/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[弔文とか] リーンカーネイト:そして今更なお悔やみ 

 リーンカーネイトされてきました。俺復活。五月末に色々燃え尽きてきたため、それ以前の記憶がありません。今学期を振り返るに、とりあえず学業の「が」の字もない春でした。洗面所で身体を洗う技術ばかり上達して………どんな学生だ。


 差し当たって、時節的にさっさとやらないとアレだろう、ということから書き出していこうと思います。
お悔やみ

・矢野浩三郎氏を悼む

 まずは、翻訳家の矢野浩三郎氏へのお悔やみから。

矢野浩三郎氏死去/翻訳家

 矢野浩三郎氏(やの・こうざぶろう=翻訳家、明星大教授)3月26日午後7時45分、骨髄性白血病のため神奈川県相模原市の病院で死去、69歳。福岡県出身。自宅は相模原市若松5の5の1。葬儀・告別式はすでに済ませ、後日、しのぶ会を開く予定。喪主は妻靖子(のぶこ)さん。

 スティーブン・キングの「ミザリー」、ケン・フォレットの「大聖堂」、ジョルジュ・シムノンの「モンマルトルのメグレ」などを翻訳した。

 → http://www5.nikkansports.com/general/obituary/2006/20060326-10009.html

 現在日本で出回っている「ラヴクラフトの全集」と言えば、東京創元社から出ている大瀧啓裕氏の編になるもの(以下『全集』)ですが、かつて国書刊行会から『定本ラヴクラフト全集』というものが出ていました。矢野浩三郎氏は、この国書刊行会版全集(以下『定本』)の編集責任者をなさった方で、親愛なる邪教徒諸兄にも馴染み深いお人と言えるでしょう。

 この場にて、謹んで氏のご冥福をお祈り申し上げます。
 今ごろは、ドリームランドでご清栄のことでしょう。


 しかし記事がまだ残っていてよかった。東京新聞の記事はもう消えてしまっていましたから。まあ流石に2ヶ月余りも経っていますからね………いえ、ちゃんと報道の翌日辺りには「弔文」とか題した記事を書き出していたんですがホントは?ホラ「書きかけ」フォルダ内にちゃんと作成日:4月4日のテキストファイルが【だからどうした】


 ともあれ、神話中最も有名な例の四行詩の和訳に関して、
「久遠に臥したるもの、死することなく
  怪異なる永劫の内には、死すら終焉を迎えん」
派である私としては、大変残念なできごとでした。RPG者として「クトゥルフの呼び声」に親しんだ諸兄には、おそらくこの訳に最も親しみを持っている方が多いのではないかと思います。この訳は矢野氏の『定本』で膾炙したのでしょうから、矢野氏がこの詩文の父の1人と言って………言い過ぎではあるかとおもいますが、本訳を採用した氏の慧眼に敬意は惜しまない私です。

 ところでこの和訳の話にかこつけて、「これまでの日本の出版物における四行詩の訳文」総集など書こうとしたんですが、なかなか国会図書館に行く暇がなくて………結果、弔文もお蔵入り状態になってしまいました。アホか私は。多分その内記事にします。



・中野豪氏を悼む

 次に、イラストレーターの中野豪氏へのお悔やみをば。

訃報:中野豪さん50歳=イラストレーター

 中野豪さん50歳(なかの・ごう=イラストレーター)11日、大腸がんのため死去。葬儀は15日午前10時、東京都板橋区舟渡4の15の1の戸田斎場新館。自宅は非公表。喪主は妻和子(かずこ)さん。
 作品に「大江戸裏ワールド」など。サンデー毎日にイラストを連載中だった。

 → http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/fu/news/20060512k0000m060095000c.html

 うーんもう死後1ヶ月か。矢野氏の時とは違って、卓上ゲーム板とかで一応追悼談義はしたんで自分の中で今更感はちょっと少ないですかね。今も残念なのは、看板を追悼バージョンに改造する余裕がなかったでしょうか。

 私は、氏のゲームイラストレーターとしての現役活動を知りません。しかし中学・高校と古本屋を渡り歩いたあの日々(なんだこの黴臭いガキは……!)に、氏は私を大いに楽しませてくれました。『クロちゃんのRPG見聞録』に『千夜一夜』………今でも時々読み返し、そしてイラストを見ては破顔するのです。

 私の1歳下になるともう、中野豪氏のことを知らなくなるもののようなのが寂しいところです。中野豪追悼セッションということで、黒田氏の千夜一夜的なネタをちりばめたセッションをしてみようか───などと思ったりもしましたが、単なる困ったちゃんネタセッションと思われそうなのが何ともw。流石に、今のRPGのイメージとズレが出過ぎてますからねぇ、あの本も。面白さは分かってもらえるとは思いますけれど。


 とまれ、氏に心よりの哀悼を。

 今何処の次元界におられるのかは分かりませんが、向こうでもきっとセレスチャル連中をネタにしてイラストを描き続けていらっしゃることでしょう。誰かちょっとプレーンシフトして、一枚もらってきてくれませんか?



予定

 流石に月単位で遅れた弔文には今更感が漂いますね!さて。これからの予定は………

 ………コメントへの返事ィ!

 毎回コレやってるなorz。Vampire.S師には本当に面目ありません。これも毎回言ってるぽいのが更にダメダメ感を出していますが、まあぼちぼち書きます。
関連記事

コメント

いや、コメント欄って書き手の都合のいい時に押し付けているものだから(私の場合、メモ欄代わりに思い出したことを書き付けていることが非常に多いですし)、真面目に返事をしようとするとペースを崩してしまうと思いますよ。なので、あんまりお気になさらずに。楽しくのんびりできればいいのではないでしょうか。
  • [2006/06/07 12:28]
  • URL |
  • 匿名血族.S にいさま
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nirvanaheim.blog116.fc2.com/tb.php/100-fb650f9b

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。