/*http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/n/i/r/nirvanaheim/css/91108.css*/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカゲームとドイツゲーム 

 ここのところ、ずっとサークルの合宿に行ってました。朝から晩までゲーム三昧!楽しかったです。RPGは2PLに1GM…期間の割に大した量じゃないですね。残念。

 このタイトルは、ボードゲームをひたすらにやっていて思ったことなのですが、アメリカのボードゲーム(カードゲーム)をやっていると、ドイツのボードゲームって緻密だなー、とつくづく思うのですよ。アメリカゲームといっても今回やったのは二つだけですが。まずSteve Jackson Gamesの「Munchkin」。次はAtlas Gamesの「Cthulhu500」です。いずれもオリジンズアワードをとった作品で、言わば「アメリカを代表する、アメリカ最高峰のカードゲーム」…なはず^^。

942cfede.jpg 「Munchkin」はその名の通りマンチキンをプレイするゲームです。ルールブックに曰く、
「マンチキンってのぁな、ダンジョンもぐりってヤツの精髄を味合わせてくれる、風流さのカケラもないパロディゲームのことさ・・・あの七面倒クサい「ろ~るぷれい」抜きのな!」

だそうな。カードに「GMが経験点の計算を間違えて1LVアップ!」とか書いてあるあたりどうしようもないゲームです。特に注目すべきは「cheat」というカード。このカードを使用すると、他のカードを「ルールに違反した使い方ができる」そうです。もちろん具体的なルール的規定はありません。何と言いますか、オイこら、アメリカ人!て感じ。

クトゥルフ500 「Cthulhu500」は、コズミック超次元サーキット場で、名状しがたい車と名状しがたいパーツやクルーを駆使してレースを行なうゲームです。何と言いますか…とりあえずクトゥルフ分を混ぜときゃいいとでも思っているのちゃうかと。「Gentlemen」がちゃんと「Gentle-beings」と言い換えられてる辺りはまあクトゥルフだなぁという感じですが。
 自分は何もしていなくても不思議と順位の変動が激しいゲームですが、このゲームでツッコみたい点としては、対抗カードの扱いが「出したもん勝ち」「早く机に叩きつけた方が優先」とかなっているところでしょうか…あと自爆した方が有利な一部車とか、手押し車がレースに参加するなだとか…

 つくづくアメリカ人は豪快だと思います。

 サンファンやサンクトペテルブルクなどの、一カード一金単位の読みを必要とされる良ドイツゲームを見るにつけ、つくづくそう思います。
スポンサーサイト

プロフィール

laevaと名乗っていましたが、呼ばれる際に恥ずかしいという問題が発覚して以来、にるば(nirva)と名乗ってます。RPG、ボードゲームなどが趣味。
 
 コメントへの返信が大体遅れておりまして失礼しておりますが、おそらく質問等は、twitterの方でしていただいた方が短時間で認知できる確実性が高いかと思います(右カラム参照)。

コメント

トラックバック

RSS

最新記事

リンク

SkypeWeb

スクラップ

Tweets@nirvanaheim

検索フォーム

月別アーカイブ

 

記事カテゴリ

記事タグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。