スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メカ"G"の誕生 ─ CNET japan News 

 CNET japanの記事から…


 い~や~!
 なんでわざわざ"G"を選ぶんでしょうか!

>>世界一生命力のある昆虫であるゴキブリと交流する能力を備えた超小型ロボット

 って、「世界一生命力のある」に全く意味がないじゃないですか!…まあ未来にヤツらを撲滅するためだとすれば、よしとしましょう。野良メカGが大量発生して社会問題化、とか、ヤな未来物語も見えますけれども…

 と思ったら、臭いとかで同種だと錯覚させるだけで、別に形を擬態しているわけではないんですね。一瞬焦りました。考えてもみれば、あのフォルムを作って、同等の動きをさせるのはかなり高度な技術な気がします。まして羽ばたきで飛べるロボットだなんて、まだまだSFの領域です。あの悪魔!…いずれにせよ、研究チームには、間違っても「完璧を期さ」ないようにしてほしいものです。

 それにしてもあの悪魔達がこんなにしぶといのも、全てイス人の陰謀に違いありません!(突然クトゥルフネタ)ちなみにイス人というのはクトゥルフ神話に登場する時空の秘密を極めた宇宙唯一の種族で、そのために「偉大なる種族」と呼ばれるのですが、精神を時空遡航させて他の生物の身体を奪い取って生活しています。そして現在の肉体で都合が悪くなったら、次に寄生する先は「地球で人類が滅んだ後に繁栄を極める、強壮な生命力を持った甲殻生物」になるとされているのです。人類滅亡後に繁栄する生命力にあふれた甲虫…

 ちなみに上にリンクされたイス人の肉体の絵は、ノッツォ様のサイト、「Nottso's THING」にあるものです。慄然たる思いを禁じえない絵をたくさん公開していらっしゃいますので、是非ご覧下さい。
 → http://homepage3.nifty.com/nottsuo/

関連記事

コメント

コメントまでいただいてありがとうございます。
研究が進んでも、動きや見た目のリアルさなどは真似て欲しくないものですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/247-755a5bac

ゴキブリロボット開発?

欧州の科学者が超小型ゴキブリロボットの開発に成功(CNET Japan) ビックリしましたね(笑)科学者たちは私のような凡人の想像のつかないところまで研究の手を広げているのですね。 この記事によれば、同報告書を書いた科学者の一人Gilles Caprariによると、これはゴキブ.

  • [2005/07/26 00:44]
  • URL |
  • ニュースに関してつらつらと |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。