/*//blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の雑惑 

・同人誌という単語はすっかり「出版社など商業流通を通さない書籍」程度の意味になっているようだが、狭義の同人誌というか、所謂ファンジン的なものだけを指す別の日本語があればいいとたまに思う。なくて困る場面が私の日常にあるわけではないので、かなりどうでもいいのだが。

・クトゥルフのセッションで、PCの一人がこけしマニアの高校生になってこけしの体験製作でPOWを込めたりした揚げ句、最後には職人に弟子入りすることになった。セッション後の飯でさんざ「いや、こけしマニアはおかしいだろwwww」と言ってしまったのだが http://ja.wikipedia.org/wiki/こけし を見るとこけしのマニア層は斜陽の業界を支えて持ち直させるほどの存在だったらしい。私の世界は狭かった。

・理念という単語に反応して「理念だけあっても実務はできない」とか「実際の人間はそんなにソフィステケートされてない」とか言い出す人を見ると、「ああ、ソフィスティケート(笑)されてないなぁ」と思わざるをえない。コムズカシイ言葉に見えない敵を感じる人っているよね。

・コンベンションや外部セッションでは、「こんな人とプレイしたくない」と思ったら(分かっていれば)プレイヤーは特定のGMを回避することができる。というか、彼はNPCに特定の位置づけを与えることについて話していたのだから、そのままのレイヤーで論理を展開すれば(それだけに終わるかはともかく、すべきではある)、懸案となる「プレイしたくないという評価が与えられるかもしれない立場」はプレイヤーというよりGMになる筈なのだが、自分の方がそう思われる可能性を一顧だにしていないのだろうなぁ。

・マッハ頭突きの結果をチャンピオンREDに掲載することは可能だろうか。相当グロいだろう。というか、しならせる「真・マッハ突き」でないただのマッハ頭突きですら既にアウトっぽい。しかしチャンピオンREDならできる、できるのだ。
【別に見たくない】
マッハ頭突きでググったらかなり引っかかった。皆同じこと考えてるんだなぁ。

・しかし持ち上げるだけ持ち上げられてここまできたか……まあ少なくとも、アライJr. の時と違って漫画としては面白いのが救いだ。いくら板垣漫画でも、ストーリーとしてこれをやってしまったからには再生しないのだろうなぁ。でも冷静に考えて、アキレス腱の辺りをパックリ食いちぎられた渋川先生と深刻度に大差があるような気がしないので、再生しないのもおかしい気がする。
スポンサーサイト

文字と官僚と魔術的職掌 

 『蒼き月の囁き』様の「グローランサの識字率再び」のコメント欄に勝手に蛇足な補足(なゆた氏の記事に直接関係ないので自分のところでひっそりと)。引用については、段落系など勝手にいじらせていただいてます。

Vampire.S にいさま 2008/09/25 21:29
ちなみに、
 ・文字はあるんだけど、魔術としてしか認識できない
 ・官僚機構は既に発達している
という状況の現実例としては、中国の周王朝(春秋時代より前)ですね。

Epikt 2008/09/25 21:37
>中国の周王朝(春秋時代より前)
殷と周の初期だと文字はほとんど記号扱いで文章ではないのでは。その場合、官僚機構と文字の関係はあまり無いように思えます。

Vampire.S にいさま 2008/09/25 23:03
>殷と周の初期だと文字はほとんど記号扱いで文章ではないのでは。
うーんと、既に文章にはなっています。「何年何月何日に以下のような経緯で以下のことが起こった。以上を記録する」とちゃんと書いてあるので。
ただ、"官僚"、即ち文書行政を行う人物がちゃんと成立したのは仰るとおり、春秋時代以降ですね。ただ、当時もいわゆる役人みたいな職はあったので(魔術技官みたいな感じだけど)、前述の表現をしました。そういう意味で、一番適当な場面は各金文と侯馬盟書の間の期間なのかな。

 ぶっちゃけると、以下の文字起源説は基本的に白川静説の受け売りですが、白川氏の本をまっとうに読んだことはないので不正確なところや白川氏の論と違ってるところがあったら私のせいです。
全文を表示

草稿1のおさらいとトラバへの感想 

 見事に十日放置。でも十日は短い気もする。とまれ、そろそろ続きでも書くかと思いつつ、トラバされていたようなのでその前に何か書いておこう。さって……
全文を表示

脇役やろうぜゲームの話:草稿その2 

 そういえばとて、とりあえず書いた部分だけ続き投下。
 完成させるまで眠らせておくと、永遠に眠ったままになる予感がするぜ。
全文を表示

脇役やろうぜゲームの話:草稿その1 

 最近SW2.0でオンセをしています。と言ってもまだキャンペーン第3回、オンセでは二回目。色々な経緯でPL4人のPC+GMの持ちNPCの5人パーティになっているのですが、そのNPC(以下「ベル」)が面白い?ことになっています。以下週頭の身内トークより抜粋的なアレ。

mumyousyou:ベルは狂犬RPかネタ発言が80%で、それを除くとほぼ何も残らない
laeva:てか、最終的にはNPCだからなぁ
mumyousyou:そうだねえ。PCより目立っちゃいけないという不文律が
laeva:あと、ネタで騒ぐ以外のところでキャラを出す発言なりやり取りをすると、独り芝居モードになって気まずさが漂うw
mumyousyou:わかるわかるw
laeva:その不文律よりこっちのが問題かと思うw
Heno:GIN☆YOU☆SHI☆JIN!
mumyousyou:だからlaevaかHenoがGMをやってくれればいいんだ。そうすれば俺も安心してベルのRPを

 つまり、「GMの持ちキャラでPCパーティの一人と言えど、結局はGMが操るNPC。PLがPCを使って発言したりキャラとして何か言ったりするのと同じように扱うわけにはいかない」というわけです。数合わせ的要素が強いですから、基本、PCパーティの一員としては能動的な行動を行わないということになる。

 で、その結果。ベルがベルとして発言する時というのが、GMがGMとしてよりもただの卓の一人として動いている時……場を湧かせた時何かネタを思いついたりギャグに走ってしまった時のみで、しかもそれが「ベルについての印象の全て」ということになってしまったわけです。その結果がこれ(狂犬化)だよ!身内ではベル化現象と名付けられました。

 さて、ベルの悲劇自体は実はどうでもよくてw、話題の始点は悲劇自体ではなく、先に悲劇から取り出した構造にあります。以下で書いていきたいことは、あくまでもタイトル通り「脇役やろうぜゲームの話」……もっと言えば、「『PC(の全部ないし一部)が物語の脇役たること』が正当化される枠組みについての話」になります。
全文を表示

プーチン首相、トラの襲撃からカメラマン助ける ――ロイターより 

 ロイターの記事より、タブ消化シリーズ。


プーチン首相、トラの襲撃からカメラマン助ける=ロシアメディア
プーチン首相、トラの襲撃からカメラマン助ける=ロシアメディア
2008年 09月 1日 14:25 JST[モスクワ 31日 ロイター]

 ロシアのメディアは31日、プーチン首相(55)が、野生のアムールトラの襲撃からテレビ局のクルーを助けたと報じた。同首相は、研究者らによる野生のトラの監視方法を視察するため、国立公園を訪問していたという。

 同国の主要テレビ局によると、プーチン首相はわなにかかったアムールトラを見るため、野生生物の専門家たちと一緒に現地に到着。その際にトラが逃げ出し、近くにいたカメラマンに向かって走ってきたが、旧ソ連国家保安員会(KGB)出身のプーチン首相がすばやく麻酔銃を打ってことなきを得たという。

 プーチン首相はその後、トラの歯の計測や、首の周囲に衛星発信機を装着する仕事も手伝った。


 その場一同「(((;゚Д゚))」

 プーチン「監視技術が甘いようだね同志公園長」

 国立公園長「((((((;゚Д゚))))」

 プーチン「どれ、発信機のつけ方も指導しようじゃないか」


 ロシア的には美談になると思って報道が許可されたり流されたりしてるんだろうけど、海外の野次馬的には 流石かーげーべー。としか思えないのでありましたまる.

「離発着」という単語 

 でしたコメントを読み返してみたら、自説を結構気に入ってしまったので改修して載っけておくことにしました。ついでに「ことば」カテゴリを作成。お題は「離発着」という言葉についてです。
全文を表示

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。