/*//blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の日記:「墜落世界」やりました 

・近況

 今日から駒場祭です。といっても、駒場キャンパスのみの祭であって本郷生には関係ないので、本郷では普通に講義があるわけで、普通に講義に出ました。金曜の講義はどれも面白く、興が大いに湧くのですよ。好き哉。

 とまれ、ゲームサークル大都会には駒場祭の時に夜中も学生会館に陣取って、半合宿体制をとる慣習がありますので、昨日は大学に泊まってゲームをしてきました。本当は帰るつもりだったんですけどね…ふぅ、11月末の開空間は寒かった。ストーブ様のご験力には大変助けられましたね。というわけで、今日は一度家に帰って、防寒装備を調えることにしました。終電で大学に戻ろうか検討中。何にせよ、毛布様には激しくご一緒していただきたく候。


・昨日のゲーム

 まず「操り人形」で散々な目に遇いました。某薄羽君との相性は最悪な模様。序盤から切られるわ、切られるわ!お前そこで狙うのはそれじゃないだろうと、とは私は思うわけですが、まあしょうがない。ってーか初プレイの人はやっぱ仕事しませんねぇ。次に「三人プエルトリコ」。同じく散々な目に。うーむ、これについては戦略について柔軟性がない自分をかなり痛感してもいます。かなり序盤から他に噛み合わせられてなかったし…

 で、次にプレイしたるはRPG。「墜落世界」初プレイです。
・墜落世界

 → Killmark Games → 製品紹介

 遥かな時代、遥かな銀河…外の世界から墜落してくる宇宙船しか資源供給のない絶望的な世界。PC達は、その世界の資源供給の最前線で働く「墜落船回収業者」です。外宇宙から落下してくるダンジョン、もとい、宇宙船に、多額の借金を背負って侵入しましょう。そして…

 encountered!!

あとはただただ、殺したり殺されたりしようぜ!というシンプルこの上ない、極めてヒドいゲームです。何がヒドいかと言うと、このゲームで2番目にヒドいことは

 「殺した敵が落とすモノで一番高価なモノは、大抵その死体である」

ことで、一番目にヒドいことが

 「味方の死体は敵の死体より安い」

という事実…な辺りでしょうか。重量制限に引っ掛かった時、どちらを持ち帰るかは一目瞭然。だって安いモノ持って帰っても、自動的につく借金が返済できませんもの!もちろん借金を返せなかったら人生Restructionです。ワリと

GMがPCを殺したいなら、無限のリソースをつぎ込めばいいじゃないの(マリー

を地で行っているかなり悪質(一応誉め言葉)なシステムかな。さて私のPCは…


・PC

 こんな感じ↓

名前:International Business Machine
種族:擬人
所属:スタジオ逆噴社
役職:保安係
社員ナンバー:10000004

外見:三本足で、両腕から大鉈を生やした謎ロボット
設定:自称IBM製のビッグ・ブラザー・マシーン(あるいはビッグ・ブルー・マシーン)。敗北主義者で、いつも曖昧な顔で冷汗をかいて、「た、たねぇ~」と呻いている。

 擬人というのはいわゆる機械人な連中で、名前の法則は「機械とかそういう関係の何かの名前」ということですので、とりあえず即決で「インターナショナルビジネスマシーン」と命名しました。親しみを込めて「IBM」とお呼びいただければ幸いでーす。

 ちなみに愛称については「『IBM』か『インターナショナル』でお願いします」と言ったのですが、やはり誰にも気づかれなかった模様で残念。コイツが死んだら、さっさと新しいキャラクター「International Business Machine Mk.2」、愛称「第二インターナショナル」が起動する筈だったのですが…ナンセーンス!


・セッションの様子

 あーもうシンプルです。GMが最初にどうする?と聞いてきますが、おまえ、さっさと宇宙船に向かって殴り込みをかける以外にすることはあるのかと。500も借金してもうたからに(宇宙船に入る許可証のために500金必要です。ちなみに最初にもらえる会社の予算は社員数5×100で、しかもこれは装備に消えます。ところで素晴らしいことにこのゲーム、500金まで借金が可能です)。というわけでとっとと街を出て、目撃された宇宙船に突撃します。


・最初の部屋

 とりあえず宇宙船に侵入したら謎の金星人が!結構傷付きつつも、銃撃や大鉈2連撃で惨殺。よっしゃ!GM~こいつら何か落とすの?

 GM「えーと彼らの死体は一体90金です。あ、あと不確定名『?ぶき』が」

 おおすげぇ!そして「?ぶき」を鑑定~

 GM「ハンドガン。壊れてるので2金です。荷重1。あ、死体の荷重は2ね」

 ………ハンドガンいらねぇーッ!

 罠もロクになさげなので、さっさと次に行きましょう。


・次の部屋

 GM「洗脳人間が一体います」

 鉈!鉈!(ズバシャア!)

 GM「死体は60金ね」

 ハラショー!ちなみに我々PCの死体は30金。雲泥の違いです。あとなんか「?そうち」を落としました。そして捜索の結果、「テレポーター」「洗脳装置」の罠が!他のトコに移動したら発動する模様、ということで、社長が罠解除を試みる一方、他の人はアイテムを探したり鑑定したり(このゲーム時間管理はそれなりにキチッとしていて、1ターンには一回の行動しかできない)。

 罠オール解除!鑑定も完了していて、「?そうち」の正体は「カーボン冷蔵庫」だか何かだそうです。売値は…重さ4の、140金とかでしたか。明らかに金星人の死体の方が効率よさ気です。うーむ。こういうゲームか。まあさて次の部屋。


・最期の部屋

 GM「敵は6体、蛸型の頭をした生物です」

 ぬっ、火星人か。しかもこちらより数が多い。とりあえず高所で待ちかまえます。

 GM「じゃ射程3の、範囲攻撃ね」

 はい?

 GM「じゃ次のヤツ。これは3回攻撃ね」

 ちなみに我が社で複数回行動するのは私だけで、2回でしたか。その私のキャラクター(一番防御が堅い、前衛戦士)は最初のターンに一撃で死亡しましたが。その後も味方はどんどん死亡し、何事も無かったかのように全滅しました。

 何故逃げないのか、という話はありえますが、このゲーム、自分はあまりモノを持てないので、台車とかを使って回収したブツを運ぶ必要があるのですが、逃走したら自動的に台車が失われるんですね。

 逃走 → 赤字確定 → 死亡確定

逃げても意味がないのです。あ、ちなみに「赤字→死亡」なのは、そういうゲームなんだと思って下さい。借金で回らなくなった首は即カットされますから。

 そして全滅したら「GMキャラシを回収してグシャグシャにまるめて棄てる」の儀式。終了!お疲れ様でしたー!


・感想

 ゲームの内容については何も言いませんが(だってそういうゲームですから、としか言えないし)、とりあえず

 1.GMの出目が神すぎて、元々戦力に劣っているのでどんどん即死
 2.キャラシを丸めて自己満足するのはいいのだが、金がもったいない


とかが気になりました(まる)

 まあ1については、「さっさと全滅させろよGM」と言いたくなる場面で、何も考えずに戦闘を続行しようとするのは、普通のゲームではやめとけよ?とコメントしておきます。あとちなみに、「キャラシを丸める~」はシステムで指定された行為です。2についてはデザイナーに対してのコメントになりますね。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/174-63029659

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。