スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・オブ・ダークネスリプレイを読んで思うこと 

26bc421e.jpg 28日にゲームショップに行って色々買ってきたのですが、今回取り上げるのは「R&R」誌の中の「ワールド・オブ・ダークネス」の記事『革命歌は踊る あるいは犬の物語』のこと。

 記事の内容は、K◎JI氏による一枚絵と、17ページにわたるリプレイ。以上です。R&R誌では初めてのWoD(World of Darkness)の記事になるはずです。そして新WoDを新紀元社がサポートしてくれることになって初の記事であり、間近にコアルールの「ワールド・オブ・ダークネス」発売を控えた記事ということになります。

 まず感想。非常にいい史劇です。ヴァンパイア・ザ・マスカレードで鍛えられた陰謀劇は非常に秀逸。PCの設定に合わせてちりばめられた情報、背景となるネタの深みと説得力、舞台設定は非常に巧みです。それにPCに「動機」を与えるマスタリングも見事としか言えません。

 ただ…何と言いますか、濃すぎじゃないですか徳岡さん?ルーマニア国防軍第39自動化ライフル歩兵大隊とか、背景設定に仕込み入れてる暇があったら「ワールド・オブ・ダークネスとは」とか題したコラム一つでもひねり出して下さい。と、私は思うのですがどうなんでしょう。WoD初見の人が腰を引かさないか心配だったりします。ここまでやらないといけないのかって。
 ちなみに上でコラムをひねり出して云々と書きましたけれども、R&R掲載の記事はリプレイのみです。WoDの紹介とか、何ができるシステムなのか、とかいった記述はほとんどありません。リプレイ中に一応次のような言及がありますけれど。「現代ホラーものである」「サプリを足せばヴァンパイアとかできる」…少なくとも、ノワール風味なヴァンパイアのヴァも出ないシナリオをやってる場合ではないと思うのですが。

で、まあじゃあリプレイにどんなネタもっていこうかっていうあたり、わりと悩んだりもしました。ほら、もしかしたら今回のリプレイが日本における『ワールド・オブ・ダークネス』のスタンダードになっちゃったりする危険性があるわけですから。
 分かっているじゃないですか。
迂闊なことはできないだろうって思ってたんですよ。ええ。普段みたいにイスラームがどうの自爆テロがどうのみたいなところにそうそういっちゃいけないと。
 そこでルーマニア革命の暗部というネタをもってくるのは、懸念すべき問題が間違っているのではないかと思います…^^。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/239-a9310ce5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。