/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シャドウラン日本/歴史篇】第八章:そして新時代へ 

 再建は進み、最先端の社会インフラの整備もなされ、かくて新帝の下、日本は新たなる社会への一歩を踏み出したのである――その影に、止まぬ暗闘を抱えながら。



一.新たなる帝都、新たなる皇家、新たなる時代


 元祐親政という体制の一応の確立を経て、日本は新時代へ歩み出す。新たな帝都、新たな皇室はそれを象徴し、可視化した。

 63年、埼玉・神奈川や千葉の一部を含んだ東京圏は新都「東京新星市(ネオトーキョー)」として再編され、再建の途につく。こうして新都は神々の加護厚き、だが同時に最新の電子インフラを備えた都市として復興――復旧ではなく――されることとなる。翌年3月に開催されたワイアレス・マトリックス構想会議(WMIC)で、トランシス・ニューロネット社(現ネオネット社)によって東京新星市・関西市・仙台市・札幌市を中心とする大規模・広域なワイアレス・マトリックス普及計画が明らかにされ、ネオトーキョーは都市の新世代化を先駆けることとなったのだ(間もなく起こる「マトリックス崩壊」がこの計画を加速させたのは言うまでもない)。

 64年4月には、元祐帝とシアワセ財閥の令嬢倖ひとみとの間に婚礼の儀が執り行われ、日本は3年ぶりに「皇室一家/両陛下」を戴くことになる。併せて新都中央に皇居が正式に再建され、夫妻が住まう新居は、日本の「変化」の象徴となったのであった。



二.影に鉄火を孕みつつ、現代へ


 しかし元祐体制が盤石となったわけではない。企業の不平はやがて元祐帝の廃位を目指す策謀と化し、期待と失望とが最大であったミツハマを中心に、レンラク、ヤカシマ……数々の大企業がこれに加わっていく。以来、摂政米倉の手の者と、メガコープ工作員との暗闘は絶えることがない。

 だが企業勢力も一枚岩・安定勢力なわけでは決してない。「影の戦争」は未だ冷めやっていないのだ。日本に地歩を築かんとする外国企業。独自の地位を主張しはじめた中小の「新世代系列」。そして新時代とともに日本に舞い戻ってきたイーヴォ(旧ヤマテツ)。財界・産業界もまた、混乱と争乱を免れえない。

 2070年、今や成人を迎えた青年天皇の下、日本は新世界へ入るための荒波の真っ只中にいる。その混沌の中央、日本の影を走るのが、我らがPC達なのである。



第七章 ← → もどる


(以下コメント)



第一節


 ・ネオトーキョー

 まあ、東京新星市というのは(爆)な感じのお遊びですが、真面目な話、どうしたものか迷っています。行政区分としての名称がネオトーキョー(Neo Tokyo)ってことはないだろうので、何か日本名をつけたいんですよね。日常用語としては「ネオトーキョー」でいいんでしょうけれど。この地域の呼び方としては「東京圏」というのがこなれた言い方でしょうが、都市の名前としてはやはり、こなれているとは言えないでしょう。などと言いつつ、以下しばし与太。

 アメリカでは「都市圏」についての行政的な定めがあるわけですが我が国はそうではありません。また、世界には州や県といった広域行政単位と同等の地位を与えられた市(都市)が結構あるわけですが(ベルリンとか)、アメリカ的メガロポリスやこういった特別市的なイメージで捉えられるようになればことは楽になります。現在の日本で「都市圏=都市」な行政単位はせいぜい東京特別区(23区)のみでしょうが、東京圏全体を「新東京特別区」と呼ぶのも避けたいところです。「新東京都」とかも同じく……いや、別にいいんですけれど、なんか鈍くさくありませんかw?できれば「Kansai Sprawl」にも援用できる語が望ましいんですけれどね。

 さてそこで私が推したいのが旧「東京市」の名称です。都市圏=都市の前例自体は我が国にもあるのです。東京市と周辺地域を合わせた「大東京」。この周辺区域は「東京都市計画区域」と行政に指定され、また後には市政的にも統合されて「大東京市」と呼ばれるようになります。ぶっちゃけこの区域が現在の23区に当たるんですが、さておき。Sprawl、「都市圏」のイメージを孕みつつ、各国における首都級の特別市と同じ位置づけ。「東京市」という文字列こそ相応しくはないでしょうか。

 というわけでこれに「Neo」分を入れたいわけですが、「新東京市」はなんかこう、ヲタ文化では○ヴァとかでこなれた言い方なのかもしれませんが……関東大震災、東京大空襲に加え、「彗星の年」の大災を乗り越え三度生まれ変わった第三の「新」東京だー、みたいな……ともあれそういう特定のRPG外背景文化的な色がつくのはよろしくないというのが個人的意見。グダグダになりましたが、そんなこんなな流れで「東京新星市」と仮にしておいたわけです。

 ちなみに以上全てをふっとばす要因として、ネオトーキョーの行政上の長の名が「Governor」だという事実があります。我々の東京同様ですね。都市単位の長の官職とは言い難い――さらに現職(少なくとも64年当時)の、新帝に面従腹背な守旧派Governorの名前が「Ishihara Kano」というのですが、おそらく皆この人のことは「石原都知事」と呼びたいでしょう(石原市長、では締まらないw。ちなみに語の並びからファミリーネームはKano?と思いきや、他の個所の主語はIshiharaになっていて、ちゃんとこっちがファミリーネームくさいです)。だからMalik Toms、おまえは「ぼくのべんきょうしたにほん」をストレートに出しすぎだと(ry。

 まあ、帝都は特別区でそこの長は特別な名で呼ばれる、とかはありだとは思いますがねー。ネオトーキョーというのは純粋に呼称に過ぎず、行政上は東京都が周辺を編入しただけ、とかな可能性もありますが……まあそんなこんなで何か特定のを決めかねているわけです。呼ぶ分には単に「ネオトーキョー」だけでよかろうので不便はしないでしょうし……


 ・復旧ではなく復興

 言わずもがな、関東大震災の折りの『帝都復興に関する詔書』を意識しています。小学校の頃読んだ歴史漫画で、当時の為政者が「復旧ではない。復興でなくてはならない」と力強く述べるシーンが何故かよく印象に残っている。後藤新平とかですかねこれ。


 ・ワイアレス・マトリックス構想会議

 原語だと「Wireless Matrix Initiative Conference」となっています。ワイアレス・マトリックス構想については4版ルルブにも言及されている通りです。64年秋に計画が稼働する予定だったとありますが、ここではミツハマがバックになって(会議のスポンサーはミツハマ)半年早く日本への適用計画をぶち上げた、という流れかな。しかしミツハマは精力的ですねぇ。結局実働もトランシス(米企業。間もなくノヴァテックなどと合同してネオネットに。立派なメガコーポですな)ですし、まあ見返りはあるんだろうけど、公益に積極的なところがあるなぁ。ミツハマに対する極道の力を考えると、裏で龍冥が手を回してるんだろうか。

 訳語について。ワイアレス・マトリックス構想までは既にルルブに訳されているのでconferenceをくっつけるだけなわけですが、やっぱ「ワイアレス・マトリックス構想促進会議」とかにした方がこなれてたかなぁ。協議会、とかはニュアンス違いそうだし。「構想会議」は何か変な感じするけど、ググってみたら大量に引っかかった。普通な用法なのかと思って単純なこれを採用。

 ちなみにShadows of Asia時点(64年)でのワイアレス・マトリックス状況ですが、世界で最も先端技術が整えられた都市、と明言されつつも都市全面に張り巡らされているとは言えず(マトリックス崩壊キャンペーンの適用前ですしね)、manga-kissa(括弧付きでMatirix Cafeと書かれている)などを中心に強力なホットスポットが提供されているそうです。さしずめ、Malik Tomsが日本を訪れた際、漫喫で夜を明かしたりしたのでしょう(単に日本のネットカフェは漫喫って言うらしいぜ程度の理由かもしれませんが……)。


 ・関西市

 怪しげな市名が出てきましたが、原語は「Kansai(Kyoto-Osaka-Kobe sprawl)」。今更だけどここは普通に「関西圏」でよかった気もしますね……先述したように東京市構想を援用したのですが。まあ変わる可能性大。

 ところで札幌はともかく、わざわざ仙台が言及されてるのはギブスンのオノ・センダイのおかげな知名度故でしょうか。とふと思ったけど、近畿以西の都市が挙げられてないのは単に「彗星の年」の被害が大きくてまだ新しい電子インフラ言える段階じゃないからとかだろうか。でも2年もたってるしなぁ。


 ・倖ひとみ

 「Hitomi Shiawase」嬢参りました。個人的に「ひとみ」という名前は平仮名がいいです。

 もちろんのことこの結婚はシアワセが新帝を操るためだと衆目に見られていたわけですが、ひとみ嬢の父親への反抗はなかなか激しいようで、そううまくはいっていないようです。熟練したデッカーだったそうで、マサチューセッツ魔術工科大にいた若い頃、父親の気を引くためにマトリックスギャング団を組織したという女傑。これを父親にかまってもらいたくて、と解すると萌えですね。

 なおこの結婚式で、元アイドルな伊志野あかねさんによる、龍冥の代言者になって以来公に流れたことのない「perform」が行われました。どんだけー。まあ、アイドルといっても東儀秀樹みたいなノリで、伝統芸能による芸能活動なら問題はないでしょうが……皇族の儀式的な婚礼に、所謂アイドルのコンサートが行われていると思うとすごいな。さておき、これは一般に、龍冥によるひとみ嬢へのお墨付きだと見なされています。



第二節


 ・数々の大企業

 書かれている他の具体例を挙げますと、モノベ、ソニー、ヨコガワ、コマツ、ダイアツ、となります……現実ベース多いですね。しかし、ダイアツ?スペイン語とかイタリア語でのダイハツか……大阪に本社あるし、ダイハツでよくね?とか言いたくなるな。

 モノベについて言及すれば、日本十大企業の第4位に挙げられているモノベインターナショナル。松山に本拠を持つこのメガコーポです。67年のelectionで、ヤマテツ(イーヴォ)を押しのけて企業法廷入りしたいとロビー活動に励んでいるそうです。現在(70年)ではもう結果が出ているわけですが……ルルブを読むと、ちゃんとイーヴォいますねw。残念でした。ランナー的には、このグループらしきモノベメディカル社がドクワゴンサービスを提供しているっぽいので、お世話になることもあるでしょう。救急活動は国土の70%をカバーしていて、通報から8分での到着を受け合っているようです。

 ちなみに十大企業の上位5社はSRオリジナルですが、下位5社は現実ベース……いや失礼、ダイアツを含めればの話で、正確には4社ね。7~10位を上に挙げたソニーからダイアツまでが占めています。コマツの子会社に三菱化学とかそんな会社があって、「ああ、第六世界にも昔は三菱グループがあったんだなぁ」と感慨深かったりします。そういえばソニーエンターテイメントという会社がありましたが、PSX(テン)とか出てたりしないかな。

 他のコマツ傘下に味の素フーズがあるのは多分笑うところですよね(重工業・鉱業機械分野から、化学工業・ナノテク分野に転進したそうなので、それっぽいのを入れたのか……いやいや)。ついでにJR東日本もコマツの傘下になってら。他の会社の子会社リストはまだまともなのになぁ、「ぼくのべんきょうしたにほん」大爆発。

 あと蛇足ですが、ヨコガワ(横河電機がベースだと思いますが)のCEOのManobu Watoga氏(二文節目のoを両方aにして、幡賀学とかしたいですね)はコロボックル(koborokuru)だそうです。またメタの社長か。まあオークとコロボックル(てかドワーフ)ではまた衆人の反応も違うんでしょうが。しかし大和法の具体的なメタヒューマン規制というのはどうなっているのだろう。なんだかんだ言って高い地位に着けてるのがなー。


 ・暗闘

 百花繚乱。まあこれでこそシャドウランナーが活躍できるというものですが。

 「米倉は摂政として、玉体自身が考えることがあってはならないが、避けては通れぬ物事の処理を担っている」という文章から「That means shadowruns.」と繋げているところはいいですね。公式サイドとしては、やりやすい立ち位置として「national interestのために働く(あるいはそういった傾向を持つフィクサーの下で働く)」というものを提示しているわけです。


 ・新世代系列

 新帝のfree trade edict(「商業の自由化に関する詔勅」とでも訳しますか。行政命令としてはそれっぽい。free tradeを自由貿易と置換できれば楽なのに)によって非メガコーポも独自の立ち位置を主張できるようになったということです。普通free tradeは自由貿易と解されると思いますが、独禁法関連とかの、国内商業の自由化も含んでるのかな。

 具体的なことはよくわかりませんが、少なくとも、新帝・神道勢力は本州復興に当たって、これら非メガ企業を積極的に採用しているということが書かれています。まあ、メガコーポと対立してるんだから、彼ら以外に力をつけさせなきゃならんですよね。


 ・帰ってきたイーヴォ

 ネオトーキョーの再建後、どの日系企業も再び東京に拠点を構えたわけですが、ちゃっかりヤマテツもオフィスを立てています。メタヒューマン労働者の吸収に熱心なようで。根強い噂によると、イーヴォのバタカップ女史は元祐帝に目をかけられているだとか……噂はいつも通りですね。
関連記事

コメント

Corporate Enclaves からでしょうか?
治安についての言及などもあると嬉しいですが、どうなんでしょうね。
しかし新東京ってまるでトーキョーN◎VA。
個人的には京都に遷都して欲しかったなぁ……w

ども。ずっとチェックせずですいません……上に書かれてる情報は、真面目に『Shadows of Asia』由来ばっかですね。なので割と情報が古いこともあります。
>>治安
治安については「現代東京よりは悪いが、シャドウランの大都市としてイメージされる標準よりはいい」くらいに見ておけばいいでしょう(区によって違うようですが、そこは我々の常識で通用するようです。青山とか高級住宅街は安全とか)。
ちゃんと銃の規制はありますしね……ただ、「隠匿していない限り、刃物の携帯は自由」だそうでw。サラリーマンの腰に(安物の)刀がぶらさがっている程度のことは、一般人にとっては普通な出来事だということです(ランナー的にも重要な話かも)。なんつーか「朱鷺田先生ィィ、日本から色々言ってくれたんじゃないんすかー!」な気分。まあ、これはメリケン的に譲れないオリエンタルファンタスティックなのかもしれないですね。勘弁してくれ。
というわけで、実際に何か喧嘩なりが起こったら、現代よりもやばい結果が起きそうです。その分医術・治療術が発達していたりして、リカバーも容易なのでしょうが。格闘技者の間では
「とっくの昔に義眼じゃよ」
が普通とかそんな状況。この辺グローランサが思い出されますね。
>>首都
京都遷都希望にはちょっと同意w
これやって面白いのは東西日本の対立ネタなんですけど、まあそれをやれるほどには日本に詳しくないんでしょうしね公式は。
でもNew TokyoじゃなくてNeo Tokyoなんだから、「新東京」とかよりちょっとひねった名前にして欲しかったな。いや、東京新生市とかにする必要はないですが。
しかし、ひとみ嬢が父のタダシを倒して倖グループを牛耳ったとか、色々書き足さなけりゃと心の端で常に思ってはいるのですが、なかなか着手しないでおります。その他、和訳の修正などもやらんと。お言葉にあるように、Neo Tokyoは「新東京」で大分前に確定してましたからねw(R&Rの記事を割と読み流していたことを反省)。
二月になったら暇になりますが、それ以前に時間をもっと有効に使いたいなぁ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/256-e4d0e4a9

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。