/*//blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつてなき寸鉄 

 今日の寸鉄は五句中、四句もが要注目のかつてない号で、感動。素晴らしい。

 最初の句の「ノーベル平和賞受賞者」にルビで実名を入れないのは、まあ表現の限界なのか。残念。第三句は打って変わってルビが。実名出してやれよw 四の句は、海原雄山がサラダ勝負で出してきたトマト丸ごと一個のごとく、正面から雄大に味わうべきもので、何も言うべきことはなし。第五句は、以前日顕批判で使われた「阿呆主」に比べると流石に劣るが、まあ面白いと言えるだろう。しかし、やっと竹入批判が出たと思ったら今度は竹入ばっかりだな。

 ちなみに「寸鉄」というのは某聖教新聞における……天声人語というか、まあそんな感じなもので、聖教新聞における最も価値のある記事です。爆笑ものなので、聖教新聞を読まされる機会があったらとりあえずここだけ読みましょう。とりあえず、近所のおばさんが「聖教新聞とりませんか?」とか通いつめてきたらこう返せばよろしい。
「寸鉄のスクラップだけくれ」
おばさんが既知外を見るような目で見てくるのであったら、彼女は聖教新聞もまともに読んでいないモグリです。間違いありません。
「折伏が足りん!」
と言ってドアを閉じれば二度と来なくなるでしょう。

 いつも思うのだが、神社新報も見習えばいいのに。プロパガンダ以外は変にまともだからな……「記者のことのは」とか、なんでこんなまともなことしか書けないのかと。
【そりゃ普通人だからに決まっているのだが】

 ところで労働収容所組合よ、世界初の寸鉄専ブログはまだかね。君に頼り切りになる気まんまんなんだが。
スポンサーサイト

古伝 in RPG 

 NAGOYAが後輩のRPG初心者にて発動せし時、先輩として如何なことをなすべきか。小生思うに、ただこの三字を伝授するのみ。

「 死 而 学 」

For 十色氏

 たまには真っ向衝突もいいのではないでしょうか

音楽とうたと神話 

 レヴィ=ストロースは「音楽と神話には類似した構造がある。それは、どちらも言語というものの表現構造から発生したものだからだ」的なことを言っている。

 明らかに神話側からものを見た考え方をするが、「音楽と『記述された』神話」の間に類似した構造があるのであって、その前に「うた」があり──そして原古なる「うたわれたもの」が即ち神話なのではなかったか、とさっきふと思った。自らの発する音、その一番端的なものである音声に秩序を見出す。それこそが言語であり、「うた」であった。言語がうたを生み、うたは神話を語った。



 結構それっぽいな。木曜の卒論演習までにこれをネタに何か形にできないか私よ。文学神話起源論の勉強もせずにできるかは怪しいが。

 非原点束縛 

 まず私の関心として「非原点束縛的な、RPGの包括的ゲーム性」という話題があります。端的に言えば、所謂「ストーリー重視」スタイルにもゲーム性はあるのだ、という話。「現在のRPGシーンはストーリー重視スタイルに偏り、ゲーム性を重視したスタイルは希少になった」などという言説は全くナンセンスなもの(これは、「現在」っていつよとかの分析的な意味でなく)であって、あるスタイルが敷衍しているのならば、そこにも、そこにこそ「ゲーム性」を求め、認めるべきだと考えるわけです。
 分析概念としては無意味化して久しいRPG三世代論

 普通 

>「普通」であることに価値を見出すメンタリティとはどんなものか

1.「普通でない」と他者に認めてもらいたい
2.「異常」コミュニティと「普通」コミュニティ両方に帰属心を持つ

とりあえずこの二つが即座に言語化できるものとして挙げられるか。それぞれ「普通(平凡)コンプレックス」と「異常コンプレックス」に対応している、と言うこともできる。いや、1は「普通と主張することに価値を見出す」メンタリティでしかないか。これが真っ先に出力されたのはつまり自分を他ならぬこの視点で捉えているということではある。まあ、これもまた異常コンプレックス/普通人願望の産物なのか、という鶏卵の前後話が発生するので、まともに思考をせぬのが我が流儀。
全文を表示

噂のスマートなやつ 

 さて、我が最愛の同志パワーブックがついに倒れてしまったわけですが、ちょうどいい機会なので昨年来噂のスマートフォン、「W-ZERO3」に手を出してみました。

 いや、同志パワーブックはもちろん現場に復帰させるつもりではありますが、ほら、あれです……ノーパソは重いわけで、やはり間に入るPDA的物質はあらまほしきもの。


 ちょっとさわってみた限りではいい感じ。これはいけますね。部室にマニュアルを置き忘れてきたのは厄介ですが……まあしゃーないです。

 てなわけでちょいと記念夏季子。

NTTが毎秒14テラビットの光伝送に成功  ─ CNET JAPANより 

 『ハイビジョン映画約140本分を1秒で転送--NTTが毎秒14テラビットの光伝送に成功』
  ─ CNET JAPANより

 NTTは9月29日、1本の光ファイバで毎秒14テラビット(Tbps)の超大容量データを、160km伝送することに成功したと発表した。今回の成果は、9月24日からフランス・カンヌで開催されたヨーロッパ光通信国際会議のポストデッドラインペーパとして報告されている。

 やはりNTTは素晴らしい会社と言えるでしょう!

 前世紀は、分割などしてアメリカに踊らされっぱなしだったのが残念なことです。R&Dができる会社にばかり圧力をかけてどうする。情報スーパーハイウェイもつぶしちゃうしさー。

イケダアミバ 

コミックボンボン増刊号『アブラカダブラ』
 → http://bombom.kodansha.co.jp/?module=Special

 ページ一番下に注目。

 ……イケダアミアキバという組み合わせは、果たしてボンボン(の増刊)誌上でやっていいものなのだろうか。現代小学生の情操教育の危機と言うべき、由々しき事態である。

包括的RPG理論に向けて、覚書1 

RPGとは
「ストーリーテリング(物語り)」
「コミュニケーション(意志疎通)」
「協調(コオペレーション)」
の三位一体(を根本要素とした)「ゲーム」である

 この三位一体を無理やり一語で表すと、
 ストーリーコ・テリング(Story Co-telling)
 という風にでもなるだろうか

 注意すべきこと
 日本語における「ストーリー」という単語に係るバイアス
 完成された形の「物語」という意味合いが強いという事情
 むしろ「物語る過程」こそが本質で、過程=RPGである

以上、「RPG」という述語を、一般的な単語に要素分解した
三位一体と称した各要素を「一次要素」と総称する

どのようなゲームとして現れるか:一次要素のメカニズム化


×××××
ストーリーテリングのメカニズム
物語るメカニズムである、つまり、「汎的な」物語りメカニズムであるという点はRPGの特徴であり、この汎用性故に、「如何なるストーリーを語るか」という点でプレイスタイルの相違が発生する。これはRPGというジャンルの共有特徴であるから、個々のタイトルに具体的に実装されたメカニズムに依存しない物語りは容易に行ない得る(あるタイトルのポリシー:スタイルの傾向示唆、を逸脱することそのものによってはゲームは崩壊しない)。故にスタイルの相克の幅も広い。
×××××


ストーリーテリングのゲーム

語られるストーリーの型
「戦い」のストーリーテリング
「探索」のストーリーテリング
 (世界観・風景・情報が明らかになっていくような語り)
「人間劇」のストーリーテリング

語り方の型
「障害解決型」のストーリーテリング
「情報パズル型」のストーリーテリング
「物語構築方」のストーリーテリング

「アドリブ方」のストーリーテリング


RPG以前のゲーム

「戦い」のストーリーテリングゲーム:
 チャトランガ系のボードゲーム、囲碁、
 シミュレーションゲーム・ウォーゲーム、
 ミニチュアゲーム、

「探索」のストーリーテリングゲーム:
 囲碁、双六系のボードゲーム

RPG以前のゲームは、基本的に「協調」を本質としないこともあり、「語り方」の面では基本的に「障害解決型」となる。ストーリーテリングメカニズムにおいてRPGに近しく優れていたゲームは「詩人・歌人の歌比べ」などに限られていたと言える。この種のゲームは、ストーリーの型の汎用性においてボードゲームを本質的に凌いでおり、RPGに近しい。中でも連歌のようなタイプのメカニズムは、「協調」を一次要素に配置しうるという点で、ストーリーテリングゲームとしてはRPGに極めて近くカテゴライズできる。

狂の出来事 

・ノーパ大不調

Powerbookが不調に。壊れたか。起動するのに一時間。一時期は起動しないこともあったが、どうにか見れはする模様。とりあえず久しぶりにメンテソフトをまわす。

バックアップしてないので、修理に出したらHDが消えるかも。書きかけの文書群がすべて消えるのは惜しいと思わないでもない。とて、書きかけで放置したテキストなど永劫に完成はしないだろうのでどうでもいいとも言える。


・メモの場としての活用

自戒。分を考えれば、文章は完成させなくてはならないなどとはおこがましい考え方である。デスクトップに放置するよりも、ここにメモを置こう。


・大学の帰りにて

久しぶりに吉野家牛丼を食す。美味し。のむひょんがバイトをしていたのに驚く。


・マイムマイム

マイムマイムがイザヤ書よりきていることを知る。恐ろしきは日本の宗教教育よ。Ir'at adonai, reshit da'at. 神への恐れは知恵の始まりなり。日本全国の小学生が儀礼の訓練を積んでいる現状、いかがお過ごしか。

ところで先生のヘブライ語アルファベタイズと、ネット上に見られるスペリングが違うのはどうにかならないか。


・Mixi

某mixiに久しぶりにまともに接続。戦争狂の牧口先生の襲来。恐るべきことなり。誰かあいつを折伏しろ。とまれここが発覚したからには、これからは大手を振ってトラバできようもの。

牧口先生が各コミュで暴れている模様だが、あれが釣りであるか否かに関しては、大いなる哲学的思弁が必要である。というか、あれらのトピックを見て爆笑する自分たちのセンスに今更ながら驚愕。


・マイミク

その労働収容所つながりだろうか、まったく知らない人から申請を受ける。察するに学会関係(支持不支持は知らぬが)の何かしらであろうが、何か期待されているのであろうか。かの学会に関しては理的叙述を行う気がまったくないので、私にはせいぜい○○講評(○○新聞などとっておらぬので不定期)程度しかできぬ。


・ゲットー

上の労働収容所というのは人名だが(改名したそうだが知らぬ)、収容所といえば昨日行ったゲットーはなかなかであった。月燈と称するはセンスがよろしいが、アルファベットで"Ghetto"と併記するぞ、よりハイセンスなり。

一般の飲み屋と違い、食事は量も確保されており、好感度高し。ペペロンチーノはトラップだったようだが、多用する甲斐のある店と思われる。

しかし牧口先生がエール共和国派同志であることが発覚するなど、散々な店であった。我が大ペルシア主義が彼との衝突材料として浮上したのはよいところである。

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。