/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーマンとポン刀とオリエンタルファンタスティック 

 現実逃避にふと

「誰か『Corporate Enclaves』について、同様のツッコミ入れてる人いないかな」

と思い立ってググってみる。いねぇ。かなりのツッコミポイントだと思うんですが(持ってる方は85ページ左の黒枠を参照のこと。新東京の治安維持構造についてザッと書いてあります)、シャドウラン日本に関心ある人ってやっぱいないんですかねw。過去色々あって地雷原っぽい空気があるとか、「そもそも日本でやりたいとか言い出す人は身内設定たっぷりの俺日本でやってる」とか、そんな事情があったりするのかしら……

 まあ、『Corporate Enclaves』がまだ実際に書籍として売られてないから、ということにしておきましょう。


 それはそれとして、Urara-ryuryuさんという方の日記にこのような記事を発見。

 結局、現在見ているドラマは『ガリレオ』と『HEROES』のみ。

 『HEROES』は過激なグロテスクな描写があって、精神的にかなりきつかったりもするんですよ。でも、それ以上に『勘違いJAPAN』炸裂に目が離せません。
「どこのすし屋にカラオケがあるんだっ!」
「日本のおもちゃは全部、『マシンガーZ』かっ!」
「日本のサラリーマンが日本刀を担いで歩くかっ!」
 シリアスでダークなドラマが、日本が出てくるだけで一気にコメディと化すのです(苦笑)。
 『TORG』というゲームの6つの世界の一つ『ニッポンテック』といい、『シャドウラン』における日本企業の外道加減といい。
 輸入されたTRPGからアメリカにおける日本のイメージの偏り方はすごいと知っていましたが、映像で見るとやはり強烈です。
 日本のシーンのみ、原語と吹き替えの両方で見、その無茶苦茶ぶりに爆笑しています。


 Wikipediaによると『HEROES』は「視聴率は好調で、2006年度スタートの作品では最大のヒット作と言われており」だそうですが……未来物じゃなくて現代物、しかも製作がごく最近の作品ときて。いやーやっぱり、「リーマンがポン刀」ってーのは譲れないファンタスティックなんですかね、アメリカ人的に。

(いやまあ、私は実際に見たことないのでアレなんですが。リーマンがごく普通に刀を持っているのがスルーされてる、ってわけじゃないかもしれませんしね)


 それはそれとして、「カラオケがある寿司屋」自体はあってもおかしくない気もしますね。スナック同然と化した場末の安っぽい寿司屋で、時々店主が「ウチは寿司屋なんだがなぁ」ってぼやくみたいなそんな感じで。

 ……ないか。
関連記事

コメント

laevaさん、はじめまして。Urara-ryuryuことUraraです。
TBとご紹介ありがとうございます。
>リーマンがポン刀
 主人公側の日本人(ヒロ)が、刀を背負って未来から登場するシーンが第三話でありまして。
 ちなみに雰囲気は忍者っぽかったです。
 今後、彼の時空操作能力を増幅するアイテムとして登場するようです。
(博物館から強奪しようとしたりしてます)
 現在も『剣聖・タケゾーの伝説が書かれた屏風』が出てきたり、
無茶苦茶な『日本の諺用語集』が出てきたりしています。
 舞台はすでにアメリカなのに無茶苦茶ぶりは健在です。
>「カラオケがある寿司屋」
 ディスコのような内装で、若者がカラオケを熱唱していました(笑)。
 それと別に、食事のカウンターがあったりします。

こんにちは、突然失礼しましたー
>>第三話
なるほどなるほど。紹介ありがとうございます、
今度実際に見てみますね。
言いつつとりあえず検索してみる。
 → http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/8/83/Heroes_s01_e04.jpg
こ、これはw 展開が分かりませんが(まあ実際に見てみないとねやっぱり)、市電の中とかでしょうか。横にいる黒人の青年のイヤホンがいい日常的雰囲気を醸し出してますね。
 背広ではないのが当記事的には少し残念です(まあ背広はアメリカじゃそこまでスタンダードじゃないんでしょうが)。本文には black overcoatとあるけど、ジャージか何かに見えるな……確かにニンジャっぽいですね。背中に背負うのは忍者刀か野太刀と決まってるからでしょうか。
 しかし、この能力のテレポート・時間停止・時空旅行ってやりたい放題ですねw。こんな能力持たせて大丈夫なのか、ストーリーが今から非常に気になります。
>>『剣聖・タケゾーの伝説が書かれた屏風』
こ、これはw
すごいものを作らせるな……ヨーロッパとかだと、○○の生涯という題材で連作大画(24枚とか)を書かせたりしているんでそういうノリなのかも。ただの武蔵マニアの特注だったら面白いですが。
>>ディスコのような内装の寿司屋でカラオケを熱唱
ますますやりたい放題ですねw
なんか時代がチグハグな空気ですが……これはひょっとすると、アメリカに実際そういうのがあるのかもしれませんねw。ナイトクラブでカラオケを熱唱できて、そしてそこに SUSHI BAR があるのがクールなんですよ、多分w。

>日本のサラリーマンが日本刀を担いで歩くかっ!
そういったぶっ飛んだ設定があるからこそのアメリカドラマですよw
逆に考えてむしろその部分を楽しむべきなんだ
『HEROES』面白そうですねw

HAHAHAHAHAHA(アメリカ人笑い
無論、このジャパナファンタジーを味わい尽くし、かつ「ゲイシャガール・ウィズ・カタナ」に転用して一石二鳥!という完璧な戦略を虎視眈々と計画していますともw
しかし私の行動圏内のTSUTAYAで『HEROES』がレンタルできるようになるのはいつの日か……w
すいませんまだ見てませんorz

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/260-104f3c5f

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。