スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[800字コラム] 枕草子:親を海に突き落とした男の話 

 枕草子、第287段(能因本数え)。



【原文】


「右衛門尉(うえもんのじょう)なる者の、えせなる親を持たりて、人の見るに面伏せ(おもてぶせ)など、見苦しう思ひけるが、伊予の国よりのぼるとて、海に落とし入れてけるを、人の心憂がり、あさましがりけるほどに、七月十五日盆を奉るとていそぐを見たまひて、道命阿闍梨(どうみょうあじゃり)、

 わたつ海に親をおし入れてこのぬしの盆する見るぞあはれなりける

とよみたまいけるこそ、いとをかしけれ」


【本文】


 男と阿闍梨と少納言の心情。これをどう解すかが問題となる。

 「えせなる」は「卑しい、よくない」を表すが、具体的に何が悪いのかは諸説分かれる。男の苦しみの理由次第で男への、そして少納言への共感度合は全く変わるだろう。「身分が卑しい」説の場合、「低階層の人間が頑張って中堅官僚になるも、出自の低さへ劣等感を持ち、遂にその象徴を消してしまった。でも愛してないわけではなく……人とは弱いものだよしみじみ」という話にでもなるだろうか。「老醜」「人格が卑しい」などの説もあり、先の解釈より身体感覚に近いだけ「お話」と捉える分が減り、同情の余地にも変わりがあるように思う。

 阿闍梨の心の方は二通り、人間の弱さに対する憐憫の情(人間弱いものだなぁ……)と、呆れからくる皮肉(殺しておいて供養か、しょうがない奴だ)とに解される。少納言の感想は難しい。あはれ、をかし、ともに「趣/風情がある、感じ入る」のような言葉だが、寄り添うようなあはれと異なり、客観的とされるをかしは遠巻きに見る感があり、その「をかし」を阿闍梨が歌を詠んだことに対して投げるわけだ。

 阿闍梨の歌を憐憫、「いとをかし」を「非常に趣のある」としたとしよう。枕草子の背後に見える少納言はそこで神妙に上品に、深々と同意しているような女性だろうか?私にはニヤけながらこう言っているように見えてしまう。「いやーホントいい話よね、趣深いわぁ」。

 斜に構え過ぎではないか。

 阿闍梨の歌は皮肉と解する方が少納言の人格はフォローされそうである。呆れをオブラートに包む阿闍梨、その呆れ顔を思って笑う少納言。そんな図を想像してもらえばよい。その方が枕草子らしいと私は思う。

 こうなると男には同情の余地がない方がいいというものだ。人々や阿闍梨には素直に呆れてもらおう。というわけで彼には単に、ダメ人格の親にキレて殺してしまうが習慣なので供養はする、みたいな輩であってもらいたいわけである。


【訳文】


「右衛門府で尉官をやっている男がいるのよ。そいつにはアレな親がいてね、そんな親を他人に見られるのを不面目でみっともないことだと思っていたのだけれど、伊予(愛媛)から上京しようって時にそいつは親を海に突き落としちゃったのよ。みんな噂して、悲しいとか情けないとか嘆かわしいとか呆れ返ってたんだけれど、その内に七月十五日になったのね。なんと、そいつが盆の供養を仏様にお供えしようって準備してるのよ。それをご覧になった道命阿闍梨が

『自分で大海に親を突き落としておいて、お盆にその親を供養しようっていうこの供養主の姿を見ていると、まったく、実に感じ入る何やらを受けるってものだよ……』

という感じに歌でお詠みになったんだけど、ほんっとウケるわよねこれ」

続きを読む

スポンサーサイト

ルドルフ・ヘス ~ 二十世紀のディオゲネース 

【ゲルマニア・タルムードより抜粋】


 このような話が伝わっている。

「将軍は、白昼に照明弾を上げながら自陣を歩き回った。憲兵が来て何をなさっているのか、と尋ねると、将軍は応えて言った。『わしは兵士を探している』。将軍は拘禁された」。

 そしてまた曰く、

「そのような時に、将軍は副官に営倉を指し示し、『MP達はわしのために住み処をしつらえてくれる』と謂うのが常であった」*1

 ラビ・ニルヴァナヘイム曰く、
 「この将軍は潰走した兵を立て直した直後であった」。

 またラビ・イム・ヴェルトクリーゲ曰く、
 「重営倉を我が家とし、愛された、最後の将校。まるでヘスである」。

 ヘスとは誰か。それは、闘争の証言者である*2
 ヘスについてはまた、『列伝』*3に次のように伝えられている。

「ある人から『ヘスはどんな人だとあなたには思われるか』と尋ねられて、『総統閣下だよ』とボルマンは謂った。『狂ってはいるが』」。

 ラビ・イム・ヴェルトクリーゲ曰く、
 「ヘスは、ディオゲネース同様の理由で愛され続けるに足る人物である」。
 また曰く、
 「ヘスにいま少しの知性があれば、大川周明になれただろう」。

 一方、総統のヘスについての態度は次のように伝えられている*4

「副総統が逃亡したのを探すようにと忠告する者たちに対して、『おかしな話だよ』と総統は謂った。『もし、ルドルフはアドルフ無しにも生きていけるが、アドルフの方はルドルフ無しには生きていけないとすれば』」*5

 また、こうも伝えられている*6

「総統が、『もし自分がヒットラーでなかったとしたら、ヘスであることを望んだだろうに』と謂った」。

 ラビ・ニルヴァナヘイム曰く、
 「ヘスであるとは、敵にすら住み処をしつらえさせる男であることである」。


【現代の注釈者の註釈】

 1) 未詳。固有名詞での伝承は確認されておらず、史料による裏付けもない。
 2) ルドルフ・ヘスが『我が闘争』の口述筆記者であることを示している。
 3) 邦題『ドイツナチ党員列伝』を指す。続く箇所は第六巻第五十四節にある。
 4) 同じく『列伝』からの引用であり、この箇所は同第五十五節にある。
 5) 同第四十四節より。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。