。パワーに示された攻撃ロールを行なう。
攻撃ロールや諸効力、ダメージ等の、攻撃全体を包括する概念。
攻撃パワーの略語としても機能する。

❶ヒット:攻撃ロールの結果が目標の防御値以上であり、攻撃が命中する状態のこと。ダメージに代表されるヒット効力を発生させる。
自動ヒット:攻撃ロールの出目が20の時、達成値に関わらずヒットすること。
クリティカルヒット:攻撃ロールの出目が20など(能力によって20以外が加わることもある)の時に起きる状態。この状態の攻撃自体と、それが起きたことを表す。

❷ミス:攻撃ロールの結果が目標の防御値未満の状態のこと。パワーが有していれば、半減ダメージに代表されるミス効力を発生させる。
自動ミス:攻撃ロールの出目が1の時、達成値に関わらずミスすること。

❸効果:攻撃ロールと無関係にパワーが起こす効力のこと。


2.ダメージ関連

●ダメージ
攻撃等が、基本的にヒットによって発生させるダメージの総体のこと。
まず追加ダメージとそれ以外の主となるダメージ、次いで後者が、ダメージロールによるダメージとそれ以外のダメージに大別される。

❶追加ダメージ:主となる攻撃パワー等が発生させたダメージに対して、その他の能力・パワー等で与える追加ダメージのこと。常に他のダメージへの付随効果として発生し、基本的にそのダメージと同じ種別となり、またダメージがない効力に対して追加ダメージを付随させることはできない。
クリティカルヒットによって発生する追加ダメージ:クリティカルヒットを条件として、魔法の武器・装具や高クリティカル武器などが発生させる追加ダメージのこと。

❷ダメージロールによるダメージ:攻撃パワー等において、ダイスロール([W]含む)を行なう形で示されたダメージのこと。特技やアイテム等の効力によって、これに様々なボーナスが付加される。

❸それ以外のダメージ:攻撃パワー等において、ダイスロールを行なわない形で独立に示されたダメージのこと。ダメージロールに対する修正はこれには付加されない。


3.クリティカルヒット時のメカニズム挙動

 クリティカルを考えない時に行なっていただろうダメージ算出を最大化し、その後にクリティカルを条件に発生する追加ダメージを加算します。端的に言えば、2−❶の「クリティカルヒットによって発生する追加ダメージのみが最大化されないことになります。

 2−❸の「それ以外のダメージ」もされないのですが、これは基本的にダメージダイスがないためであって、実際のところ、❶の追加ダメージでもダメージダイスがない固定値のものは最大化されません。当然ですね。さて各項目について具体例を挙げてみます。

❶追加ダメージ:ローグの急所攻撃やレンジャーの狩りの獲物によるダメージ、またファイター(スレイヤー)のクラスパワーであるパワーストライクといった撃破役のダメージ能力や、サンダリング・ウェポンのパワーを起動したりホーンド・ヘルムを被って突撃したりした際の加算ダメージといったものがこれになります。
❶クリティカルヒットによって発生する追加ダメージ:魔法の武器・装具のクリティカルの項目に書いてある「ボーナスごとに+1d6ダメージ」のような要素、また高クリティカル武器の特性による追加[W]要素がこれに当たります。
❷ダメージロールによるダメージ:攻撃パワーのヒットの項目などに書いてある「2d6+【知力】修正値の[電撃]ダメージ」のようなものはこれです。
❸それ以外のダメージ:修正後のマジック・ミサイル効果で発生させる固定ダメージはこれに当たります。ヒットによって与えられるものでも、パラディンのフューリアス・スマッシュのように固定値ダメージのものはこれになります。






 上述した「ダメージロール」「追加ダメージ」といった概念を術語として把握し、直観的に捉えないように注意すれば霧はまあ晴れていくのですが、なかなか難しいところですね。「追加ダメージ」というものが用語扱いされ出したのが『モンスターマニュアルⅡ』からだったりしますので、PHBの段階で模糊としたところがあるのはしょうがないのかもしれません。一応、各用語の定義を追ってみましょう。

 まずは、PHBとルールズコンペンディウムに載っているところの「クリティカル」にある定義から見てみます(同内容)。色ができるだけないようにと図った私訳を付しておきます。

Maximum Damage: When an attack scores a critical hit against a target, the target takes the maximum damage possible from the attack. Don't make a damage roll. Instead, the target takes damage as if the maximum result had been rolled for damage. However, attacks that don't deal damage still don't deal damage on a critical hit.

最大ダメージ:ある目標に対して攻撃がクリティカルヒットを出した時、その目標は当該の攻撃からあり得る最大のダメージを受ける。ダメージロールは振らないこと。代わりに、ダメージのために最大の結果がロールされたかのように、目標はダメージを受ける。ただし、ダメージを与えない攻撃は依然として、クリティカルヒットにおいてもダメージを与えることはない。

 まあとりあえず最大化されるという話になっています。次に、その直下に置かれる追加ダメージを見てみます。

Extra Damage: Magic weapons and implements, as well as high crit weapons, can increase the damage dealt on a critical hit by contributing extra damage. If this extra damage is a die roll, it is not automatically maximum damage; roll the specified dice and add the result to the critical hit's damage.
 Example: Dendric the fighter is wielding a magic longsword that deals 1d8 extra damage on a critical hit. His player rolls a d8 and adds the result to the damage Dendric deals on a critical hit with the longsword.

追加ダメージ:魔法の武器や装具、また同様に高クリティカル武器は、クリティカルヒットにおいて与えられるダメージを、追加ダメージに寄与することで、増大させることができる。この追加ダメージがダイスロールである場合、これは自動的最大ダメージではない。指示されたダイスをロールし、その結果をクリティカルヒットのダメージに加えること。
 例:ファイターのデンドリックは、クリティカルヒットにおいて1D8の追加ダメージを与えるマジック・ロングソードを用いている。彼のプレイヤーは、D8をロールして、その結果をデンドリックがロングソードのクリティカルヒットで与えるダメージに加える。

 例はPHBの時点では載っていなかった記述なのですが、あまり参考にならない例示ですね。一応、「クリティカルヒットにおける追加ダメージ」という概念を読み取ることはできますが。
 他にPHBとの異同としては、第一文後半の「increase the damage you deal when you score a critical hit(君がクリティカルヒットを出した時に君が与えるダメージを増大させる)」が「increase the damage dealt on a critical hit by contributing extra damage(クリティカルヒットにおいて与えられるダメージを、追加ダメージに寄与することで、増大させる)」になっています。追加ダメージ概念の明確化の影響と、それに伴い「PCが与える別枠のダメージ」という解釈可能性を排除しようとしたための変化でしょうか。
 さらに、最後の文「you add the result of the roll(ロールの結果を加える)」が「roll the specified dice and add the result to the critical hit's damage(指示されたダイスをロールし、その結果をクリティカルヒットのダメージに加えること)」になっています。「クリティカルヒットのダメージ」と追加のダメージを分けようとしているのが窺えますが、直観的にはクリティカルヒットによる追加ダメージもクリティカルヒットのダメージなのではないか、という話になると思いますので、微妙な言葉遣いだなぁというところです。
 微妙という話で言えば、「automatically maximum damage(自動的最大ダメージ、自動的に最大限度なダメージ)」などという怪しげな言葉遣いをするくらいなら、これを用語として項目解説を作ってしまえばいいのではないでしょうか。さもなければ「automatically maximized damage(自動的に最大化されるダメージ)」にするか。

 次に、公式FAQにおけるクリティカルについての回答を見てみます。

D&D: FAQ for the Player's Handbook

Which dice do I maximize when scoring a critical hit?
Only the dice you would normally roll to calculate damage are maximized. If another bonus (like from a weapon or feat) causes you to roll extra damage dice when scoring a critical hit, those dice are rolled as normal.

クリティカルヒットを出した時、どのダイスを最大化すればよいのですか?
 ダメージ計算のために通常ロールするダイスだけが最大化される。もし(武器とか特技などから得られるような)他のボーナス要素が、クリティカルヒットを出した時に、追加ダメージダイスを振らせてくれるような場合には、そのダイスは通常通りにロールされる。

 さて「another bonus causes you to roll extra damage dice when scoring a critical hit, those dice are rolled as normal.」とのことです。この問題について総じて言えるのですけれど、公式サイドは「extra damage dice when scoring a critical hit」で「クリティカルヒットを条件に起動する追加ダメージダイス」を意図しているのだと思いますが、実際のところ「when scoring a critical hit」みたいな表現がただのヒット自体の環境条件であるという解釈を排除できていないんですよね。
 どういうことかと言えば、冒頭に挙げた解釈と異なる解釈として「追加ダメージは(一般に)最大化されない」というのが存在するのです。PHBで追加ダメージという概念が項目として扱われているのはクリティカルの項だけなので、しょうがないことなのかなと思いますが(正直わたしもちゃんと検討する前は、漠然と「厳密に読んだらそうなのかなぁ」と思ったりしていました)……
 『ルールズコンペンディウム』に至るまでに改稿を重ねられたクリティカル項の追加ダメージのところには「by contributing extra damage」とありますが、これも次の「this extra damage」が、魔法の武器等で発生したクリティカル時の効力が合わさった(contribute/寄与した/与えた)追加ダメージ総体が、と読めなくもないですし。
 細かく検討とかしないよねという層に「よく分からない」扱いされているのは、公式フォーラムにやenworldで「急所攻撃とかは最大化されるのか」に類するスレッドがいくつも見られるのでおそらく確かなことかと思いますが、厳密に読もうとして確信を持てるような記述になっていないのは困りものです。

 とりあえず、WotCでディヴェロップメントをやっているマイク・マールズが急所攻撃や獲物は最大化されると言っているからにはこれらが最大化されるという前提でデザインされている筈です。で、これらの能力を見ると追加ダメージと書かれているので、「追加ダメージが一般に最大化されないということはない」という前提が得られます。その上で解釈すると、冒頭に挙げたような見解に確定するわけです。






 ところで邦訳では「クリティカルヒット」の「追加ダメージ」の項目の「If this extra damage is a die roll, it is not automatically maximum damage」の部分は「クリティカル・ヒット時に追加されるダイス・ロールは、自動的に最大ダメージにはならない」とこなれた言語表現に表現し直されていますが、ニュアンスとして正規の意図であろう方に近づくように訳されているのかな……
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/422-b392df88

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。