スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海エルフの話・続き:補完とか追加とか 

 ← 12/7より


(海エルフについては、まとめ記事を書きましたのでそちらをご参照下さい)
  → 海エルフ(Sea Elf)概論


 前の記事で、ルルブ・サプリを調べた結果を、D&Dについてしか言及してないじゃないですか私。オヤオヤ。


・T&Tにおける海のエルフ

 これは書き忘れですアッチャー。無論T&Tについても見ておきました。初期RPGを語る上で、T&Tは欠かすことのできぬもの。T&Tが世に出されたのは1975年、D&Dが出てはや翌年のことです。

 さてT&Tのモンスターマニュアルと言えば「モンスターモンスター」。ショゴスや夜のゴーント、果てはクトゥルフ(族)までがモンスターとして出されているトンチキ本で、発売は1976年。ちなみにさらにトンチキさを上塗りすると、こんなモンスターも用意されています。

 「 人 間 の 屑 」

 さて目下の私の主題である海エルフですが…日本語版を見る限りは、海に関したエルフは載っていませんでしたね。普通のエルフとダークエルフのみ。日本語版が抄訳であるなんて話は聞いたこともないので(本文にも無論書いてませんし)、おそらくいなかったのでしょう。

 まあ、T&T世界自体にいなかったのかは…ちょいと分かりませんね。世界設定本で持ってるのは、SNE製の「ドラゴン大陸」だけですし、手近で英語文献にアクセスできる身ではありませんからね。ラルフ大陸の設定なんて知らんちゅーのな。T&Tソロアドベンチャーを読みあさればいるかもしれませんが、それは勘弁…まあ初年翌年に出ている限りのクリーチャーカタログにはいなかった、ということでお願いします。

・ルーンクエストにおける海のエルフ

 そして肝心のルンケのルルブについて調べていなかったという恐ろしい問題が。ほら、だって、AD&D1stやT&Tの「モンスターモンスター」に比べて、RQ3rdってあまりに時期が遅いじゃないですか。という言い訳はさておき、追加調査の結果。

 私がアクセスできるルンケ書籍は、3版のみ。英語版で持っているのも、3版のDeluxe版のみです。で、3版ルルブの「エルフ」の項ですが、ブラウン、グリーン、ブラック、レッド…と並んでいるところに「ブルーエルフ」への言及がない。ここは単に「~というのがいる」と名前が並んでるだけのところなので、設定があるなら流石に書きますよねぇ。やっぱ、「水のエルフ一般」という存在は、87年の「Gloranthan Bestiary(「グローランサ動物誌」)」が初出なのかなぁ。ちなみに、クリーチャーブックでブルーエルフの出典が「動物誌」と「古の秘密」となっていたのを見ただけなんですが。公式サプリの類いはこれで初出でも、実際に登場したのはもうちょっと前なんでしょうしね。


 あ、一応、匿名血族.S師によりますと、「Big Rubble」なるサプリに「河エルフ」が登場しているということです。「Big Rubble」は1982年刊ですね。この段階で原型出現なのかなぁ?うーむ。だったら自分の空回りっぷりがアホみたいですね。S師のおっしゃるには「グローランサのサイケ生き物を作った主犯はサンディ・ピーターセン」ということですが、確かに水棲エルフ(あ、以下「河エルフ」を包括するために、海棲エルフという用語は水棲エルフに変更します)が「Big Rubble」初出なら、辻褄は合うんですよね。サンディのケイオシアムでの初仕事(出版)は81年の「クトゥルフ」初版だと思いますが(80年刊のRQ2ndにはクレジットされていない)、つまり、「Big Rubble」の頃にはもうケイオシアムで数年過ごしてるはずですから。てーかそも、グロランのエルフの設定がRPG誕生以前からあったにしても、水棲エルフの設定があったとは限らないという話があります。グレッグが一々海草の辺りの設定まで詰める人間にも見えませんしねぇ。ぬぬぬぬ。

 でも、それはそれでおかしい気もします。D&Dのアクアティックエルフ(が水棲エルフのオリジナルだったとして)の設定を見た段階で、自分のトコだとどうなるかは即考えると思うんですよね。それがサンディに言われるまで出てこないなんてことはないでしょう。


 一応別所でいただいたコメントを転載させていただきます。

彼の Blog にせっかくコメントを書いたら、システムビジーで消されちゃった(泣 仕方が無いので、こちらでコメント。

###

素晴らしい記事です、市民!

っていうか、これ求冒に載せたいね。

で、実は近々上梓予定の「ペリパトイ」という記事で、この辺のグローランサ産サイケ生物についてまとめる予定だったので、簡単に。まず、グローランサのサイケ生き物を作ったのは、グレッグじゃないんだな。サンディ・ピーターセンが主犯。

で、RPG スフィアのサイケ生き物に貢献してるのは、T&T の「モンスター、モンスター!」という化け物サプリがあって、コレの著者ケン・セント・アンドレと"熊の"ジム・ピーターズはたぶんサンディ・ピーターセンと仲良しさん。っていうか、ケンとサンディ、職業は一緒(図書館司書)だし、ストームブリンガーとクトゥルフの呼び声好きだし、そもそも共同で RPG システム作ってるし。

というわけで、たぶんこれは当時(70年代後期~80年代初頭、「トロウル・パック」の第二版と「モンスター、モンスター!」、それに「Alian Races/Traveller」が出版された頃)のアメリカ RPG 屋の間で、ネタとして共有されていた楽屋落ちなんだと思われ。

といった記事を、そのうちまとめます。ナソベム万歳!

 ライブドアがダボですいません。まあタタラがいない会社ですから。
 【暴言】

 一年前から求冒(「求む!冒険者!」というウチのサークルの会誌)の原稿にできるものを用意しておくというのはまっこと、ソゥグゥゥゥッドなアイディアです。それはそれとしまして。

 ナソベムとかはともかく(如何にもグレッグが作りそうにないですねコイツは)、やはり海エルフはサンディ主犯ではない気がします。「70年代後半からアメリカRPG屋の間で、ネタとして共有されていた」という話なら、やはりD&Dが起源で、「モンスターモンスター」に載っていないということは(「トリトンやニンフが被るから」理論はありえますが…ケン・セント・アンドレが、んなこと気にしますかね?)AD&D1stか、その直前辺りが初出という感じでしょうか。

 うーんやはりグレッグ起源説はアウトですか…70年代のRQサプリに水棲エルフへの言及があれば首がつながるんですけれどね。

 ところで私はトラベラーについてはよう知らんのですが、「Alian Races」って「Alien Realms」のことでしょうか。これは86年、トロウルパック2ndは88年ですが、80年代初頭とは言えぬ気がします、と重箱。


・問題

 →D&D初版にアクセスできない

 通称「白箱」。私の誕生より、十年も前のモノですよ?無理無理。どなたか持ってませんかー?お持ちの方いらっしゃいましたら、

「Monsters&Treasure」

から

「Elf, aquatic」

の記述をお寄せ頂けましたら幸いです。あるいはOD&Dサプリから。


 →ルーンクエストの2版以前にアクセスできない

 上に書いた通り。70年代のサプリにアクセスできればいいのですがね。


(追記:海エルフにご関心がお有りな方は差し当たりこの記事をごらんください)
関連記事

コメント

あ、間違えた。Traveller のは Alien Modules. ドラフトバージョンが 1980 刊行。ただし、Journal of Traveller Aid Service に載ったのはもう少し前だったと記憶している。む、30cm 先にあるんだから、もう少し探索してみるか。
……うーんと、Journal の 7 号……ってことは、ドラフト番の方が先か。そのあと、実際の Alien Modules は発行が 1984 から順次始まってる。
で、あとは Glorantha だね。Big Rubble の迷宮運河(Puzzle Canal)は、そもそも Sandy が作ったダンジョンだったと記憶してるんだけど……あれー?手元の再販版(Moon Design Pub. 版)はクレジットが曖昧かな……?ちょっと、原書にあたってみる。
で、サンディの経歴(以前、まりおんさんに教えて頂いた):http://en.wikipedia.org/wiki/Sandy_Petersen
というわけで、UC バークレーの動物学らしいね。
ほい、裏が取れた。やっぱり、シナリオ Puzzle Canal のクレジットは、サンディ・ピーターセン個人になってる。いかにも彼らしいダンジョンなので、非常に納得のいくところ(なにしろ、一回見ただけで憶えていたぐらいだから)。
それと、T&T の海エルフ設定は知らないんだな。たぶんなかったと思う(少なくとも、5th T&T と 2nd Monster, Monster! を見る限りでは)。ただ、ややこしいのは日本語版の T&T は、背景世界周りの紹介が打ち切られてしまっていたためで、本国版では(まとめられたのは 92 年ぐらいだったか?社長の Fantazy File を読まないと確定できない)もっとちゃんとしたのがあって、それが 7th ではルールブックに収録されている。
(編注:コメントを結合、並びに許可の上編集させていただきました)

さすがに海エルフについては載ってないけど、
http://rdushay.home.mindspring.com/Museum/Index.html
はいつでも参考になるね。
http://www.mahoroba.ne.jp/~furutani/long/00000182.html より。
それにしても、Gygax と入れるだけでゲイリー・ガイギャックスが Wikipedia で出てきたけど、やっぱり相当レアな苗字なんだろうか >Gygax
http://en.wikipedia.org/wiki/Gygax

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/163-b769a168

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。