スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスティキャンの話 

 流石はコスティキャン。

 いや、彼が自らのデザインした、D&DModernとも言うべきゲーム「Violence」を、「Creative Commons license」の下に置いたこと。端的に言うと無償公開したことについての話です(→タダで手に入るルルブ)。

 というかインディペンデントなデザイナーはフットワークが軽いのか、と言うべきでしょうかねぇ。もっともこんなん公開されても、という気はしなくもないですね。経験点チットが無限生産できちゃうじゃないですか!

【インク代の無駄】

【あ、ちなみにこのゲーム、経験点チットは、ルルブ裏表紙に「コピーできないよう青インクで」印刷したものを使用します。使う時には切り抜けだとよ】

 ちなみに、ルルブ曰く「経験点が欲しかったらルルブを何冊も買いやがれコンチクショウ!」ということです。つまりこの場合、0ポンドでいくらでも買えということか。ルール的に何も間違ってないですね無問題。バランス?知るか。まあでも、インク業者や紙業者に金落とすくらいなら、デザイナー様に金を送って経験点もらうようにする方が、コスティキャンは喜ぶだろうさ。多分。

関連記事

コメント

S師が全く同じ時間に全く同じことを考えていてワラタw。経験点ルールは無論そのままでした。
ところでこのルルブに重大な欠陥を発見しましたよ!ズバリ、
 キ ャ ラ シ の ペ ー ジ が
 掲 載 さ れ て い な い
【どうでもいい】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/160-75069be2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。