スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼セッション企画をあれこれ 

 とりあえず、ゲーマーの供養はゲームをすることにて候。昨年G・G御大が亡くなられた時には赤箱のシナリオを遊んだのですが(「なにこのクソシナリオ(笑)」の大合唱が聞けました。天にいますガイギャックスよ、ご照覧あれ)、此度はやはり、かの「カエル寺院(The Temple of the Frog)」をやるのがよろしいでしょう。

 といってもDA2モジュールなど持っていないので(ああWotCよ、汝はなんて時にダウンロード販売から引き上げたのか!)、『Blackmoor』に載ってる「The Temple of the Frog」をやるということになるのでしょう。モジュールとして売られた時に内容が変わってるのかどうかとかは知らぬ。

 ……

 ……きっつー。

 つーかスキャンの状態が悪いこともあって、読んでて疲れますw

 えーと、どうせOD&Dルールでやらないのには変わらないんだから、いっそ「Return」の方をやろうかな。ほぼ全訳してる方がいらっしゃるので大分楽だ。しかしD&Dv3.5のECL10シナリオとか、プレイヤーやりたいってのな。誰かやってくれないかしら。

 とりあえず目標は両方やること。我々は30年でここまできたというのを感じ取れればいいですね……というのは赤箱シナリオをプレイした時に強く感じ取りましたがw

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/326-be642bfa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。