/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識的な話 

 と私は思うのだが、どこかおかしいと思われたらご指摘ください。




 ある事象Aがあるとする。まず、事象Aに対するモデライズ、説明理論Bが組み立てられたとする。そして、AについてBでは説明できない現象/要素Cが発見または指摘され、Cを包括した説明理論Dが論じられているとする。このようなとき、B理論のみが構成(説明)する構造体はAではなく、独自の述語・概念Eを与えて呼ばれるべきである。




 たとえばニュートン力学がいくら美しくても、「宇宙」と「ニュートン宇宙」は違うよね、とかそういう話。

 さて、BこそAの真理であって、Cは不純物に過ぎない、という人物が現れたとしたら、我々はその人物にどのように接すればいいのだろうか。M;tA のシナリオを作っているだけならば、彼をメイジであるとも、あるいはCはトラディションの妨害工作だとするテクノクラシーとも設定することができるのだろうが。
関連記事

コメント

落ち着け、それはトートロジーだ。

むしろそれか

それ、その後何回使った?

これで2回目。つまり、その後使ってなかった。

ぜひ書記長にでも言ってやってくれ。

使うにまで至らない

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/276-32259f7f

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。