スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文字と官僚と魔術的職掌 

 『蒼き月の囁き』様の「グローランサの識字率再び」のコメント欄に勝手に蛇足な補足(なゆた氏の記事に直接関係ないので自分のところでひっそりと)。引用については、段落系など勝手にいじらせていただいてます。

Vampire.S にいさま 2008/09/25 21:29
ちなみに、
 ・文字はあるんだけど、魔術としてしか認識できない
 ・官僚機構は既に発達している
という状況の現実例としては、中国の周王朝(春秋時代より前)ですね。

Epikt 2008/09/25 21:37
>中国の周王朝(春秋時代より前)
殷と周の初期だと文字はほとんど記号扱いで文章ではないのでは。その場合、官僚機構と文字の関係はあまり無いように思えます。

Vampire.S にいさま 2008/09/25 23:03
>殷と周の初期だと文字はほとんど記号扱いで文章ではないのでは。
うーんと、既に文章にはなっています。「何年何月何日に以下のような経緯で以下のことが起こった。以上を記録する」とちゃんと書いてあるので。
ただ、"官僚"、即ち文書行政を行う人物がちゃんと成立したのは仰るとおり、春秋時代以降ですね。ただ、当時もいわゆる役人みたいな職はあったので(魔術技官みたいな感じだけど)、前述の表現をしました。そういう意味で、一番適当な場面は各金文と侯馬盟書の間の期間なのかな。

 ぶっちゃけると、以下の文字起源説は基本的に白川静説の受け売りですが、白川氏の本をまっとうに読んだことはないので不正確なところや白川氏の論と違ってるところがあったら私のせいです。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。