/*//blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翌日の"Ars Amatoria" つらつら雑惑追加 

 2ちゃんの蒼天スレで紹介されていたもの。曰く「蒼天風セクース見つけた」。

 → http://www.youtube.com/watch.php?v=b6Q2OHKkKyw&search=sex

 ちょwwwおまwwwwww

 やばい、クオリティが高すぎる(爆笑)!!

 あ、ちなみに性的描写があります、注意………何に注意すべきなのかについては議論の余地が大いにありますが。てーかこれだけアホなことやっておいて、局部が隠し通されてることに却って「アート」を感じますね(笑。
・余裕ができたのでつらつら追記

 時間を置いて、三度観賞。これまでは図書館から見ていたので音声レスでしたが、今度は完全版です。

(ひととき爆笑)

 いや、すごい面白い。これぞ真に"Ars Amatoria"だというものです。
 特に最後の「大車輪」なんぞ、もうw!


・コレとRPG

 これをRPGで再現しようとしたらどうなりますかね。とりあえず、これを見て最初に思いついた言葉が、

「 こ れ ぞ ま さ に 超 神 話 活 劇 ! 」

でしたので、やはり「扶桑武侠傳」でしょうかw。「武侠」という単語に目をつぶれば、ピッタリだと思うんですがw。

 あ、「扶桑武侠傳」という武侠もののシステムがありまして(武侠、で分かりにくければ、「チャクラもの」と表現するのが私の知り合いには分かりやすかろうと思います。北斗の拳とかをイメージしてもらえればいいんでは。ちなみに「拳皇伝説」よりスタイリッシュというか、ストーリーテリング面に重きが置かれています)、行動の成果を[活劇段階]というもので表す判定システムになってるんですね。で、達成値が極まった段階の名が、[超神話活劇]というのです。

 超神話的な活劇……

 空中から "Watch mine!!" と叫んで、

 相方目がけて落下、腹上大車輪を喰らわす。

これを「超神話活劇」と呼ばずして何と呼ぶのか!
あ、こんなものに関して言及してしまって、「扶桑」のファンの方には大変申し訳ないですねw。いや、wなんて付けてますが、結構真剣に。

 扶桑に関心を持たれた方は、海鴎@DD様のブログ「鴎の行くままに」までどうぞ(順に上の記事へと読んでいって下さい)。氏の記事は、無論この馬鹿映像とは全く関係ありません。ご安心召され。


 で、それはそれとして次に連想したのが、

 HeroWarsの表紙

です。「Heroquest」も構図は同じですし、どっちかというと風月お互いが近接している「quest」の方が近いかもしれませんね。私が「Wars」しか持ってないもので、こちらを連想したんですが。とまれ、激しく同じセンスを感じます。ついでに言えば、「知恵の大神オーランスの神技、《Invincible Mouth》!」とか、もっともらしくないでしょうか?私だけ?

 オーランス・ルフェルザの決着シーンは是非是非コレで!


・Amatoria?と、別領域への連想

 まさに"Ars Amatoria"!とか言っておいてなんですが、まあ、この映像に見えるものに、「愛」の名を冠することには、大いにためらいを感じますねw。製作者が何を思ってこれを作ったのか、甚だ興味深いです。「やりたい放題やりたいことをやろうとしたら、必然的に18禁のレーベルを貼らなくてはいけなくなった」みたいな臭いは大変気に入りました。

 と、ここまで書いて連想したことですが、RPG畑で育った人が、シナリオ作成能力を活かしてPCゲーム業界に入り、(大規模なゲームに入り込むことができないためか)18禁のゲーム(あ、ちなみに私はやりませんよ)にそのストーリー表現の場を見出している、という話はよく聞きますし、大分定型的なものになったように思われます。

 上の話はこれとは違うわけですが…導師Sにいさま氏がこの間、
「RPGというリテラシーは、『表現者』の界隈に驚くほどによく散見されるが、一方で、彼らはRPGそのものからは離れていってしまっているわけであって。日本のRPG界には『ゲーム性やネタ性を重視する』側面が、『ストーリー、物語りを重視する』側面を阻害してきたという歴史的経緯と、その結果としてのこの人材放出があるのではないか」
というような形で私が咀嚼したようなことを、雑談の中でおっしゃってまして(あくまで雑惑という形と思われます)。何となくこの記憶から、「18禁」と「表現」というトリガーによって、先程の話が想起されたわけです。なお、別にここから話は展開しません。
関連記事

コメント

⊂⌒~⊃。Д。)⊃

すごすぎる…

久々のTB、何かと思いきや…
まさに超神話活劇でしたw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/171-2990336a

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。