/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『赤い手』ハンドアウト補遺3:余計なこと 

『赤い手はほろびのしるし』ハンドアウトより →



 以下の記述は全くの余計な記述で、万が一には薮蛇化するので、特にプレイヤーの方は見ない方がよろしいと思う。


 『ハンドアウト』の文中では「戦争」とか「戦略」や「軍隊」などの、特に近代戦を連想させる単語を意図的に避けている(これらの単語が近代のみに適用されるわけでないのは無論だが)。

 これは焦土作戦とか兵站の遮断とかをやりたがる軍事好きなPLを刺激することは避けたいと考えたためだ。何と言ってもこれはエピックなファンタジーなのである。D&D的に面白いことをしようではないか。


 そもPCはそれを強行できる立場にないし、また敵勢は現在都市生活を送っているわけでもなく、町を根拠地にする必要はない。ゲーム的にも魔法で食料は出せるし、消火も効率的に行える。このような事情は、やめさせるための理由に使えはするだろう。とはいえ、私はこういった議論をゲーム中にしたくはない。

 魔法のあり、しかも発想水準が前近代な世界の戦争の実態をイメージし、共有できるだろうか?


 無論だが、やらせてもよい。だが、影響はほとんどなくシナリオを修正するほどのものではない、と裁定するくらいだったら、最初からやらせない方がよい。PCは然るべき日数を消費しているのだから、自分(GM)が対応できないからという理由でリソースを浪費させるべきではないのだ。

 それ用の遭遇と然るべきVPを用意し、その影響をきちんとシナリオに反映させてあげよう(相手は厄介事に煩わされた、程度でもいいが、VPはきちんと渡そう……)。それができないならばやらない方がいいだろう。

 まあ頑張ってください。


 とて、普通の卓ならそもそもこんな話題は発生すらしないだろう。杞憂の類な記述に終わってくれれば世の中平穏無事である。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/34-1bc90664

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。