スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャドウラン サマリー準備のための覚え書き:2 

 自分でシャドウラン4thのサマリーを作る時のためにちょっとまとめ。判定システムの所…あんままとめられてないですね。サマリー化する時はもっと絞るでしょう。

1-2.判定システム
1-2-1.判定の方法
 判定は以下のように行なう。ダイスプール分の個数のダイスをロールし、5と6の出目の個数を数える。この個数を成功数と呼び、成功数が高いほど良い結果ということになる。判定ごとに定められた必要成功数以上の成功数が得られれば、判定に成功する。なおダイスプールが0以下になることがあるが、その場合、判定は自動的に失敗する。

・自動的な成功数算出
 GMの許可があれば、PLはダイスロールを行なわず、ダイスプールの値が4ごとに1成功数となる、として成功数を算出してもよい。
 GMは、キャラクターのダイスプールが非常に大きく、失敗しそうにもない場合や、状況が緊迫していたり、緊張状態にあったりしない場合にのみ、これを許可するべきである。判定の失敗によって何か危機が発生するような場合には、これを認めず、ロールを行なわせるべきだ。

1-2-3.事故
 ロールの結果、1の出目がダイスプールの値の半分以上の個数出たら、[事故]が起こる。[事故]の発生は、判定自体の成功とは両立する。つまり、判定に成功しながらも同時に[事故]が発生する場合がある。
 [事故]が起きると、行動の結果に漏れなく何かしら災難が提供される(例えば何かを飛び越えようとしたら小指から着地してしまったとか─)。どのような災難が起きるかはGM任せであるが、何か大惨事を起こすよりもむしろ、ドラマチックに、またコミカルに演出することをお薦めする。また、災難の度合いを、判定の成功数によって左右するのもいいだろう。6成功かつ[事故]という場合と、1成功かつ[事故]という場合とでは、後者の方がより厄介なことが起きる、ということだ。
 なお、[事故]はエッジポイントを消費することで回避することができる。

・大厄
 成功数が0でかつ[事故]が起きた場合、[大事故]が発生する。これは致命的なレベルの災難であり、キャラクターの生命に深刻な影響を及ぼしうる。GMは劇的な効果を持った失敗を演出すること。例えばそのキャラクターが銃を撃っていたら、親友に誤射してしまうかもしれない。魔法を使おうとしていたならばあるいは、自分を中心に暴発を起こしてしまうかもしれない。
 [大事故]は、エッジポイントを消費することによって、通常の[事故]のレベルに抑えることができる。なお、この方法で[大事故]を回避しても判定の失敗は覆らないことに注意せよ。

・6のルール
 判定の際、エッジポイントを使用してダイスが増加した時、〈6のルール〉が適用される。このルール下においては6の目が出たダイス一つごとに、ダイスを一つ振り足せる。振り足した出目に6があった場合、それからも同様に振り足せる。振り足したダイスで5、6を振った場合、成功数に加算される。

 以下とりあえず訳語。[事故]については当初[災難]とかにしたかったんですが、critical glitchの訳語の座りが非常に悪くなりました…[大厄]とか当ててたりして。"Hit"については、過去版との変更点のところで"success"とは違うようなことを強調されているのでアレですが、ここは成功数・必要成功数・~成功とかまとめてしまった方がスマートだと思います。

attribute:[能力]
Attribute-Only Tests:能力値による判定
Body:[強靱]
critical glitch:[大事故]
Defaulting:技能なしの判定
dice pool:ダイスプール
Edge:[エッジ]
Edge point:エッジポイント
glitch:[事故]
Long Shot Test:駄目元での判定
modifiers:[修正]
Rule of Six:〈6のルール〉
skill:[技能]
Strength:[筋力]
test:判定

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/223-637aad41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。