スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰還 

 やっと帰国しました!やはり日本はいいですね。シルクロード旅行ということで、中国とその植民地であるところの東トルキスタンに行ってきたのですが、観光の対象はともかくその後背地は色々ゲンナリするところがありました…四つ星ホテルなのに電灯が壊れたまま放置されてたり、壁にシミがあったり、部屋に"G"が這ってたり…他には、特に北京空港の運用は酷かったです。日本の金で造っているのですからせめてまともに使ってほしいもの。

 あと随所で鼻に付く中華思想。自分たちの歴史に民族単位で関わった非漢人の集団は全て「少数民族」扱い。そしてそれ以外は「蛮族」です。ちょっとウンザリ。陝西省歴史博物館の展示に中国の歴史観がよく見えました。匈奴帝国と漢帝国の対立を「少数民族の騒乱」と扱うのはどうなんでしょう。あと「胡人(西域より来訪していた、ソグド人などのイラン人種)」を何の説明もなく「Barbarian」と翻訳したキャプション!それはないでしょう。ギリシアやローマの博物館で、シルクロード交易盛んなりし時代のペルシア文物や支那文物を「Barbarian」の産物と表示したら大騒ぎになりますよ!

 まあパック旅行で、中国人ガイドが付きっきりでしたししょうがないのかもしれません。いえ、非常にいい人でしたけれど。ウイグル語をちゃんと勉強して(実は大学の図書館で「ウイグル語4週間」を借りていたのですが、億劫で…^^;)、また個人で行きたいですね。火焔山やベゼクリクは素晴らしい所でした。


 ところで「旅行中に『ワールド・オブ・ダークネス』単品でシナリオを考えよう…」とか書きましたが…シナリオ考える余裕がありませんでした ;;-_-。いえ、一応コアルールは通読しましたとも。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/229-6fb06cf5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。