/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#NJSLYR7D ネオサイタマ侵攻初動人員まとめ 

 『ニンジャスレイヤー』での、第二次ネオサイタマ侵攻を巡るザイバツ・シャドーギルド内政治模様をまとめようと思ったのだが、まず初期侵攻時におけるザイバツ・ニンジャの人員をまとめたので覚書きとして置いておく。




 さて、ザイバツ・シャドーギルドのネオサイタマ作戦の開始は、第1部最終エピソード「ネオサイタマ・イン・フレイム」 #4「ダークダスク・ダーカードーン」に描かれている。そこでは、アラクニッドの占いの結果を受けてロードが発した号令により、「十数名のニンジャ」が動いている。これが侵攻初日に動員されたニンジャの規模と見てよいだろう。

 まず、第2部開始エピソードである「ウェルカム・トゥ・ネオサイタマ」に描かれたデスナイト、モスキート、インペイルメント、サーベラスがこれに含まれる。同エピソードでソウカイ・ニンジャのソーンヴァインが遭遇したのは、サーベラス以外の3人並びにポータルを開いたアンバサダーであるが、この時アンバサダー「まだ数人来る」インペイルメントに語っている。「十数人」となると多くても15、6人というところだろうが、この内ポータル・パスの中で期待値5人ほどが時空の狭間に消えるので、多くて10人ほどがネオサイタマに到達するであろうと想定できる。デスナイト、モスキート、インペイルメントの三人が到達した時点で既に若干名は現地侵攻を開始していたと見るのが妥当だろう。(それにサーベラスが含まれているかどうかは分からないが。)
 同じ「ウェルカム・トゥ・ネオサイタマ」ではこの他に、青装束のニンジャがソウカイ・シンジケート傘下のヤクザ系会社を襲撃しているのがヤモト・コキにより目撃されており、サラリマンの首の骨を蹴折るなどしている。もっとも、以降の第2部においてこのニンジャらしきネームド・ザイバツ・ニンジャの登場は確認されない。
 以上の中ではアンバサダーがマスター位階、並びにデスナイトがマスターかそれに準ずる立場他は全員アデプトであると思われる。

 この他にネオサイタマに展開したザイバツ・ニンジャとしては、「ゲイシャ・カラテ・シンカンセン・アンド・ヘル」に登場したヘッジホッグ、サイクロプス、フォビア、そしてグラディエイターが挙げられる。彼らは皆ポータルをくぐり上の侵攻に参加し、そしてジェノサイド捕獲作戦の後にキョート帰還を許されたと推測される。この中ではグラディエイターが高位アデプト他の三人はアプレンティスからアデプトに昇格したばかりの地位であった。なお同捕獲作戦は、ジェノサイドが、ザイバツと提携を持ったINWからの反逆ニンジャであることによるものだが、のみならずサーベラスを殺害したという点で直接の敵対行為を行っている。
 INWは結局は(おそらくは、ザイバツの思想と彼の研究が相容れないことと、またアマクダリの勃興が与って)ザイバツとの提携を切られるが、「オン・ジ・エッジ・オブ・ザ・ホイール・オブ・ブルータル・フェイト」で提携の場が描写されている。ここで登場したボーツカイアデプトだろうと推測されるが、同エピソードは、侵攻からさほど日を置かずして発生したニンジャスレイヤー・デスナイト戦からまたほどない時期の話であり、彼もまたポータル侵攻組と推測して無理はないだろう(そもそも、これの執筆当時、飛行機組や後発増援の存在がどれほど作者の意識上にあったかどうか怪しいものである。もちろん、ポータルの危険設定から自然に演繹される設定ではあるのだが)。

 ここまでの情報をまとめると、ポータルをくぐって侵攻したと思しきニンジャとして存在が確認されるのは、デスナイト、モスキート、インペイルメント、サーベラス、無名青装束ニンジャ、ヘッジホッグ、サイクロプス、フォビア、グラディエイター、ボーツカイ。ここまでで計10名であり、もちろん他にまだいる可能性は否定されないが(16人がポータルに入ったら大体11人ほどが無事到着する。もちろん損失割合が3割より低く済んだという可能性もある)、これでほぼすべてと言ってよいだろう。
 この内、アンバサダーを除き最も立場が強いのはデスナイトであり、「マーメイド・フロム・ブラックウォーター」に描かれたように、侵攻初期の現地指揮を取ったのが彼であったのは自然なことであったろう。そのデスナイトは同エピソードでニンジャスレイヤーに敗死、アンバサダーや飛行機や新幹線でやってきた後続のマスター(少なくともワイルドハント)にネオサイタマの指揮が引き継がれたと推測される。

 デスナイト、サーベラス、ヘッジホッグ、サイクロプス、フォビア、グラディエイター、ボーツカイ7人は侵攻初期に死亡するので、第2部中盤に生き残っている(可能性がある)のはモスキート、インペイルメント、無名青装束ニンジャの三人である。この内モスキート、インペイルメントワイルドハントの指揮下としてニンジャスレイヤーとカラテを交える。
関連記事

コメント

インペイルメントとモスキートはマルノウチ抗争からそのままアンバサダーと共にネオサイタマに潜伏していた可能性がありますね
電撃作戦なのに出撃せずポータルの横にアンバサダーと共にいたインペイルメントは護衛っぽい

可能性は否定できませんね。もっとも、マルノウチ抗争から、という条件はわざわざつけなくてもいいでしょう。離反の可能性を考えると相当忠実なニンジャでないとネオサイタマに置き辛いでしょうし。いずれにせよ、もちろん諜報の網は張っているでしょうが。
アンバサダー=サンがネオサイタマに潜入した時点で護衛めいてついていた者は実際いそうですが、インペイルメント=サンは目立ちそうだなぁw モスキート=サンのニンジャ野伏力は高い筈ですから、彼はこういう潜入段階からいても問題なさそうですね。

モスキート=サンについては、長期的な活動は汚染血液とかの補充の関係とかで微妙そうか、とかそういう問題も考えられます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/419-54bc9af1

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。