/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一貫性の話 

 昨晩、某所で「GMの判断の一貫性」についてちょっと物議……物議?がありました。うん、読み返してみると別に物議をかもしたとか言えるレベルの流れでもありませんでしたね。とまれちょっと自分の見解を短くまとめ。相変わらず当たり前なことしか書いてません。



 GMは一貫性を保った方がよい? 是。

 GMは一貫性を保たなくてはならない? 否。


 本質的な事柄は一貫性にはなく、卓の信頼関係を維持することにある。前者の「是」は、判断の一貫性を保つことは一般的にGMとPLの信頼関係の維持に役立つ、という話に過ぎない(なお「過ぎない」と言うと軽視しているようだが、あくまでも本質的でないというだけの話)。


 一般に、状況の変化は関係を変化させる。GMの判断基準の変更もまた然りであって、一般的意味では一貫性の放棄、つまりここで言えばGMの判断基準の変化は、PLとの信頼関係を変化させる。GMに義務や責任……というか、「ねばならない」と言うほどのことがあるとすれば、それは一貫性を保つことではなく、一貫性を放棄した時に変化を悪化にしないための行動――卓の信頼関係に傷を入れぬための行動を取ることである。

 この行動には例えば、判断変更した合理的(と言うか、他者と共有できる)理由についての説明――つまり説明責任を果たすこと、また旧判断に依拠したリソースの使い方(キャラクター作成etc)をしていて不利益を被ったプレイヤーに保障を行うこと(キャラ作で言えば、リビルドを認めることが普通だろう)などが挙げられるだろう。

 また、一貫性を意図せずに損なう可能性もある。この場合でもすべきことは基本的に同じである。誤った時にそれをPLに指摘されたならば、受け入れて訂正することは信頼関係の維持に役立つだろう(ただし、リアルタイムではない指摘の場合、スムーズなセッションの進行のために巻き戻さない方がいい場合もある。その場合でも、以降の訂正なりを確約すべきというものだ)。






 ことの発端は、『迷宮デイズ』に以下のようなことが書かれてたよ、みたいな話題なんですが(私は件の本を買ってないんで実際の表現、文脈は知りません)、

・プレイヤーがルールにない行動を宣言するとき「ルールにない」という理由で却下できる
・GMは前に下した判断を忘れて、別のことを言ってもかまわない(一貫性は不要)
・GMはサイコロの目を変更できない

この第2項についてですな。まあ、第3項を除いては私は原理的には正しいことだと思います。第3項は……まあそういうポリシーなんですね(笑)くらいかな。


 書き方次第でいらん悶着を生みそうだとは思いましたが……まあ微悶着が生まれたわけです。この表現を目にした時点で、実際のどういうシーンが想像されたかで態度が分かれてしまったのでしょう。大体次の三種に分かれたのではないでしょうか。

1.GMが理由あってマスタリング上の裁定を変更する
2.GMが間違えて以前言ったことと異なる裁定をした
3.GMが恣意的に裁定を変えて、PLが混乱したり不利を被ったりした

 まあ私は主に1の視点にあるわけですが(主にね)、分かりやすい例で言えば、公式サイドのFAQで新たな見解が示されたりしたら「こうらしいぜ、てなわけで以降これで行くよ」とか言う事態は一般的なものじゃないでしょうかね。あと考えた結果ある事象への解釈が変わるのはよくある話。


 さておき2の視点。この視点からは「むしろもっと大胆に『GMはルールを間違えてもよい』ぐらい書いてもいいと思うんだ」みたいな意見が出ます。まあ同意。「ルールに詳しくないから、間違ったらどうしよう」と思ってGMするのを躊躇する人は結構いるんではないかと思いますが、そういう人へ背中を押してやることにもなるでしょう。間違ってもいいんです、人間だもの。もちろん間違わない方がいいんですが、「完璧でない」ことを理由に非難するのはよろしくない。

 で、3の視点。正直、上の引用の表現だけ見ればGMが意思で以て能動的にやってる感がありますので、ミスシーン(→2の視点)でないシーンは納得できる想定です。ただ3の問題の本質は、例えば混乱を引き起こした説明不全なり、また例えばPLを不利に陥れようとする悪意なりにあるのであって、裁定変更自体にあるのではありません。悪意といったレイヤーの問題であって、マスタリングの問題ではない。

 まあ、仮に悪意的なGMに悩まされた過去があるならば、一貫性を防衛用途に担保しておきたいという発想が出るのには納得しますが。でも悪意的なGMの話を聞くたびに、そんなヤツにGMやらせないで自分でGMしろよとか思う自分もいます。






 意外に長くなりましたが、1や3の視点的には「わざわざルールブックに書くことでもない」という結論になるかなー。こういうことを書くなら、専ら2の視点でやるべきではないですかね。「GMはルールを間違えてもよい」というのはそこまで大胆でもないと思うw。つーか割りと色んなルルブにそういうこと書いてあるんじゃないかな、純粋に印象論だけど。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/280-a201aaca

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。