スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トールキン財団、知的財産権に関する最近の活動 

 D&D者は「D&Dでいわゆる小人が『ハーフリング』という名前なのは、権利上の問題から『ホビット』という言葉が使えなかった(使えなくなった)ため」という逸話を聞いたことがあるかと思いますが、トールキンの遺産管財団であるトールキン・エステート(以下トールキン財団)の実際の活動事例について、「ハーフリング」の件にも通じる最近の話として面白い記事を見かけたので紹介してみます。三カ月ほど前のブルームバーグの記事、短い二次報なので該当部分を引用します。


→ Apple, Inditex, Tolkien Estate: Intellectual Property - Bloomberg

Tolkien Estate Tells Academic to Stop Using 'Hobbit' Description
The estate of the late author JRR Tolkien has told a New Zealand academic he can't use the word "hobbit" to describe ancient miniature humanoids, 3News New Zealand reported.
Brent Alloway, a volcanologist from Victoria University, was told he couldn't title his lecture about the ancient humans of Indonesia's Flores Island "The Other Hobbit," according to 3News.
He told 3News his fellow scientists had used the term since the Homo florensiensis species was discovered in 2003, at about the same time that Peter Jackson's "Lord of the Rings" film was released.
By coincidence, the average height of the Homo florensiensis is 3 feet, 6 inches high, the same height as Tolkien's Hobbit people, 3News New Zealand reported.

●トールキン財団、大学教員に「ホビット」という説明書きを中止するよう告げる
 著作家である故JRR・トールキンの管財団が、ニュージーランドの大学教員に、古人類の小型模型を説明するのに「ホビット」という単語を使用してはならぬ旨告げたと、ニュージーランドの3Newsが報じた。
 3Newsによれば、ヴィクトリア大学の火山学者ブレント・オロウェイは、自身の講義中にインドネシアのフローレス島の古人類を「もう一種のホビット」と称してはならぬようにと、財団から告げられた。
 彼は3Newsに、ホモ・フローレンシエンシス種が2003年、ピーター・ジャクソンの映画『ロード・オブ・ザ・リング』が航海されたのと同じ頃に発見されて以来、研究者仲間でこの表現を使ってきたと述べた。
 偶然の一致であるがホモ・フローレンシエンシスの平均身長は3フィート6インチ(1.07メートル)、トールキンのホビットらの身長と同じであるとニュージーランドの3Newsは報じている。


 映画ファンなら、権利料についてニューラインシネマとかを訴える記事とかを目にしたことがあるのかもしれません。ともあれ、非営利の学術・公益目的でも禁じるとした態度が報じられています。「ホビット」等のトールキンが創作した単語についての使用を統制するトールキン財団ですが、財団のトップは束教授の子息クリストファー氏。権利料とかの話題で名前を見てしまって残念感を抱いたりする方もいるかもしれませんね。まあ、それはそれ、これはこれ、ではありますが……
 

続きを読む

スポンサーサイト

まどかマギカ劇場版視聴メモ書き起こし 

 さて昨日、友人に誘われて『まどか★マギカ』劇場版の前後編一挙上映を観てきました。いわゆる映像/動画メディアの「まどマギ本編」に触れるのは初です(カット・シーン単位でなら観たことはありますが)。

 自分はどうもいわゆる映画とかアニメとか、そういったメディアに寄りつかないようなのですが、自分なりに考えてみるに、「総合芸術度が高いと摂取して処理しなきゃいけない情報が多様なのに、動画とか音楽とかはリアルタイムで情報が流れて去っていくから、立ち止まって整理したり戻って確認したりしにくいので疲れる」からなのではないかと思っています。もちろん軽く流す分にはそこら辺は大分軽減される筈なのですが、メディアを通じて情報を摂取する形態の拘束力が強いんですよね、こういうリアルタイムプレイ総合芸術って。その点本は、パラッとめくってちょっと確認して即座に戻れるという利点が……(怠惰

 特に、それがすごい作品だと分かっている場合は観ながら認識が蒸発しないようメモを取りたくなろうというものですが、ただでさえメモを取りにくい上に、映画館という場所はその作品の情動操作力や集中力を大いに高めさせる一方、殊に会場が暗いこともあってメモが取りにくいです。困ったものですね。
 ともあれそんな感じに素朴な感想を逐次——思ったことを一々全部書き留めてるなんてことは当然ありませんが——書き走ったので、断片的なメモについての記憶がこれまた蒸発しない内に、速記めいた崩れ字からテキストに書き起こしておこうという作業の結果が以下です。ただの覚書きですし、時系列に沿ってだらだら書き並べてあるだけです。ついでにメモを付したりしている場合もあります。

続きを読む

2013年 賀正 

 新年明けましておめでとうございます。ご覧下さっている方々に感謝し申し上げます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。