スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒストリーの資料をいくらか 

 某所の話を受けて。まず基本マップ。

 → history_board.jpg

これだけでは何なので、一応ざっと出現表を拵えてみた。

 → appearance_table.jpg

どれくらい粗製かというと、数字を配置し終わった後になって、黒字に白文字の方が見やすいからこっちを帝国に使えばよかったと気付いたけど、直すのメンドいから放置したくらい。しかしベースのマップの明度を落としてみると、

 → appearance_table_dark.jpg

普通に白地の方が見やすいな。あと、コントラスト強いから白黒でプリントした時に栄える気がする。グレイスケールでざっと見てみたけど、こっちの方がモノクロプリントするにはいいかも。

普通に背景のコントラストを落とせばいいという説もありではある。

 → appearance_table_clear.jpg

とは言え、これはあまり趣味ではない。

スポンサーサイト

勝手にサンプリング:外人ゲーマー編 

 要は、ゲームショップでコーカソイドな方を見かけたので、勝手に氏の言動をチラ裏させてもらおうという話。

続きを読む

シノワズリ? 

 『Advanced History of the World』なるものを作ってる人がいて、ざっと見悪くなさそうかつ私の趣味に合っていたので翻訳してみているところだったんですが、エンパイアリストの『漢王朝』のナビゲーションに「Indian+, Pacfic+^」という文字が。インド洋と西太平洋だと……バ、バカな。


 中原(華北平原、Great Plain of China)に出現した漢朝が、突如としてナイルデルタに超遠征上陸とか普通にやるってのか。どこの World の History を参考にしたんだw

 妙にストレングスも高いし……これどこの近代ブリタニアw?やっぱり帝国主義は中國が起源ですか?


 ヒストリカル・マニアックな方向のゲームかと思って見ていたらいきなりファンタジー爆弾を投げ込まれたので、正直何と言うかその、引いたw。見なかったことにしようかな……

狂信者について多少の検証、またはとある版ごとの変遷 

 HJ版ルルブの職業:狂信者ですが、「ただの見落としかもしれない」とか言って放置するのも個人的にアレなので、ルルブを確認してきました。&それだけで終わるのもアレなのでさらに多少の随想を。

続きを読む

職業:狂信者 

 私の世界は狭かったシリーズその2……
 というより、文化的バイアスっつー文脈の話?

 可能な行動なり、能力を「技能」という形で細分化するシステム――所謂、クラス制と対置して言うところの「技能制」のゲーム――には、大抵の場合技能をパッケージングする枠組みが定められています。端的に言えば、ルーンクエストとかガープス・ルナルとかトラベラーとかで、職業なりカルトなりでもらえる技能が決まったりしますよね。あれを指して言ってます。今回のネタはそんな例の一つ、クトゥルフBRPの技能パックから。


 クトゥルフのキャラ作成――特にここで言うのは技能取得システムですが――は、BRPの元祖ルーンクエストからはかなり簡略化されたものです(無論、5版とマングースRQを比べたりしても同じことが言えます)。能力値であるEDU(エデュケーション、教育度)の20倍をスキルポイントとしてもらい、職業などという形で一定の技能を指定されて、それに割り振る。以上です。生まれでどうこう、経歴で云々、年数が、などとはやりません。

 あとINT(インテリジェンス、知性度)の10倍を自由に割り振るのですが、実は以上で触れたクトゥルフのメカニズムは以降の話にさして関係ないので(爆)どうでもよろしい。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。