スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆議院総選挙統計/床屋政談1 

 そういえば数日前こんな表を作ったのでアップ。

 → 衆議院総選挙統計

 小選挙区制導入後の衆院総選挙の、純粋な得票数等にフィーチャーした統計です。どうも近年、「民意を反映した勝敗」というよく分からない言葉が流行なようなので、一度こういうのをまとめてみたいと思っていたのです。この表に何か特徴があるとすれば、得票率という数字を、対投票者数でなく、対有権者数で出している点が挙げられるでしょうか。




 一般に選挙制度には誇張効果があるものです。これは何かというと、選挙での投票数の割合を上下に誇張して議席数の割合に反映するということです。小選挙区制はこの誇張効果が強い選挙制度ですが、これで例を取れば分かりやすいでしょう。つまり、一個の選挙区から一人の候補者を選ばなくてはならないシステムだと、たとえその差が総票数百万票のうちたった一票であっても、一票多かった側にしか議席は配分されません。51%:49%という票数比だったとしても、議席数は100%:0%で配分されるわけです。51%の支持を100%の政治的プレゼンスに変換する擬制。これが誇張効果です。

 まあこんなことは多分高校の倫理の教科書か何かにでも書いてあることでしょう。なお誇張効果自体は、どんな体制であれ混迷しているよりは安定していた方がいいという政治の知恵ですので、これ自体を批判するのはお門違いな場合が大半です。

 ところで先ほど「51%:49%という票数比」「51%の支持」と言いましたが、この数字の時点で既に誇張が存在します。言わずもがな、実際には投票率が100%になることはないと言ってよいわけで、実際の得票は51%より大分低いものになるでしょう。得票率というのはその候補が何%の有権者を代表しているかの指標になるわけですが、大体の場合の「得票率」は、何%を代表しているかという数字を、投票しなかった人間を捨象することで誇張しているわけです。

 と、まあ、その辺りの「実際には何%の『民意』を代表しているのか」という数値を強調したのが上の表です。実際どの程度誇張されているのか、という数字が選挙倍率とかいう謎の造語で表されていますね。一番右の項目、理想選挙倍率というのは、実際上は総投票数に対する選挙倍率に他ならないのですが、そんな言い方は誇張効果という擬制をきちんと認識した上で結果を見るためには障害にしかなりません。「投票率が100%という理想状態だった場合の」という意図で理想選挙倍率と称してあります。






 さて、というわけで一応は触れておきますが、「歴史的大勝利」「民意の勝利」などと喧伝された今政権の話です。数字を見れば分かるように、その民主党は実際には約3割の有権者しか代表していません。政党単位でものを言う上では政党支持率である比例区の方が適切かなぁということで比例区を上に持ってきているとはいえ、もちろん選挙全体の趨勢には小選挙区の方が大きいのでそちらの数字を参照してもらいたいのですが、32%という数字は純粋に数字の多寡だけを見ればそう極端に大きいわけではありません。必ずしも正確ではないけれど分かりやすい言い方をすれば、

「民主制議会政治は、過半数の過半数を制すれば勝てる」

を地で行っているわけですね。半数余りの(投票意欲保持者という)集団の中で、また半数余りを制して約3割と。実際には二大勢力しかないわけではないので、有権者の4分の1も代表すれば十分勝ててきたのが表を見れば分かるかと思います。

 ところで、国会闘争だけしている間は2割とかそのレベルの有権者を代表しながら「圧倒的な民意の風を受けている!」とか言っていればいいのですが、行政を司る者になればそういうわけにはいかなくなります。

 概ね2割の支持層と、1割の浮動層を相手にしていればよかった野党時代と異なり、政府ともなれば当たり前ですが10割の人間を相手にしなくてはならなくなります(当たり前と言えるのは幸せな発想なのかもしれませんが)。圧倒的な「民意」を受けて政権交代したとかいうつもりでいても、実際には3割の民意しか代表していないわけですから、前原大臣が独裁者呼ばわりされたりする事例が発生するわけですね。

 まあ、実際にはこのような状況にも関わらず「民意を受けている」と臆面もなく主張できるのが、民主制政治家に求められる技能なのも確かな話ですが……実際にそこを、この誇張、擬制を自覚してるかしてないかでどのような違いが出るかは割と重要な話だと思うのですけれどもね。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/384-5dd0062b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。