スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弔辞 

 関 雲長氏

 マクシミリアン・ド・ロベスピエール氏


あなた方のおかげで、幸福な夢を見られました。
あなた方の夢が、これからも不滅たらんことを。

や、漫画の話です。

モーニングの「蒼天航路」

ヤングキングアワーズの「ナポレオン~獅子の時代」

それぞれの漫画で長いこと活躍なされたキャラクターが逝去しました。正直言って、悲しいですな。少なくとも、今この瞬間にこの同じ地球上で、見知らぬ人間が不条理に亡くなっていっているはずですが、それを知って得る悲しみよりも悲しいですね。

長いことその物語りに触れ続け、魅力を感じさせられてきた彼らの方が、私を中心とした私の世界という同心円の中で、より私に近い。誤解を恐れずに言えば、彼らの方がより「人間」であったわけです…


と、妙に挑発的なことを放言しているな。

見知らぬ人がこの地球上で死んでも悲しくないなんてわけではなく、例えばその死を見せつけられたらその人は見知らぬ人でなくなり、私にとってより「人間」になります。多分悲しく思うでしょう。ただ人間=ホモ・サピエンス、世界=ジ・アース、という定義が、私の中で主要な位置を占めていないだけです。


しかし曹操も来号亡くなるか…己の肉体を全うすることはできなかったかもしれませんが、「己」はきちんと全うして亡くなるのでしょう。ゴンタ先生の筆を刮目して待っています。

関連記事

コメント

優しいルイおじさんと、一緒にカフェでコーヒーを飲みたかった……のか、ホントに?

何せ「天にも昇る心地…」ですからね。ルイおじさんは。
そんなマトモな所より、人間戦車クートンの方に(ry
キーコキーコ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/196-8c33f90f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。