/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[800字コラム] 枕草子:親を海に突き落とした男の話 

 枕草子、第287段(能因本数え)。



【原文】


「右衛門尉(うえもんのじょう)なる者の、えせなる親を持たりて、人の見るに面伏せ(おもてぶせ)など、見苦しう思ひけるが、伊予の国よりのぼるとて、海に落とし入れてけるを、人の心憂がり、あさましがりけるほどに、七月十五日盆を奉るとていそぐを見たまひて、道命阿闍梨(どうみょうあじゃり)、

 わたつ海に親をおし入れてこのぬしの盆する見るぞあはれなりける

とよみたまいけるこそ、いとをかしけれ」


【本文】


 男と阿闍梨と少納言の心情。これをどう解すかが問題となる。

 「えせなる」は「卑しい、よくない」を表すが、具体的に何が悪いのかは諸説分かれる。男の苦しみの理由次第で男への、そして少納言への共感度合は全く変わるだろう。「身分が卑しい」説の場合、「低階層の人間が頑張って中堅官僚になるも、出自の低さへ劣等感を持ち、遂にその象徴を消してしまった。でも愛してないわけではなく……人とは弱いものだよしみじみ」という話にでもなるだろうか。「老醜」「人格が卑しい」などの説もあり、先の解釈より身体感覚に近いだけ「お話」と捉える分が減り、同情の余地にも変わりがあるように思う。

 阿闍梨の心の方は二通り、人間の弱さに対する憐憫の情(人間弱いものだなぁ……)と、呆れからくる皮肉(殺しておいて供養か、しょうがない奴だ)とに解される。少納言の感想は難しい。あはれ、をかし、ともに「趣/風情がある、感じ入る」のような言葉だが、寄り添うようなあはれと異なり、客観的とされるをかしは遠巻きに見る感があり、その「をかし」を阿闍梨が歌を詠んだことに対して投げるわけだ。

 阿闍梨の歌を憐憫、「いとをかし」を「非常に趣のある」としたとしよう。枕草子の背後に見える少納言はそこで神妙に上品に、深々と同意しているような女性だろうか?私にはニヤけながらこう言っているように見えてしまう。「いやーホントいい話よね、趣深いわぁ」。

 斜に構え過ぎではないか。

 阿闍梨の歌は皮肉と解する方が少納言の人格はフォローされそうである。呆れをオブラートに包む阿闍梨、その呆れ顔を思って笑う少納言。そんな図を想像してもらえばよい。その方が枕草子らしいと私は思う。

 こうなると男には同情の余地がない方がいいというものだ。人々や阿闍梨には素直に呆れてもらおう。というわけで彼には単に、ダメ人格の親にキレて殺してしまうが習慣なので供養はする、みたいな輩であってもらいたいわけである。


【訳文】


「右衛門府で尉官をやっている男がいるのよ。そいつにはアレな親がいてね、そんな親を他人に見られるのを不面目でみっともないことだと思っていたのだけれど、伊予(愛媛)から上京しようって時にそいつは親を海に突き落としちゃったのよ。みんな噂して、悲しいとか情けないとか嘆かわしいとか呆れ返ってたんだけれど、その内に七月十五日になったのね。なんと、そいつが盆の供養を仏様にお供えしようって準備してるのよ。それをご覧になった道命阿闍梨が

『自分で大海に親を突き落としておいて、お盆にその親を供養しようっていうこの供養主の姿を見ていると、まったく、実に感じ入る何やらを受けるってものだよ……』

という感じに歌でお詠みになったんだけど、ほんっとウケるわよねこれ」



 800字コラム、第3回。今回は枕草子から各自ダイスでランダムに題材となる段がお題となりました(全員D298をロールw)。今回も締め切り当日の夕方から描き始めたぜ。渋谷のルノアール系列のカフェで書いてたんですが、電源を引け目なしに使えるってのはいいですねやっぱり。無線LANもあるし。いや、ネットがない方が色々いい気はしますが。電源だけ確保できて無線が通ってないところと使い分けたいものですが、なかなか。

 さておき、枕草子。気分的には大変でした。率直に言えば、筋がまったく思い浮かんでないまま、とりあえず訳をしてみて、さらにとりあえず見切り発車で書き出したという有り様。後は書いてる内に800字を超えたりする度に圧縮し、また構成を変えたりもし……を繰り返していたらそのうちこんな感じのができたという次第です。イニシアティブロールの結果発表は一番最後になったのですが、他の皆がこれとはまったく違う方向の、色んな意味で切れのいいエッセイを書いてきたので、出さないまま「いやー面白かったな今日は」で締めたくなりましたねw


 まあ、あらかじめ筋を思いついていなかったとは言え、書いていたら筋が見えてくるもので、つらつら書いてる間は色々な思いつき・小ネタを盛り込んでいるものですが、字数の関係で圧縮し、続きを書き、また圧縮し、ないし再構成し、また続きを書き――と繰り返している内にそうした思いつきは大体排除されてしまう。文体まで圧縮して800字いっぱい使ってて、句読点や助詞の一字さえ取捨選択しているのに、筋にするところ以外を残す余裕などないわけです。

 そういえば、ここに載せる際にはインデントが入ってますけれど、実際書いてる時提出する時にはインデントも入れてませんでした。インデントを字数に数えてられないんですよねw。字数チェッカーで段落数を勘案するのも面倒ですし。今回「インデントは字数に数えない」と明示的な合意が取れたので、次回から安心して行頭スペースを入れて提出しようと思います。


 そんな小ネタの一つを少し。実は、右衛門の尉の親が今で言う痴呆、認知症という可能性も考えている、みたいなことも書いていました。

 この段をざっと読む限り、男と親は普通に右衛門府に務めてる段階で京にいて、男の悩みもそこで発生してるっぽいじゃないですか。伊予から上京ってのも、伊予に行って帰るところ、だったんじゃないかと思うんですよ。しかも、右衛門府は都の警衛が職責ですから、別に仕事ではないだろうと。ちょっと行って帰ってくるのに、何故親を連れているのか?いや別に、普通に連れて行くだろうとか、旅行に連れ立ったんだよとかでもいいんですが、痴呆の場合、「連れて行く必要」がそこそこ出来るというのもありますし、成程、当人は不面目だろうな、とよくよく分かります。それに何と言いますか、ある種の計画性が想定すらできるのがドラマになるというのも美味しい。
「認知症の親の介護に疲れた警官(的な職務)が、とうとう限界に達した。彼は親を『最後の旅行』に連れて行き、そして、その帰り道で遂に……(後略)」
みたいな。二軍テキストウィンドウ(再構成中に切り捨てられた、まとまったテキストの放り込み先)に残ってる文章には、「こうなると現代人的に非常に社会派な話になり、をかしの解釈次第では少納言を人格破綻者扱いしかねない」とかありますね。いやだってほら、こうなりますよ。
清少納言「痴呆の親を介護してて、限界が来て殺しちゃった警官がいるんだけど、そいつが親を供養してるのを見て阿闍梨が『あわれな……』とか言っちゃってるの、超ウケるwwwwwwwwwwww」
明らかに死んだ方がいいですねこいつ。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/363-c951fd58

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。