/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トールキン財団、知的財産権に関する最近の活動 

 D&D者は「D&Dでいわゆる小人が『ハーフリング』という名前なのは、権利上の問題から『ホビット』という言葉が使えなかった(使えなくなった)ため」という逸話を聞いたことがあるかと思いますが、トールキンの遺産管財団であるトールキン・エステート(以下トールキン財団)の実際の活動事例について、「ハーフリング」の件にも通じる最近の話として面白い記事を見かけたので紹介してみます。三カ月ほど前のブルームバーグの記事、短い二次報なので該当部分を引用します。


→ Apple, Inditex, Tolkien Estate: Intellectual Property - Bloomberg

Tolkien Estate Tells Academic to Stop Using 'Hobbit' Description
The estate of the late author JRR Tolkien has told a New Zealand academic he can't use the word "hobbit" to describe ancient miniature humanoids, 3News New Zealand reported.
Brent Alloway, a volcanologist from Victoria University, was told he couldn't title his lecture about the ancient humans of Indonesia's Flores Island "The Other Hobbit," according to 3News.
He told 3News his fellow scientists had used the term since the Homo florensiensis species was discovered in 2003, at about the same time that Peter Jackson's "Lord of the Rings" film was released.
By coincidence, the average height of the Homo florensiensis is 3 feet, 6 inches high, the same height as Tolkien's Hobbit people, 3News New Zealand reported.

●トールキン財団、大学教員に「ホビット」という説明書きを中止するよう告げる
 著作家である故JRR・トールキンの管財団が、ニュージーランドの大学教員に、古人類の小型模型を説明するのに「ホビット」という単語を使用してはならぬ旨告げたと、ニュージーランドの3Newsが報じた。
 3Newsによれば、ヴィクトリア大学の火山学者ブレント・オロウェイは、自身の講義中にインドネシアのフローレス島の古人類を「もう一種のホビット」と称してはならぬようにと、財団から告げられた。
 彼は3Newsに、ホモ・フローレンシエンシス種が2003年、ピーター・ジャクソンの映画『ロード・オブ・ザ・リング』が航海されたのと同じ頃に発見されて以来、研究者仲間でこの表現を使ってきたと述べた。
 偶然の一致であるがホモ・フローレンシエンシスの平均身長は3フィート6インチ(1.07メートル)、トールキンのホビットらの身長と同じであるとニュージーランドの3Newsは報じている。


 映画ファンなら、権利料についてニューラインシネマとかを訴える記事とかを目にしたことがあるのかもしれません。ともあれ、非営利の学術・公益目的でも禁じるとした態度が報じられています。「ホビット」等のトールキンが創作した単語についての使用を統制するトールキン財団ですが、財団のトップは束教授の子息クリストファー氏。権利料とかの話題で名前を見てしまって残念感を抱いたりする方もいるかもしれませんね。まあ、それはそれ、これはこれ、ではありますが……
 
全文を表示
スポンサーサイト

続・Fate/Zero11話に寄せて 

 あのFate/Zeroの「王の軍勢」は、アイデアの時点で既に勝利していますね。掛け値なしの英雄、死に方まで英雄伝説らしかった世界征服者の一人アレクサンドロス。その帝国は千々に分かれながらも、全体として新たな世界を創り出した英雄。彼の死後、帝国を千々に分けてしまったその諸王国の王たち戦士たちが、死して英雄の下に参じ、再び一つになる。これが燃えないことがありましょうか。

 というわけで昨晩の記事の続編的なものを書きました。
全文を表示

Fate/Zero11話に寄せて:王の軍勢と「王」の話 

 先週、噂のFate/Zero(11話?)をはじめてまともに目撃したのですが、王の問答を見ながら「これが(twitterのTLで)噂のアレクサンドロスさん……なるほど騒がれる筈ですね」とか王の軍勢を見て「なんというアッララララーイ!」とか、まあつまり、なかなか感銘を受けました。これはすごいですね。

 原作既読者からは色々不満もあったようですし、わたしにとって色々気になったこともそれと重なってたりはしますが(冒頭からキャラの顔の輪郭が妙だったり……w)、それでもあれからは、本作の原作どころかFateシリーズの原作一般にまったく触れたことのない*わたしにも、色々と伝わってくるものがありました。

(*〈サブカルチャー博物学知識〉技能で分かりそうなことは把握してる程度)

 というわけで、あれを観ながらつらつら思ったことを、twitterに書いたりもしましたが別途ブログの方にもまとめておきます。まず「王の軍勢」の話をして、それから「王」というもののモデルの話をします。

(続編を書きました → 続・Fate/Zero11話に寄せて
全文を表示

『タイタニア』アニメ化雑惑 

 そういえばこないだ『タイタニア』のアニメ化を知ったのですが、ブラウザにタブを残しっぱなしにしていました。閉じる前に第一印象でもまとめておこう。
全文を表示

『ゲド』が映画化だッてー!? Σ Ω Ω Ω 

 ジブリの新作は「ゲド戦記」 宮崎駿さんの長男が監督
  ─ asahi.comより

 「となりのトトロ」や「ハウルの動く城」などを製作してきたスタジオジブリが、宮崎駿監督(64)の長男吾朗さん(38)を監督に起用し、米ファンタジーの名作「ゲド戦記」を長編アニメ化する。13日、東宝が発表した。すでに製作に入っており、公開は来年7月の予定。

 ふむ。『指輪』のヒットに倣おうてか。ジャパニメーションで製作されるというのは素直に楽しみですね。最近ナルニアも映画化されたと思うけど(ヒットしたんでしょうか?)、ゲドやナルニアは映画よりアニメの方が合うと思います。

 吾朗さんは「三鷹の森ジブリ美術館」(東京都三鷹市)の館長を01年10月の開館時から今年6月まで務めていたが、アニメ製作に携わるのは初めて。

 ……ヽ(´Д`;)ノ

 「アニメ製作に携わるのは初めて」って、だ、大丈夫なのか?

 「ゲド戦記」は米国の女性作家アーシュラ・K・ル=グウィンが、大魔法使いゲドを主人公に68年から始めたシリーズ。岩波書店から全6巻が翻訳出版されている。映画は第3巻を基に、災いに覆われた世界を救おうとするゲドと、彼と共に旅する王子の成長を描く。

 しかも3巻!うむむ…若き魔法使いハイタカは見れないのか。残念。しかもゲド副主人公じゃん!この頃になると世界のバランス、バランス、ですし、ガンダルフよりもイメージ薄くなりそうだな…

 2巻にしとけばいいのになぁ。テナーとの間にラヴ要素も紛れ込ませられますし。ジブリはそーいうのはやらないんでしょうが(監督ロリコンで、感情移入しまくってましたからね)、アメリカで映画化していたなら2巻でしたでしょうね。成長物語要素も女性の自立要素もテナーの演出で回収可能!ハリウッダーにピッタリ!

 ………あれ、ずっとダンジョンの中ってのは好かれないかなやっぱり?でも1巻の前半の頃のゲドは、主人公としては、あっちでは好かれないでしょう。日本では受け入れられると思いますけれど。それにしてもなんで3巻なんだろうな。これまでのジブリがジュブナイル一本調だっただけに、イメージ掴みづらいですね。


 ところで。全6巻って何?私の知らぬ間に2冊目の新刊が出たんですか?
 【追記】外伝含めての話か。だったらできたら「全~巻」という完結的表記にしないでいただきたい。

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。