スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の雑惑 

・同人誌という単語はすっかり「出版社など商業流通を通さない書籍」程度の意味になっているようだが、狭義の同人誌というか、所謂ファンジン的なものだけを指す別の日本語があればいいとたまに思う。なくて困る場面が私の日常にあるわけではないので、かなりどうでもいいのだが。

・クトゥルフのセッションで、PCの一人がこけしマニアの高校生になってこけしの体験製作でPOWを込めたりした揚げ句、最後には職人に弟子入りすることになった。セッション後の飯でさんざ「いや、こけしマニアはおかしいだろwwww」と言ってしまったのだが http://ja.wikipedia.org/wiki/こけし を見るとこけしのマニア層は斜陽の業界を支えて持ち直させるほどの存在だったらしい。私の世界は狭かった。

・理念という単語に反応して「理念だけあっても実務はできない」とか「実際の人間はそんなにソフィステケートされてない」とか言い出す人を見ると、「ああ、ソフィスティケート(笑)されてないなぁ」と思わざるをえない。コムズカシイ言葉に見えない敵を感じる人っているよね。

・コンベンションや外部セッションでは、「こんな人とプレイしたくない」と思ったら(分かっていれば)プレイヤーは特定のGMを回避することができる。というか、彼はNPCに特定の位置づけを与えることについて話していたのだから、そのままのレイヤーで論理を展開すれば(それだけに終わるかはともかく、すべきではある)、懸案となる「プレイしたくないという評価が与えられるかもしれない立場」はプレイヤーというよりGMになる筈なのだが、自分の方がそう思われる可能性を一顧だにしていないのだろうなぁ。

・マッハ頭突きの結果をチャンピオンREDに掲載することは可能だろうか。相当グロいだろう。というか、しならせる「真・マッハ突き」でないただのマッハ頭突きですら既にアウトっぽい。しかしチャンピオンREDならできる、できるのだ。
【別に見たくない】
マッハ頭突きでググったらかなり引っかかった。皆同じこと考えてるんだなぁ。

・しかし持ち上げるだけ持ち上げられてここまできたか……まあ少なくとも、アライJr. の時と違って漫画としては面白いのが救いだ。いくら板垣漫画でも、ストーリーとしてこれをやってしまったからには再生しないのだろうなぁ。でも冷静に考えて、アキレス腱の辺りをパックリ食いちぎられた渋川先生と深刻度に大差があるような気がしないので、再生しないのもおかしい気がする。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/291-122393ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。