/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『トーキョーN◎VA−X』シート類の公開と雑惑 

 十年の時を経て出たトーキョーN◎VAの新作、『トーキョーN◎VA THE AXLERATION』。そのブランクシートがJGCに当たって先行公開されました。

 → トーキョーN◎VA THE AXLERATION

これを見た雑惑を色々メモしておきます。


■プロファイルシート(→シート

●「ライフパス」の欄を見て「ゑっ」てなった。N◎VAで、特には「邂逅」かぁ……N◎VAも十年間のDを過ぎて一層「スタンダードなゲーム」になっていくのかとか感じたりしてみました。
●CSについては別記。
●一般技能。種類としては、〈売買〉がなくなって、おそらく〈信用〉になった。調達一般が信用(クレジット)で包括されるというのは、いいのでは。あと個別専門技術技能以外にデフォルトスートが足された、という感じでしょうか。自我の標準スートは生命から感情に。
●特技が「スタイル技能」になっているように見える。特技自体「特殊技能」で「技能」概念の一部だったわけだけど、そこが分かりにくい場合があったので変更ということでしょうか。分かりやすいですね。スタイル技能の「上限」は、個別に定まってるからには、特技ごとにレベル上限がつく?
●防御値、爆と殴が統合された?(Slash/Pierce/Impactとか?)
●住居は隠匿値が登場判定目標値になったという感じでしょうか。
●装備エリア、全般的に行数が縮小されましたね。


■レコードシート(→シート

●ルーラーの英名がDATEになってる。これは単純なミスですね。
●CS(コンバットスピード)なるものが搭載されましたが、AR(アクションランク)の健在が確認されましたね。
●シナリオ目的指定(PS)がデフォルト搭載に。
(経験点関係)
●「依頼のリプレイやイラストを描いた」が「ルーラーの依頼を果たした」と一般化しました。「キャライラスト欄埋めてね」とかでもOKということですね。
●「素晴しい活躍をした」は「よいロールプレイを行なった」になった、ということでいいのでしょうか。ある意味ゲーム世界に関わらないセッションの盛り上げ方をしたとかが排除される方向になったのかもしれません。
●「他のプレイヤーを助けた」が「他のプレイヤーを助ける言動を行なった」になりました。「プレイ世界内だけでなくプレイヤーレベルでの助言とかでもOK」と明確化した、ということでしょうか。
●「ルーラーのストーリー進行を助けた」は「アクトの進行を助けた」に。「『アクトは大盛り上がりしたけどルーラーのストーリー進行はまったく助けてないね』と全会一致でこの項目を辞退した」という現象は発生しなくなりそうです。
●「うまい神業の使用」。何か言おうとするなら、「回数」でなくなったことで、神業ごとの点数格差とか、上手さの序列とかを設定できるようになっているかもしれません。
●「シーンに登場した」が「□□□□□(最大5)」に! これ普通に1シーン登場でチェック一つでいいんでしょうか。他の経験点が旧来の1点から5点に上昇しているため、相対的にプレイ評価(経験点)におけるシーン登場の価値が低下しています。まあもともと地蔵とか非協力プレイを防ぐ飾りのようなものだったという話はありそうですが、他の項目でそういった役割は果たせてそうですね。


■アクトシート(→シート

●さてCS(コンバットスピード)の件。場共通のイニシアティブ管理システムが載ったということでよさそうです。プロレスだったN◎VA界に多少一般的戦術性が加わるという感じになりそうなところでしょうか?シャドウランの2ndから3rdにかけて、イニシアティブが上から下へと単純遷移していたのが、まず一人一回ずつ順番に動いて、複数回行動できる者は追加の周回で追加のターンをもらう仕組みになったのが思い起こされます。


 とりあえずこんなところで。実際にプレイした人の報告が楽しみですね。
スポンサーサイト

合宿N◎VA随想:2 ~トーキーの話? 

 トーキョーN◎VAなどをやっていると、しばしば政治的・社会的な振動を扱ったシナリオに遭遇します。このようなシナリオにおいて、私は計画立案なり事件後の事態の収拾などについて口を周囲より出すことが大なのですが、これは全くもってPLの性向故という面があり(物事・状況を無難に進行させようという欲求が強いみたいです)、PCのキャラクター表現とは全く関係ないこともしばしばです……


 最近あった話では、『比叡山炎上』付属キャンペーンでのことですが、こんなことがありました。
(敵城主との会談において、政治的(かつPCの保身的)最適解を生み出しそうな計画を話しあう。概ね、計画をとりまとめて)

 「……というような感じかな。で、それを、玄文(隣のPC)が考え出して、俺に内密に皆に言い含めます」
玄文 「おいw」
一同 「ちょwww」
 「だってしょうがないじゃん佐介(※1)なんだしw!俺はそんな陰謀があるとは露知らず、ついに見ることが叶う大名物(※2)のことしか考えてませんよww?」

※1 私のPC名。なおウチの比叡山炎上は、山田芳裕 『へうげもの』史観配合で進んでおります。
※2 戦国武将、松永弾正久秀の持つ茶釜、天下無双「平蜘蛛」のこと。ちなみに計画には「平蜘蛛の爆破」が含まれていました。
今思い返せば、我ながらひどいものだw。まあ玄文は、PL・PCともにちゃんと策士で、その辺の信頼感があるからこそ言えるのですが。ついでですが、どう見ても「俺のキャラこういうキャラだからそういうことしません」なのには思わずガッツポーズせざるをえない!


 さてそれはそれとして、「事件後の事態の収拾」と、PCのキャラクター表現が背反するのには困りもの。

 PLの意志の通りに事件後の事態の混乱を収拾するためには——というか、ぶっちゃけ政治的欺瞞によって事態を無難な方向に収束させるためには——PC側からの情報発信能力が重要になりますが、N◎VAにおいてはそのルール的手段がPCに保証されています。具体的には、トーキーが神業《暴露》を持っています。

 この神業は、どんな状況でもどんな事柄でも自由に情報発信でき、その情報発信自体に説得力があれば即座に社会/世界にその情報が受容される、という効果を持つ)。これまでの文脈上で語ると、わあい大本営発表に最適だー、という感じな神業で、敵の黒幕や、その腹心であるゲストが使ってくることもしばしばです。しかし……

 ところでN◎VAの神業には、それぞれ「うまく使う」方法が規定されています。具体的には、神業の説明に「条件」というのが書いてあって、これこれこういう使い方をしたら「うまく使ったとして経験点をもらってよい」と指定されているのです。で、《暴露》の条件は「自分の信じる真実を衆目に晒すことにより、どんなに小さくても世界を変えることが出来たら」というもの。

……大本営発表できねぇーw!


 神業とは即ちあるスタイルの物語的な最大の見せ場であって、その「うまい使い方」というのは、FEARからの「そのスタイルにはこういう行動をとって欲しい」という具体的要望であり、原風景の提案と言えるでしょう。N◎VAというものはなんだかんだ言ってやはりサイバーパンクが原型になっているので(サイバーパンクというジャンルの拡散同様に、N◎VAのイメージもまた拡散してきましたが)、「あなたは〜である」といったスタイルのデフォ解説や、「スタイル」の発露であるところの特技や神業のラインナップ・説明はサイバーパンク的お約束にのっとったものになっています。

 例えば「クグツ」はメガコーポの秘密工作員で、社のために忠誠を尽くす存在であるし、「カタナ」はストリートのサムライで殺し屋、そして「トーキー」はフリーな気概を持った報道人で、記者魂に溢れ、メガコーポの抑圧を振り払って世界に真実を伝える存在なのです。つまり、本来(PCの)《暴露》は、大本営発表のために用意されたのではないのですねw。


 まあ、大本営発表が必要だと思ったら経験点なぞうっちゃればいいわけで、合宿の折りのN◎VA(ちなみにヒルコSSS)ではそうしたわけですが……今にして思えば、別に、描いた絵に虚実は別になかったのだから、「これが自分の信じる真実です」言って経験点もらえばよかったかも(この「自分の信じる」という文言、怪しいですよね……w)。

 しかし、勢力対立を影で煽っていた黒幕、真教浄化派のボスが「我々が真実を作るのだ」的なこと言ってたので、同じ穴のムジナになるのが非常にアレですw。FEAR様は「こういう連中の虚構を暴いて報道するのがトーキーだ」と言っていると思いますしね……まあ、PLが口喧しくして作った絵を、どうしてPCに真実と主張させられるでしょうか、ということもありますw。


 そもそも、別にそういう(事態収拾屋)キャラでなく設定したしなぁw。最終的に脳が麻痺してきたので、結局PC1とNPCの事件解決の方法に色々注文をつけて、PC1が選択した勢力(まあ勢力抗争の物語ではなくなっていたので、勢力を選択したわけではないのですが)が世界になんとか受け入れられるような(と私が思う)形にまとめたわけですが。終盤はそれを《暴露》するだけの存在だったな私のPC。エンディングフェイズでは何気なく原型のキャラっぽい後始末はつけましたが……どこへ行った私のキャラよ。
 RPGの腕というものがあるとしたら、「PCの設定・属性・状況と、PLの意志(メタ視点)を融和させた演出を行える」というのがその指標の一つになるのは間違いないと思うのですが、その意味では私はまだまだ腕が悪いですね。疲れて知能を働かすのが面倒になると、前者に沿った演出をついうっちゃってしまう。まあ、大本営発表をしている立場は概ね裏方なので、裏方の描写なんぞしてられん的な発想が働く、というのもあるのですが。演出家に徹して、ストーリー全体の物語りに関わる。ロールプレイングゲーマーとしてどうなんでしょうね、これは。自分の手駒(自PC)を使った物語り、という面での弱さが(能力を発動しているのは自PCにしても)敗北主義的かも。

 この点に関しては、色々と反省が大きいです。自分のキャラ表現だけでなく、全体としても、ですが。いつものトーキー枠(PC5のことね)ならば、これも十分許容範囲内だと思うのですが、あのシナリオでPC2としてトーキーが提示されていた意味は完スルーしていましたからね。物語にメリハリをつける意味でも、もっとエクシードに喧嘩を売るくらいの姿勢でいたほうが——メガテンで言えばニュートラルルート——よかったのかもしれない。別のPC(PC1)のところで大きな物語が発生したからといって、それに迎合していつもの演出家枠に走ったのはまったくもって、ぬるかった。



 書いてる内にとりとめもなくなったのでこの辺で。随想というタイトルは便利だ。てか、特に構想もなく書いていると、語るべきネタが次々と発生するにも関わらず、「全体」を構成できなくなるな。当たり前か。

合宿N◎VA随想1;RLに向けたメッセージ 

 この間久しぶりにトーキョーN◎VAを遊んだのだが、それに関してRLが色々思い悩んでいる模様。自分の挙動についても色々と振り返るべき点はあるのだが、まずは彼の煩悶に対して言っておくべきことがあると感じたので、そこから始めることにする。趣旨上、超☆偉そうだが気にしない方向で。


1.吟遊詩人の話に対して

 君は「吟遊詩人になってしまった」などと何度も口にしている。最初に言っておきたいのはそんなことはないということであり、この誤解を解いておきたい。例えば「エクシードがPCと共に戦闘に参加したりエクシードの神業が事態解決の一端を担ったり」を指して「吟遊詩人プレイに走ってしまった」と考えているのならば、それは誤りであると言わせてもらう。

 RPGのプレイング用語としての「吟遊詩人」とは何か。NPCが活躍すれば吟遊詩人か?違う。私は、魅力的なNPCの活躍にPL達が喝采を送るセッションを何度も見たことがある。その場にいた者は皆、吟遊セッションだなどとは考えていなかったと思う。一方で、NPCがPCの戦闘を助けたり、事件解決にPC以外のキャラクターが特に貢献しなかったセッションについて「吟遊かよ」などと揶揄がされるのを見たこともある。


 RPGのプレイング用語としての「吟遊詩人」とは何か。揚げ足のような反証はここまでにして、自分なりにその意味を述べると次のようになるだろうか。
「ある参加者の物語りに、他の参加者の意志が介在することが困難または不可能である様相」
なお、プレイヤーにも発生しうる状態だという認識を持っているため、敢えてマスタリングに限定しないような言い方をしているので悪しからず。単純なケースについて語るのならば、ある参加者=マスター、他の参加者=プレイヤー、と置換すればいいだろう。

 RPGとはコミュニケーションとストーリーテリング(物語り)という二要素が、最も本質的な層を構成しているゲーム……言わば共語りのゲームであるが、吟遊詩人というのはこの部分を破壊する行為なわけだ。吟遊詩人とNPC活躍の関係については、前者のプレイング……というか(ここでは限定していいのだが)マスタリングが、後者という現象を誘発しやすいのだということは言える。そして両者は等号で結ばれるべき概念ではなく、概念として異なる段階・異なる種別にあるのだ、とも言えるだろう。


 さて繰り返すが、NPCが戦闘に参加したり、事件解決の一端を担ったりすることは別段吟遊詩人とイコールで結ばれる現象ではない。PLが、というか卓の空気が、ここはこのNPCが活躍するべきだと思ったのならば、その活躍は明確に共語りの結果なのだ。君自身を、また我々をも見損なわないで欲しい。我々は「君の物語に介入できなかったので放り投げた」のではなく、「アクト全体を見て、自分のキャラクターは脇役として物語られるべき、と意思決定をした」のであり、そして「判断を投げた」のではない。「判断しない立場にいるべきだ」と判断したのだ。



2.当事者性の話に対して

 さて、同文脈の話題であるが、続けて誤解を解いておきたい。君は我々が何度か「当事者はPC1とエクシードであって我々ではない」と述べたことについて、気に病んでいるようだ。吟遊だと煩悶していることの直接原因の一つはこのことではないかと推察している。さて、ここにもまた誤解がある。

 これは強調しておくが、あの言葉は非難では決してない。繰り返して否定し、述べておく。非難ではない。我々と君自身を見損なわないで欲しい。あれはむしろ、君が言うところの「エルダーとして何かしらの助言」に当たるのであって、基本的には「物語を俯瞰する視点から見た冷静な指摘」と見てもらえればよい(これに限らず、アクト進行における助言的な発言は、色々されていたと思う)。私はあの時点で、エクシードが「解決の一端を担う」どころか「解決の主体となるべき」と考えていたし、その旨は明確に述べたと思う。


 また十色氏も言ったと思うが、我々はあのアクトにおいて、あの時点から、演出家として自キャラを定義した。当事者でない即、参加者(共語りへの参加者。いるだけでいる意味がない状態のプレイヤーではない、という意味)でないわけではないのだ。物語上、特殊な意味を持つキャラクターというのは遥か昔からあった概念であり、今も通常のプレイングとしてそのような位置づけは存在する(まあ要するにPC番号はこれを明文化したもの)。当事者でないキャラクターを生んだ=吟遊詩人と称されたら、こちらも気が重くなるというものだ。

 まあ、この点について言えば、君は「そのようなプレイング」でない風にマスタリングをしたい、と考えていて、そこから「逆の結果になってしまった=失敗して(逆の在り方であると認識したところの)吟遊をしたからだ」という思考になってしまったようだから、上のような言い方ではあまり効果がなく、的が外れていると思うかもしれない。目標を遂げられなかったことを指して失敗と言うのは正しいから。そして失敗という単語に感性が引きずられてしまうのは無理からぬことだ。



3.「失敗」の話に対して

 この負の思考に正面からぶつけるべき言葉は目下私にはないが、とりあえず三つのことは言っておこうと思う。一つはシナリオから来る環境困難、一つは状況から来る環境困難、一つは目標とする理想と姿勢設定の齟齬である。


 まず一つ。ぶっちゃけた話、あのシナリオ自体出来はあまりよくはない。また箱庭プレイに向いた記述はされていない。SSSという形式に詰め込もうとし、また近年のFEARらしく事故を避けるように物語要素を配置しているので、やむをえないことではあるのだが。さて、そこから何が言いたいのかというと、君が目指していたプレイスタイル(ああ、これは一般的に箱庭型という単語で表されているスタイルだと思うが)は、あのシナリオでは元々やりにくかったのだ、ということだ。君が自分のハンドリングを負の方向に考えることはない。普通にやれば失敗ということになる可能性は高かった。


 もう一つ。先のことと似たような言い方になるが、あの時点でのプレイ環境自体がよくなかった。皆疲労していたし、RLも寝起き(というか一次休息後)だった。PLが安易で分かりやすい方向性に流れるのは無理からぬことだった(例えば、まかり間違ってPC間対立コンゲームが成立していたとしたら、皆げんなりしていたことだろう。というか成立させるプレイング自体に疲労が伴うし)。まして、PL1達はああいうプレイをメインにやってきた面子であり、また合宿でちょっと前にCSTをやってきたばかりなのだ。PLの、あの流れへのプッシュに飛びつき、また迎合する慣性の強さは如何ともし難かったと思う。


 最後に一つ。これは今回言及を避けようと思っていた反省点云々の領域に踏み出してしまうのであれだが、君がその目標を言語化したところの
「各々のゲストをロールプレイしつつ基本的には投げられたメッセージに機械的に対応するBOT」
という一文について。この目標にはあまりよろしくない点がある。RPGの参加者は常に投げられたメッセージに対して、己の現在操っているトークンがどのように対応するか考えなくてはいけないものだ。機械的に対応してよいのは、精緻な機械を用意できている時だけ——つまり、投げ掛けられるメッセージ、起こりうる状況を網羅している時だけである(ついでに言えば、N◎VA公式シナリオ風の、情報項目式記述の難・運用の齟齬は、この点から発する。あの方式を最大限生かした運用は、いつぞややったアドベンチャーゲーム的な、フラグとして現在アクセス可能な情報項目を常に明示するマスタリングになると思う)。

 さて(特に)GMにはPLのメッセージに対応する義務があり、かつ彼らのメッセージは己の何倍かの脳と口から出力されるわけであるから、当然予想外のメッセージにも対応する必要を想定するのが自然というものだろう。つまり、原理的には「機械的に対応するBOT」たることは不可能なのである。にもかかわらず機械になろうとすると何が起こるか。そこに起こるものは、自分の想定していないメッセージや状況に対する麻痺、あるいは無視——つまりは吟遊詩人にほかならない(念のために書いておくと、これは概ね原理的な話である。発せられうるメッセージや起こりうる状況を意識的に収束・限定させ、機械的な対応を可能にしようという試みは常に行われてきた)。

 この言葉にはいささか極論・原理的語りが入ってはいるが……ともあれ。心してもらいたい。今回のアクトで、私が「吟遊っぽさ」を感じた点があるとすれば、それはエクシードの活躍などではまったくなく、中盤で十色氏と、あと私のキャラがエクシードに会いに行ったシーンにあった。PC達とエクシードのやり取りにおいて、コミュニケーションが成立せず混乱したのを覚えているだろうか。あのシーンである。君は折々に、まさに「機械的に」対応した。私は、ホーントの問いかけをRLに翻訳すべく頑張ったことを覚えている。

 精緻な機械を準備するのはいいが、機械的に対応しようとしてはならない。PLのメッセージが自分の想定外のものであったら、それがどういう意味なのかを尋ねるべきだ。RLとして自分の物語を用意しないという立場はいいのだが(まあ、結果がどうなったかはさておき)、既製シナリオには既製の物語があり、それに対するPLの物語りを(無意識的にであれ)無視してしまっては、結局のところ意味がないというものだ。


 こんなところで〆。とりあえず、彼の煩悶の内容は私の認識としては妥当でないので、それに対するメッセージを書いてみた。反省会モードではなく基本的にはフォローが趣旨なので、「失敗について」の三番目の文は反省点の指摘というよりも、「そこは別に反省すべき点では特にない」という観点からのフォロー?という感じかもしれない。

 あと一応注意しておきたいのだが、上で「意思決定した」とか「判断した」とか何度も書いているが、そこにその意思決定や判断への評価は全く含まれていないので。無条件に肯定しているわけではないです。私のプレイングにも反省点は多数ある。まあ、あれだ。最終的には何が言いたいのかというと、楽しかったので無意味な(と私は思っている)ところで悶苦するなと。こちらも気が重くなる。

[RPG] 先週と今週の週記1:合宿N◎VA『託された言葉』 

 ふう。そろそろ更新するか。あ、S師、レスはもう少々お待ち下さい。


ゲーム合宿

 前の更新の翌日より、先週の月曜早朝までゲームサークルの合宿。色々計画はしていたのですが、結局RPGはN◎VAしかやらず。うーむ残念。合宿後はすぐに業務で本郷に行かんといけなかったし………

 さてテケトーにプレイレポ?でも。まずN◎VA一本目。
全文を表示

電子マネーと「キャッシュ」の並立:後編 

 前編より →

 さて、そろそろ「現実における『キャッシュ』としての現金の使用例」を見てみましょうか。一応これで「現実という背景」に情報が増えますし。
全文を表示

電子マネーと「キャッシュ」の並立:前編 

 ブラウザのキャッシュを空にしていたら、N◎VAの「キャッシュ」、ひいてはN◎VAじゃない「キャッシュ」についてつらつらと書きたくなった昨今です。

 ……妙に時間をかけてしまった。
全文を表示

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。